北海道1200km対策:ヘッドライトは定番キャットアイHL-EL540RCだ!【 車体2本+ドロップバッグ1本】

北海道1200kmにも、やはりこのヘッドライトだ。

前回2014年で開催された時、北見をスタートすると大雨、その後美幌峠でも豪雨に見舞われ、そのまま美幌峠の便所組になったことは記憶に新しい。

そんな悪天候の夜間でも、コイツを2本下げていれば夜道も怖いものなしだ。

HL-EL540RC

4000カンデラを実現するそのLEDは信頼性抜群。

美幌峠の大雨でもまったく問題なしの防水性だ。

そして、このHL-EL540RCを、今回も3本持っていく。

2本はバイクに下げ、1本はドロップバッグに入れておく。

単3ニッケル水素電池4本のパワーはかなりすばらしい。ローで運用すれば2晩持つ。

天候良ければ1本ロー点灯で、全く問題なし。

充電器は持っていくが、基本的にRM1200kmのコントロールで充電はやらない。

余計な動きはしたくないからだ。

なので、HL-EL540RC3本+別にニッケル水素4本をドロップバッグに入れておく。

唯一ネックがあるとすれば、単3ニッケル水素電池4本を装備していることによる、その重量だろう。電池込みで約230gほどある。

しかし、ヘッドライトに関しては、何も考えることはない。これ以外選択肢はない。

単3電池仕様の光量が高いヤツ、同じものを3本持てば解決だ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク