シマノアルテグラ6800系(11速)に移行する理由【 カセットのロー側に32Tは神!】

実は先日、メインバイクのコンポーネントを換装した。

シマノアルテグラ6700系から6800系に入れ替えた。

その一番の理由が・・・カセットのロー側に32Tがあるということ。

これはうれしい!

シマノ CS-6800 11S 11-32Tの概要

SHIMANO(シマノ) CS-6800 11S 11-32T

  • HG 11スピード
  • 11・12・13・14・16・18・20・22・25・28・32T

もうね、マウンテンバイクじゃないんだから、ロー32Tってどうよと思うでしょ?

32Tはマジで心の支え

でもね、タスマニア1200kmとか岡山1200kmとか走ると・・・28Tだときつくなることも多くなる。

前がコンパクトで34の時、カセット32Tあるとまじで心強く無い?

いままで28Tが一番大きかったが、その上に1枚、それも4歯大きいギアがあるのはマジうれしい。

CS6700(10速11-28T)とCS6800(11速11-32T)の歯数

ちなみにCS6700(10速11-28T)とCS6800(11速11-32T)の歯数を見てみよう。

  • CS6700:11-12-13-14-15-17-19-21-24-28T
  • CS6800:11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32T

あいだの歯数はおいといて、1枚増えた分が一番でかいヤツが増えたと思えばいい。

これは、保険として、心の支えとして、マジででかい。

CS6800の重量

ところで、さすがに32Tとかついているとめっちゃ重たいことは覚悟しよう。

スケールでチェックしたところ284gあった。

カタログデーターだが11-23Tだと200gほどだ。

これは少々重い。

RD-6800 GS 対応CS リアディレイラーが必要

RD-6800 GS

32Tカセットを利用する場合、SSタイプのリアディレイラーではダメ。

必ずGSタイプのディレイラーが必要となる。

こいつを使って、今年の残り1200km2本(北海道1200km、GSR1200km)をこなすよー!

峠できつくなるあなた・・・ぜひカセット32Tを考えてみてはいかがでしょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク