50歳超えてからブルべに初トライする方へ【サーキットでの耐久レースはおすすめ!】

中々体が言うことをきかなくなる50歳という年齢ですが、この年からロードバイクに乗り始める方も多いかと思います。

また、この年になるとロードレースやヒルクライムはキビシイと考える方もいるでしょう。

シブといだけが、オレの長所と思っている方は、必然とロングライドの世界に行くのは、まったく不思議ではありません。

そして行く着くところはブルべになってしまったりして・・・

で、今シーズンも中盤になり、いい季節、ロードバイクシーズンも来てしまったわけで、ブルべ走ってみようと考える方も多いかと思います。

オレも今年で52歳。ブルべを本格スタートしたのが3年前の2013年で49歳と、おせじにも有利なことは一つもありませんでした。

もし、あなたがアラフィフとか、体力に自信ないとか、運動したことないとか・・・いろいろネガティブなことばかり背負っている。しかし、ぜひロングライド、ブルべを走ってみたいと思っているのであれば、おすすめしたいことがあります。

鈴鹿耐久

それはクローズドサーキットで行われる耐久レースに出ることです。

夏になると、各地のブルべは少なくなります。夜スタートのヤツなどビギナーさんにはおすすめをしません。

なので、夏は耐久レースに出ることは、経験値を上げること、自身のスピードや耐久力をチェックするにはうってつけです。

各サーキットでたくさんの耐久レースが行われています。

おすすめはソロで3-4時間程度を走るヤツ。基本ブルべは1人です。

ソロで3-4時間なら100km程度は行くでしょう。この距離、時間を一人で休みなしで走り切ることができれば、200kmブルべの完走はかなり高くなるでしょう。

サーキット走行はいいです。

交通のさばきはないし、一方通行だし、ある程度のスピードを体験できるし。

またなんといってもビギナーさんにいいのは、1周走れば、とにかくピットに戻ることができるという安心感です。

この安心感をもてば、数時間をノンストップで走ることにトライができるというものです。

秋になると、またたくさんのブルべが予定されています。

その前に夏のイベントで足試しをしておくと良いかと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク