王道補給食は軽い・安い・カロリーの3拍子が必要だ!【おススメ携帯補給食】

ブルべ走るに、補給食は本当に大切。距離がとんでもない距離を走るので、食べるものは必ずいくつかは持っていたい。

そして、それは海外となると、非常に大切になる。

なんといっても、日本のように30㎞走ればコンビニが出てくるなんてことは絶対にない。

こんなにひんぱんにコンビニが出てくるなんて日本だけだ。

PBPパリブレストパリでも、それは同様と思う。たぶん郊外へ出たら、何もないだろう。

というわけで、ある程度の補給食を用意していく。今回持っていく補給食は以下。

基本は1食50円以下で100kcal程度あること。

どら焼き

どら焼き

オレ好きなんですよ。どら焼き。

で、このどら焼きは一口サイズ。直径が4㎝程度とのことだ。カロリーは約70kcal位とのこと。

一口で、これだけカロリー取れれば、かなり助かる。

どら焼きはなんといっても、ポケットに入れておいても、溶けたりしないことがいい。

適当なしっとり感もあり、非常に食べやすいこともうれしい。

ブラックサンダー

ブラックサンダー

定番ブラックサンダー。

オレの補給食と言ったらコレ。ブルべ走るときに絶対に3つもっている。3つで約300kcalあるので、1時間25㎞を走ることができるだろう。

コイツも片手で食べることができるので、非常に重宝する。

ただ、気温が高いとチョコが溶けてしまうことが唯一の欠点。バックポケットに入れることもできない。そこがネック。

ようかん

ようかん

オレは小倉、粒があるほうが好き。

でも走っているときは煉り系のほうが食べやすい。

スポーツ羊羹なるものも売っているが、オレはいつもコレ。

なんといっても安い。1箱10個入りで500円ちょい。

1つ40gと軽い。カロリーは約100kcalだ。

開け方に少々コツがいる。スポーツ羊羹よりは食べずらいが、慣れれば片手でいける。

とにかく羊羹、アンコ系は暑くても溶けないので、とても重宝する。

今回、どら焼き、ブラックサンダー、羊羹を各10個ずつ程度持っていく。

走っているときは、半分持って、半分はドロップバックということにする予定。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク