ミノウラ アクセサリーホルダー SGL-300M

ブルベにエントリーをすると、たくさんの用品が必要になってきます。グッズやアイテム好きの方ならなおさらでしょう。そうなるとハンドルバーの上はたくさんのデバイスですぐにいっぱいになってしまいます。

ハンドルバーにたくさんのものを取り付けると重くなりハンドリングも悪くなりますが、必要な物がないと長距離ロングライド、そしていろいろな情報が必要なブルベには必須になります。

たとえばサイコン、GPS、ライト、キューシート、コマ図・・・ちょっと上げただけでも、すぐにハンドルバーは取り付け場所が無くなりそうです。

さて、そんな時に活躍をしてくれるのが「アクセサリーホルダー」です。色々なメーカーがたくさんの種類のホルダーを発売しています。その中でも廉価でスタンダードなMINOURA(ミノウラ) アクセサリーホルダー SGL-300Mを見て行きましょう。ひとつ持っていると何かと役に立ちます。

今回取り上げたホルダーは取り付けパイプ長が130mmのホルダーです。色は白。

取り付けパイプ長が130mm

パイプ長は130mmです。直径は22mmです。

取り付けパイプ長が130mm

パイプはスライドをすることができます。ネジを緩めスライドをすると20mmほど可動をします。

取り付けるアイテムにより動かすことができます。

クランプネジ

アームの裏側にボルトがあり、このボルトをゆるめて取り付けバーを移動させます。

フリーなので任意の位置に固定ができます。

ダストキャップ

アクセサリーバーの両端にはプラスティック製のダストキャップがはめ込まれています。きついですが手で外すことができます。

もちろんバーの中は中空になっています。何かはいるでしょうか。

クランプ部

ハンドルバーなどにクランプする側です。クランプホルダーもボルトにて取り外しができます。

そして90度回転して固定することが可能です。

アーム内にアーレンキーを入れて回すのですが、取り外すのはけっこう大変です。

アクセサリーバー側は少し緩めれば稼働しますが、クランプ側は完全に取り外さないと90度回転させることができません。

クランプ部

クランプホルダーをアームより取り外しました。ネジの全長は12mmほどあり、しっかりと取り付けができます。

またクランプホルダーには3つのネジ穴があり、任意の位置に取り付けが可能です。

ホルダー取り付け

ハンドルバーなどに取り付けする場合はクランプをこの方向にします。

ホルダー取り付け

シートポストやコラムなどに取り付けする場合はクランプをこの方向にします。

装着

装着可能パイプ径の最小28mmの場合。

クランプが多少楕円になっていますので、相手には線当たりになりそうです。

装着

こちらは装着可能パイプ径の最大35mmの場合。

かなり円形になっています。ハンドルバーやシートポスト、コラムに取り付ける場合はこちらになりますね。

装着可能幅が28mm~35mmと非常にレンジがひろいので、ほぼすべてのバイクに対応できるでしょう。

有効長

クランプセンターからアクセサリーバーセンターまで約90mmの長さがあります。

ライトを2本取り付けた例

ハンドルバーの上に取り付ければサイコンやGPS、キューシートの取り付け土台などに活用できるでしょう。

また私の例ですが、フロントバッグ使用時にフロントライトを取り付けてみました。

ライト取り付け例

右サイドのハンドルバー下に向けアクセサリーバーを取り付けました。

ちなみにクランプ部は最大幅で28mmありますので、そのエリアはハンドルバー上に必要になります。

ライト取り付け例

前から見るとこのような感じでオルトリーブのフロントバッグしたより、しっかりとフロントライトが前を照らしてくれます。

ちなみにこの位置に取り付けをするとスイッチも手元にあるので、非常に使いやすいです。

重量

実質重量102gでした。カタログデーターが105gですからほぼ間違いなしです。

品名 ミノウラ アクセサリーホルダー 28-35mm 幅130mm ホワイト
メーカー型番 SGL-300M
装着可能数 アイテム数3個
素材 アルミ製
重量 105g
装着法 クイック式クランプ
バーサイズ 径22mm 幅130mm
購入 ミノウラ アクセサリーホルダー φ28-35mm バー幅130mm(アマゾン)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク