SR600Fuji:出走可否のチェックとエントリーの流れ

このページでは管理者が実際にSR600Fujiに無所属としてエントリーを申し込み、出走をした流れを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

まずはじめにやることは、SR600Fujiにエントリー登録をする前に、自身が参加資格を含め、エントリーが可能かをチェックをすることからはじめます。特に保険の項目はとても大切ですので再確認をしましょう。

参加資格や参加費など

SR600 ACP認定Permanent Super Randonnées
出走可能期間 毎年4月下旬~11月中旬(冬期通行止めがあるため年によって変動します)
参加資格
  • 賠償責任保険に加入していること
  • 自己責任で判断・行動できること
  • 20歳以上であること
参加費
  • ランドヌール部門、ツーリスト部門、両方同額
  • AJ会員:800円(会員登録番号がないものは不可)
  • 一般:1,800円
  • メダル代:1,300円(完走メダルの購入希望の場合、参加費と一緒に入金)
申込み期間
  • 毎年3月16日~10月15日
  • 出走予定日の4週間前までに申し込みと入金を完了すること

ここで重要な事は「20歳以上」「保険の用意」ということになります。年齢に関しては自己確認ができると思いますので保険について再確認をしてみましょう。

保険

2014年からBRM、フレッシュ、SR600の参加に第三者賠償責任保険への加入は必須です。出走には賠償保険加入が義務付けられます。

一般の方がBRMに参加する場合にはスポット保険に加入することで出走できますが、SR600の場合には主催者が保険を用意することはありません。出走者は自分の責任でブルベカード有効期間を満たす賠償保険に加入しなければなりません。


SR600出走にあたり保険加入は必須条件です。

ブルベカードの有効期間は最長で3年間ですが、日本で行われるSR600はAJ規定により、保険加入期間=ブルベカード有効期間となります。ブルベカード有効期間外の走行はSR600とはならず、認定の申請はできません。

賠償責任保険の内容

SR600の出走に加入が必要な賠償責任保険については下記の通りです。

保険の種類
  • 種類の限定なし(自転車保険、国内旅行傷害保険、国内旅行総合保険など)
  • 個人契約、団体契約の別を問いません(補償されるのなら法人契約も可)。
  • 主契約、特約の別を問いません。
補償内容
  • サイクリング中の事故により負った損害賠償責任を補償すること(必須)
  • サイクリング中の事故が補償されるかどうかは、保険会社または保険代理店に事前に確認してください。
  • 他の補償内容(死亡・後遺障害や入院・通院費用など)はSR600の出走には不要です。
保険金額(限度額)
  • 賠償責任保険金額1億円以上(必須)
保険期間
  • スタートからゴールまでが保険期間中であること(必須)

自転車保険の一覧

賠償責任保険金額1億円以上の自転車任意保険をいくつかアップをしてみました。

保険会社/プラン名 タイプ 個人賠償責任 死亡後遺障害 年額
au損保

新自転車ワイドイチおし

本人 1億円 400万円 4,500円
au損保

新自転車ワイドイチおし

夫婦 1億円 400万円 6,850円
au損保

新自転車ワイドイチおし

家族 1億円 400万円 11,680円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

本人 1億円 400万円 10,080円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

夫婦 1億円 400万円 14,220円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

家族 1億円 400万円 21,480円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

本人 1億円 400万円 4,760円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

夫婦 1億円 400万円 7,000円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

家族 1億円 400万円 11,720円

実は自転車保険は年額にすると結構いい値段します。特に家族で入る場合はちょっとした保険額になり月額換算だと1.000-1,500円程度になりそうです。また自分一人あれば、年額約5,000円程度からとなります。

ちなみに私は自家用自動車保険の特約で自転車をカバーしていることを確認して、その特約を利用することで登録が出来ました。

もしあなたが自動車に乗っていて任意保険加入をしている場合保険証を確認してみましょう。特約で自転車が含まれている場合があるかもしれません。

保険の証明書のデーター化

エントリー申し込みの際、賠償責任保険に加入済みである証明(保険証券や保険加入者証)を電子データ化(PDF・Jpegなど)してメールに添付して提出します。

まずは加入をしている保険証などを用意してスキャナー、デジカメ、スマホなどで画像をとります。指定のフォーマット(PDF・Jpegなど)に保存をしておきましょう。

保険証書

私の場合は車の任意保険に日常生活賠償特約がふくまれていて、これがサイクリング中の事故により負った損害賠償責任を補償してくれます。契約では保険金額も無制限となっていました。

この証書をスキャナーでスキャンしてjpgeファイルとしました。念のため、この特約に関する説明もファイルにしておきいっしょに送りました。

参加申込書の記入

以下のページにアクセスをして「参加申込書」のエクセルファイルをダウンロードします。

エントリー方法

上記のページにアクセスをしてエントリー申込書エクセルファイルをダウンロードします。


エントリー表

ダウンロードした申込書に必要事項を記述します。

参加申込書の記入内容と注意点

氏名(漢字) 姓と名との間に1文字空白記入のこと
氏名(フリガナ) 全角カタカナで姓と名との間に1文字空白記入のこ
NOM(姓) 半角アルファベット大文字で記入のこと
RENOM(名) 半角アルファベット、頭文字のみ大文字で後は小文字で記入のこと。
性別 男性は「M」、女性は「F」をリストから選択のこと。
生年月日 半角数字で、年(西暦)/月/日の順で記入のこと。
郵便番号 半角数字で記入のこと
都道府県 主催者がブルベカードを郵送する先の住所の都道府県名を記入のこと
住所 主催者がブルベカードを郵送する先の住所を記入のこと
AJ会員番号 半角数字、「4桁-13」で記入のこと。「1-13」や「13-4989」は不可。AJ非会員は「一般」と記入のこと。
参加カテゴリー ランドヌール部門かツーリスト部門かをリストから選択のこと
保険加入期間
  • 2013年AJ会員の場合は「2013/1/1~2014/1/1」と記入
  • AJ非会員(一般)は出走の条件を満たす賠償責任保険の保険期間を記入
スタート予定日時
  • スタート予定の日時(日付と時刻)を記入
  • 時刻は午前または午後を記入
  • 私はツーリスト部門でしたが、予定日は記入をしました。
メダルの購入 完走したら完走メダルを購入するかどうかをリストから選択のこと
参加費振込みの名義人(漢字) 姓と名との間に1文字空白記入のこと
参加費振込みの名義人(カタカナ) 姓と名との間に1文字空白記入のこと

申込書をメールで送付

参加資格の確認、申込書の記入、保険書類のデーター化(AJ会員以外)がそろったらメールにて送付をします。

送付先メールアドレスは以下のページより取得

「申込書のエクセルファイル」「保険書類」(必要な方)をメールに添付して上記のページよりメールアドレスを確認して送りましょう。

ツーリスト部門のスタート地点変更

ツーリスト部門に限りスタート・ゴール地点をコース上の任意の地点に変更が可能です。

変更する場合、どこからスタートするかを(参加申込書ではなくて)メール本文に記入します。

記入のない場合、スタート地点の変更は認められません。変更しない場合は申告不要です。

参加費の振り込み

メールにてエントリーをしたら、参加費の振り込みをします。

振込口座情報は「エントリー方法」(別ウィンドウ)のページより確認しましょう。

  • ランドヌール部門、ツーリスト部門、両方同額
  • AJ会員:800円(会員登録番号がないものは不可)
  • 一般:1,800円
  • メダル代:1,300円(完走メダルの購入希望の場合、参加費と一緒に入金)

ブルベカードの到着

私の場合、登録申請を行ってから約2週間ほどでブルベカード、フレームバッジが届きました。

ブルベカード

封筒にはブルベカード、フレームバッジ、乾燥後の送付住所(シール)がはいっていました。

以上でSR600Fujiの出走登録が完了をしました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク