ブルベ・ロングライドにオススメ:電池式ヘッドライト【2017年度版】

ブルベ・ロングライドにヘッドライトは非常に大切なアイテムです。ブルベに至っては最低距離が200kmとなっていて、早朝出発でも制限時間13時間半を目一杯使えば、スタートはもちろん、ゴールも夜になっていることが当然あります。

ルールで200kmは1灯となっていますが、その一つのヘッドライトにトラブルがあれば、大変です。

もしもの時を考え、ぜひブルベの際はヘッドライトを2灯装備することをおすすめします。

その際、メインは大容量、大光量のライトにして、もう1本のサブは軽量のライトにすると良いでしょう。

もちろんそれ以上の300km、400km、600kmであれば、2本ともメイン級のヘッドライトにすることは特におすすめ。

ルールはもちろんですが、自身の安全、暗くなっても安心してライドできるようにしておきましょう。

ブルベ・ロングライドのメインヘッドライト

ブルベやロングライドではメインとなるヘッドライトの選択はきちんと行うべき。

またルートやコースにより、その明るさもチェックする必要があるだろう。ブルベによっては幹線道路中心の走りやすいルートもある。

逆に人里離れ、山間部中心のブルベもある。当然山道、峠道が多いルートの場合、大光量、大容量のヘッドライトが必要となる。

また、大光量でもその運用時間が数時間で終わってしまうものでは、心もとない。走る距離や時間も加味してヘッドライト選びをしよう。

キャットアイ ヘッドライト ECONOM Force RECHARGEABLE [HL-EL540RC]

キャットアイ ヘッドライト ECONOM Force RECHARGEABLE [HL-EL540RC]

  • 使用時間(ニッケル水素充電池使用時)
  • ハイ:約5時間
  • ロー:約15時間
  • 点滅:約60時間
  • 高輝度LEDX1
  • 単3型ニッケル水素充電池4本(付属)
  • 本体全長:114mm
  • 重量:227g(付属充電池電池含む)

一番オススメヘッドライト。コレを2本ハンドルに設置すれば、全く問題なし。海外RM1200kmも含め、EL540RCを2本ぶら下げて走っているが、これ以外のヘッドライトにする気はない。

防水性や電池の入手しやすさ、またオーバナイトコントロールでの充電しやすさなど、すべてにおいて過不足なし。

逆にこのヘッドライト以外のライトをチョイスする理由があるかを考えると良いだろう。

ネックは単3×4本なので、ヘッドライトの重量が240gほどあり、重いこと。2本ぶら下げればハンドルに500gの重量物がのしかかる。

しかし、それでも、このライトを変更するコトは今後もないであろう。

キャットアイ ヘッドライト ECONOM Force [HL-EL540]

キャットアイ ヘッドライト ECONOM Force [HL-EL540]

  • 使用時間(アルカリ乾電池使用時)
  • ハイ:約2時間
  • ロー:約9時間
  • 点滅:約30時間
  • 高輝度LEDX1
  • 単3型電池4本(付属)
  • 全長:114mm
  • 重量:227g(付属充電池電池含む)

上記リチャージブルEL540RCの電池と充電器が付属していないモデル。

エネループなどで運用する場合はこちらでもOK。ただ、専用充電器は本体に電池を装着した状態で充電ができるスグレモノ。

1,000円ちょいの価格差でバッテリーチャージャーとニッケル水素単三電池4本が手に入るなら、EL540RCを選択するべき。

ちなみにオレはEL540RCを落として壊した際、このHL-EL540を購入した時がある。チャージャー、バッテリーはそのまま使えるからね。

キャットアイ ヘッドライト [HL-EL140]

キャットアイ ヘッドライト [HL-EL140]

  • 明るさ:約400cd(約15lm) JIS規格適合
  • 光源:LED1灯
  • 電源:アルカリ単三乾電池2本
  • 点灯、点滅2モード
  • 使用時間:約30時間(コンスタント)、約300時間(点滅)
  • オートキューブレンズ
  • 重量:78g (本体・乾電池のみ)

JIS前照灯規格適合品という、普通に使うには本当に良いライト。

単三電池2本という気軽さ。電池込みで約80gという軽量はハンドルにも負担をかけない。

約400カンデラの明るさで通常に使う分には全く問題なし。

ただ、人里離れた夜の峠道などでは、まったく光量不足。上記のEL540RCのサブライトとしての位置づけは良いと思う。

200kmのときはコレ2本というときもある。EL540RC1本よりも軽い。

ブルベ・ロングライドのサブヘッドライト

200kmやメインの大光量ライトのサブライトとしてのライトリスト。

単3電池1本や2本というのが主流。軽く、また価格が安いというのも気軽に導入ができる。

キャットアイ ヘッドライト ECONOM [HL-EL340]

キャットアイ ヘッドライト ECONOM [HL-EL340]

  • 使用時間(アルカリ乾電池使用時)
  • ハイ:約7時間
  • ロー:約20時間
  • 点滅:約100時間
  • 高輝度LEDX1
  • 単3型電池2本(付属)
  • 全長:107mm
  • 重量:139g

キャットアイ ヘッドライト ウノ ピアノ HL-EL010

キャットアイ ヘッドライト ウノ ピアノ HL-EL010

  • サイズ:92 x 33 x 26mm
  • 重量:56g (本体・乾電池のみ)
  • 同社の乾電池フロントライトの中では最軽量
  • 400カンデラ以上という前照灯として十分な明るさ。
  • 単3形乾電池1本で点灯約15時間、点滅約60時間使用可能。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする