ディスクブレーキロードバイクはシマノ105完成車がよい!廉価厳選3台!

ブルベを走っていて、ディスクブレーキロードバイクを考えている人は、非常にわかりやすいメリットを求めていると思う。

さんざん雨のブルベでブレーキを心配したYasuです。こんにちは。

とにかくブルベはロードバイクで走るには過酷なシチュエーションの場合が多々ある。大体において、雨の中を300km走るとか、ふつう無い。

しかし、ロードバイクイベントの中では唯一例外と言っていいブルベに関しては、このような距離でロードバイクを乗り続ける可能性がある。

このような状況で一番心配になるのがブレーキとなるのは言うまでもない。

雨のロードバイクはブレーキ性能が落ちるのはもちろん、やたらにブレーキシューが減る。とんでもない雨の中、車も来ないような峠道を走るのはブルベライダーくらいだろう。

そんな雨のライドの不安を少なくするのがやはりディスクブレーキだろう。そんなディスクブレーキロードバイク、シマノ105登載という条件でチェックした!




Vitus – Zenium VR Disc (105 – 2017)

Vitus - Zenium VR Disc (105 - 2017)

  • Vitus – Zenium VR Disc (105 – 2017):11,5421円(Wiggle)
  • フレーム:Triple Butted 6061-T6 Alloy
  • バイク重量:8.97kg/19.76lbs (size 54cm)
  • フォーク:High-modulus T700 HM-UD carbon カーボン
  • ホイール:Fulcrum Racing Sport Disc
  • ブレーキレバー/ギアシフター:Shimano 105
  • フロントディレイラー:Shimano 105
  • リアディレイラー:Shimano 105
  • ブレーキタイプ:ケーブルディスクブレーキ
  • ブレーキ:Shimano 105 レバー
  • ブレーキキャリパー:TRP Spyre 機械式ディスク
  • チェーンリングサイズ:コンパクト 50T, 34T
  • カセット:Shimano 105 11-28T
  • タイヤ:Michelin Lithion 2 700 x 25c

ディスクブレーキは機械式のTRP Spyreとなっている。

けど、このTRP Spyreはワイヤー式だけど、パッドは両方が動くタイプ。対抗ピストンなので、ブレーキの効きはそこそこいける。

アルミフレームで8kg台の重量はこの価格を考えてもベストバイかも。

GT – Grade Carbon (105、2017)

GT - Grade Carbon (105、2017)

  • GT – Grade Carbon (105、2017):173,342円(Wiggle)
  • フレーム:GT EnduRoad Carbon Frame and fork, Disc specific Triple Triangle with Tapered Headtube.
  • フォーク:GT full carbon fork with Tapered steerer and 15mm thru axle
  • ホイール:formula hubs laced to Stans no tubes Radler rims
  • ブレーキレバー/ギアシフター:Shimano 105
  • フロントディレイラー:Shimano 105
  • リアディレイラー:Shimano 105
  • ブレーキタイプ:油圧ディスクブレーキ
  • ブレーキ:Shimano RS505
  • ブレーキキャリパー:Shimano RS505 Hydraulic Disc with Shimano Ice-Tech 160mm rotor
  • チェーンセット:Shimano 105
  • チェーンリングサイズ:52T, 36T
  • カセット:Shimano 11-speed, 11-32T
  • タイヤ:Clement Strada Ush 700x32c

GTのカーボンフレーム、シマノ105コンポーネント、さらに油圧ディスクブレーキ装備でこの価格。かなりいい!

フロントフォークにはフェンダーを付けるダボ穴も装備されていて、ますますブルベ、ロングライド向け。

独特のシートチューブ、シートステイ、トップチューブのトライアングルは剛性も高そう!

Cube – Attain SL ディスクロードバイク (2017)

Cube - Attain SL ディスクロードバイク (2017)

  • Cube – Attain SL ディスクロードバイク (2017):112,156-146,729円(Wiggle)
  • フレーム:Aluminium 6061 T6 Superlite, Double Butted, Smooth Welded, 3D Flat Mount Disc Brake Dropouts, Road Comfort Geometry, Fender Option, X12
  • バイク重量:9.45kg
  • フォーク:Cube CSL Race Disc, One Piece 3D-Forged Steerer/Crown, Carbon Blades, 1 1/8" – 1 1/4" Tapered, Flat Mount, 100mm X12
  • ブレーキレバー/ギアシフター:Shimano 105
  • フロントディレイラー:Shimano 105
  • リアディレイラー:Shimano 105
  • ブレーキ:Shimano BR-RS505, Hydr. Disc Brake, Flat Mount 160/160mm rotor
  • チェーンセット:Shimano 105 FC-5800, 50x34T
  • チェーン:Shimano CN-HG600-11
  • カセット:Shimano 105 CS-5800, 11-32T
  • ハンドルバー:Cube Wing Race Bar Compact
  • バーテープ/グリップ:CUBE グリップコントロール
  • ステム:Cube Performance Stem Pro, 31.8mm
  • シートポスト:Cube Performance Post, 27.2mm
  • サドル:Cube RP 1.0
  • タイヤ:Conti Grand Sport Race SL, 25-622

スタイリッシュなCubeのアルミフレームで油圧ディスクブレーキ登載のロードバイク。

とてもバランス良く、また買いやすい価格設定。

コンパクトクランクにカセットは32Tが装備されているので、どんな登りもこわくない!

まとめ

海外通販肯定派のオレなので、ダメな人はパスしてね。

とにかく、シマノ105登載のディスクブレーキロードバイクが10万円台で手に入るのは、今後もブルベを走る上でも非常によいだろう。

GTバイクはカーボンフレームに油圧ディスクブレーキでも20万円を切っている。さらに32Tカセットや32Cタイヤとダブル32となっている。

このくらいの価格であれば、ある程度予算に余裕を持ってディスクブレーキのロードバイクにトライできるのではないだろうか。

オレもその一人。

Cube Agree C:62 ディスク 購入【20万円以下カーボンディスクバイク】
Cube Agree C:62 ディスク 2017を買っちゃったぞ。 今乗っているカーボンバイクが年を開けると丸5年をむかえる。さらにいろ...

特に、ブルベを少々やっている方は、このディスクブレーキロードバイクは2台目・・・という方も多いだろう。

1台目には無い装備や方向性を変えるという意味でも、2台目のディスクブレーキロードバイクは、方向性を変え、目的を明確にした、さらに廉価なバイクを選んでみてはどうだろう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラドなどRM1200kmを7本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする