海外ブルベ挑戦:エントリーの実際

海外ブルベと行ってもエントリー自体は大変ではありません。間違いなくエントリーフォームは英語となっていますが、難しいことはありません。流れに沿って行けば問題無いです。

エントリーフォームに使われている英語もむずかしい記述はひとつもありません。「Name」「Address」なら何を記述するかわかりますよね。ただ、記述はすべてアルファベットの記述になります。日本語は使いません。

いくつかのエントリーフォームを見てみましょう。

ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

エントリー

2013年正月気分もまだ抜けない1月5日にエントリー受付オープンしました。

時差もあると思いますが、私が朝9時にアクセスした時点では、まだエントリーを受け付けていました。

スタート時間を選択して「Enter」をクリック。


ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

  • ライダー情報を入力していきます。

ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

  • 入力を進めていきます。
  • ページの一番下に支払いのリンクがあります。

ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

  • ペイパルによる支払いです。
  • エントリーフィーは219英ポンドです。

ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

  • ペイパルによる支払い完了

ロンドンエジンバラロンドン(LEL)のエントリー

支払いが完了をするとライダーページにアクセスができます。

ライダーページでは、ドロップバッグの送付先やジャージの購入、キャンプや色々なオプションを選択したり支払いを行ったりできました。

シドニー・メルボルン(SM1200)エントリー

続いて2013年に行われたシドニー・メルボルン1200kmのエントリーを見ていきます。

シドニー・メルボルン(SM1200)エントリー

  • エントリーフォームに必要事項を入力していきます。

シドニー・メルボルン(SM1200)エントリー

  • 登録が完了をすると、続いてエントリーフィーの支払いになります。

シドニー・メルボルン(SM1200)エントリー

  • クレジットカードによる支払いです。
  • エントリーフィーは575豪ドルです。

シドニー・メルボルン(SM1200)エントリー

支払いが完了をしました。「invoice」をクリックすると支払いの領収書アクセスができます。

両方のエントリーを見ていきました。

ロンドンエジンバラロンドンは、あっという間にソールドアウトしたとのことで、後にエントリー増員が行われたとのことです。

シドニー・メルボルンはイベント直前までエントリーが可能だったようです。

そのイベントにより、すぐにソールドアウトするものもありますので、エントリーを予定している場合は、できるだけ早くエントリーを済ませるとよいでしょう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラドなどRM1200kmを7本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする