600kmブルベの準備と走り方 【参考BRM502指宿600別府】

ブルベシーズンも完全にオンシーズンをむかえ、海の向こうでもRM1200kmがあちこちで開催されています。

国内でも、続々と400km、600kmという長いブルベがどんどんと開催されています。

さて、今日は600kmブルベをヘブンウィークで行われる「BRM502指宿600別府」を参考に考えてみます。




600kmのブルベとは?

600kmブルベの制限時間は他の200、300、400kmと同じ平均時速15km/hで計算され、40時間がリミットとなっている。

1日24時間まるまると、プラス16時間。これはかなり長いよ。

しかし、長いとは言え、自転車で600kmもの距離を走るわけだ。600kmといえば東京(日本橋)を出発すれば北は秋田駅、西は大阪を超え姫路駅、紀伊半島であれば串本、また淡路島へもリーチできる。

遠いな・・・しかし、これを2日弱で行くわけだ。

当然ながら、この40時間の中に自転車で走ることはもちろん、休憩、食事、仮眠などすべての要素が含まれるので、なかなかハードルは高くなる。

600kmブルベは仮眠するのか?

一気に走る方もいます。フレッシュ(24時間360km以上)では600kmを走るチームもあります。

しかし、一般的には600kmもの距離を自転車で走るのですから、仮眠をとるとよいでしょう。というか、仮眠取ることをマジでオススメをします。

600kmブルベのルートを追ってみると、だいたい320km-400kmの間にちょっとした街や、ホテルがありそうな地域をルートとして加えてあることが多々あります。

そして、その街がPCとなっていることもけっこうあります。宿が取れそうな街がPCとなっていれば、ある程度の時間でそのPCに到着して、次のPCまでの距離や時間を考えると、マージンを取っていけば、5-6時間程度の休憩が取れることがわかります。

私の場合、600kmブルベを走る場合、必ずこのくらいの地点で宿を取ります。

というか、ホテルがないと、600kmのブルベを走るのはキツイ・・・

道の駅や無人駅、バス停などで仮眠をとって走り切る方もいますが、オレにはちょっとムリ。さらに言えば、そんなブルベ楽しくない・・・というトコが本音。

初日、きちんとペースを保ち、そこそこの時間でホテルに到着をして、しっかりシャワーを浴び、さっぱりした状態で部屋で食事を取り、さらに余裕があれば缶ビールの1本も開けたいものです。

そして、次の日はキレイなウェアに着替えてスタートすれば、残りの240kmは、また新たな気持で楽しく走り出せるというものです。

これこそ、大人の1泊2日のちょっとハードル高めな小さな冒険と言えるのではないだろうか。

BRM502指宿600別府をどう走る?

BRM502指宿600別府

2018年ヘブンウィークの3本目で開催をされる「BRM502指宿600別府」を考えてみる。

前回2015年とは前半がかなり変更をされている。前回は鹿児島湾を全部回り、桜島も1周してから志布志湾へ向かった。しかし、今回はフェリーで桜島へ渡り、佐多岬まで行って来いしてから宮崎を目指すというルートになっている。

これは3回目のヘブンとなるオレはちょっとうれしい。都井岬も加われば最高だったが・・・ちょっと距離的にアレなんだろう。

いずれにしても今回の「BRM502指宿600別府」はかなり魅力的になった。

「BRM502指宿600別府」のPCチェック

「BRM502指宿600別府」のPCをチェックしてみよう。

  • PC1:桜島フェリー鹿児島港 63km
  • CT2:佐多岬フォトチェック 164km
  • PC2:ローソン 日南春日町店 297km
  • PC3:ファミリーマート 恒久四丁目店 344km
  • PC4:ローソン 蒲江インター店 478km
  • PC5:ファミリーマート大分佐賀関店 566km
  • ゴール:別府亀の井ホテル 604km

※まだキューシート出ていません。Ride with GPSからの予想です。

600kmもあるのにPCは5個とフォトチェック1ヶ所。

スタートは朝6時。平均時速20km/hを目標に走ると、佐多岬の手前南大隅町でお昼くらいかな。田舎を走ると、止まるところもけっこう限定されるし、コンビニもいつ来るかわからないので、大きめの街が来たら、迷わず休みたいな。

佐多岬へ100km走る。ドコかでお休みほしいかな。また佐多岬からPC2まで130km以上あるので、ここも中間で一回休憩をしたい。佐多岬まで片道約54kmの行って来いね。けっこうある。往復で5-6時間程度かかるはず。

佐多岬往復を帰ってくるとトータル218kmとなり、11時間で夕方17時ころになっているだろう。

ちなみに5月初旬の宮崎県日の入り時間は大体19時となっている。あと2時間は明るい。たぶん串間市あたりで日が暮れるだろう。ここから夜間走行。

PC2(ローソン 日南春日町店 297km)到着頃は真っ暗。時計を見ると21時ころだろうか。ここはしっかり休みたい。

そういえば、この日南市のローソン、2013年ヘブンで大雨で途方に暮れていたところだよ。ちなみにこの時、オレの初600kmでかってわからず宿無し。その夜はラブホで仮眠した思い出があり、それ以来600kmでは必ず宿を取る。

PC2までくれば、この日は残り約70kmとなり、3時間でやっつければ高鍋にとってある宿に到着できる。

PC3のファミリーマート 恒久四丁目店 344kmは軽くレシートだけもらい、さっさと済ませ宿に向かう。夜23時前後に宮崎市内を走るので、気をつけて進む。

宮崎市内を抜け、小丸川を超えたら、今日の宿「HOTEL AZ 宮崎高鍋」 376kmに到着だ。

HOTEL AZ 宮崎高鍋

23時に到着できれば最高だが、できるだけ0時前に到着をしたい。

小丸川を渡る前に「セブン-イレブン 高鍋高校前店」があるので、食料買い出しを行ってからホテルへ向かおう。

2015年の時もこのホテルは泊まっているので、勝手はわかっている。朝食付きにうすると、朝は1階のジョイフル(5時~翌3時)でいただける。

さて、600kmブルベも残り約240kmとなっている。できれば12時間で帰りたい(が、いつもの通り、そうは問屋は卸してくれないはず・・)。

朝一5時にジョイフルアクセスをして、朝食取ったらGOだ。5時半に出発したい。

次のPC4はローソン 蒲江インター店 478kmとなっていて、15km/hで計算をすると5月3日の14時ころのはず。

ホテルを6時前に出れば、たぶんお昼前には到着して貯金は2時間程度できるだろう。

あとは海沿い山沿いをどんどん進む。

ルートを見ると、もしかしたら今回、この印象的な工業地帯の中は通らないかんじかな。

PC5のファミリーマート大分佐賀関店 566kmをチェックしたら、残り40km。あと約2時間程度でゴール。

2日目は240kmを13時間程度見て、できれば別府亀の井ホテルへは日のある19時前に到着をしたい。ちなみにゴールリミットは22時ね。

まとめ

考えようによっては600kmは、あんがいと走りやすい。きちんと20km/hのスピードを維持できれば、ホテルで6時間程度の時間が取れる。

シャワー浴びて、ゆっくり座って食事ができて5時間ほど睡眠が取れれば、かなりリフレッシュをしてゴールを目指せるのではないだろうか。

というわけで、ヘブンでご一緒できる方よろしくお願いしますーー!

AJ福岡の九州1周ヘブンウィークエントリーしたんだが・・質問ある?
2018年もAJ福岡の九州1周ヘブンウィークをエントリーした!3回目。自転車乗りでも九州を3周するヤツもそうはいないだろう。 2013年、...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラドなどRM1200kmを7本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする