ブルベ・ロングライドおすすめ11本の大型サドルバッグ

ブルベやロングライドでは、通常のサイクリングや河原のサイクリングコースへ行く練習と違い、少々荷物が多い。

もちろん一部の超速いライダーや荷物を極力減らしている人などをのぞくと、一般的には持っていく荷物やアイテム、ウェア類などが増えるだろう。

そんなときに便利なのが大型サドルバッグだ。

大型サドルバッグのすすめ

ロードバイクの軽快感を下げないようにバックパックなどを背負う方もいる。しかし距離が伸びてくると背中や肩にかかる負担を考えるとサドルバッグという選択を考えてみてはどうだろう。

自身のもつであろうアイテムやウェア類をきちんと理解して、それに合うサドルバッグを使うことは非常に効率がいい。

今回ロードバイクで使える大きめのサドルバッグをチェックしてみた。

大型サドルバッグ選ぶ際の注意

大型サドルバッグ、サドルバッグを選ぶ上での注意をチェックしてみよう。

サドルとリアタイアのクリアランス

大型サドルバッグを選ぶ上でもっとも大切なのは・・・その大きなサドルバッグがサドル下に取り付けられるか?・・・ということだ。

ようはシートポストがきっちりとフレームより出ていて、リアタイヤとのクリアランスがきちんとあるか、ということになる。

具体的には最低でも20cm程度あると理想となるが、こればかりは実際のロードバイクに実物を取り付けるのが一番早い。

身長が高い人は、そう問題はないと思うが、やはり女性を含め身長が低い方はシートポストとリアタイヤのクリアランスが問題となるだろう。

サドルバッグの防水性

日常の練習やワンデイのツーリングであれば雨天で出かけることはないだろう。

しかし、ブルベやロングライドイベントであれば、雨天でも走る可能性はある。そうなるとサドルバッグに防水性を求めるのは当然のこと。

基本的にサドルバッグの防水性はその本体に防水処理の施された生地が使用されているか、防水性能のある別体のパックがあり、それをサドルバッグ本体が保持する形状のものに大別される。

防水性は別体の防水バッグ、ドライバッグを利用するタイプの方が高い。

防水処理の生地で作られたサドルバッグは防水性は劣るだろう。生地自体に防水性があっても本体は縫製部分が多い。また自転車からのスレや外部からのストレスも多いことにより防水性のはどうしても落ちる。

もちろんバッグ内のアイテムを別の防水バッグやビニール袋でパッキングすればよいが、重量も増えるだろう。

また、バッグ本体に防水性がない場合、水分を含め、けっこう重量が増えることも念頭に置いておこう。

荷物の取り出しやすさ、パッキングのしやすさ

これはサドルバッグとドライバッグ別体系のサドルバッグは、どうしても荷物へのアクセスがやりにくい。

サドルバッグ本体を開ければ、荷物にアクセスできるタイプの方が当然だが荷物は取り出しやすい。

この部分は防水性とのトレードオフと考えよう。

サドルへの取り付けとサドルバッグアシストベルト

サドルバッグをサドルに取り付ける方法も、見てみると色々な形式がある。

当然、重たい荷物を持ちたい方は取り付けベルトが太く、また複数ある方が良いだろう。

また、荷物をたくさん収納するとサドルバッグ後方がだんだんと垂れ下がってくる。その垂れ下がりを防ぐアシストベルトが付随しているバッグも多数ある。

荷物をたくさん、また重量物を収納したい場合は、取り付け方法とアシストベルトをチェックしておこう。

テールライト取り付けやドローコードの有無

サドルバッグの後ろ部分にテールライト取り付け部があると非常に良い。このような大型サドルバッグは後端が結構高い位置になる。

そこのテールライトを取り付けできれば、後方へのアピールが非常に良くなる。

通常シートポストなどについていたテールライトの行き場に困ることもない。

またサドルバッグ本体上部にドローコードなどがあり、そこにウィンドブレーカーや輪行袋などプラスアイテムのパッキングができるタイプのサドルバッグもある。

これはけっこう便利。頻繁に脱ぎ着したいウィンドブレーカーやレインウェア、補給食などをパッキングできる。荷物の多い方はチェックポイントだ。

おすすめ大型サドルバッグ

以上のことを考慮に入れて、大型サドルバッグをチェックした。

どのくらいの容量から大型サドルバッグかということは明確にないが、ブルベで定番のオルトリーブサドルバッグ以上を大型としたい。

オルトリーブ サドルバッグ L スレート:2.7L

オルトリーブ サドルバッグ L スレート:2.7L

  • カラー:スレート
  • 容量 :2.7L
  • サイズ:L/H10×W23×D7/16cm※カタログ値参照
  • ロールクロージャーを採用
  • Lサイズは泥除けの役目も果たす

GORIX ゴリックス 大容量サドルバッグ 6L

GORIX ゴリックス 大容量サドルバッグ 6L

  • サイズ:長さ43 x幅6~19 x 高さ15~18 cm
  • 容量:6L
  • 重量:340g
  • 材質:600D ポリエステル+1200D ナイロン+タール塗り防水布

オーストリッチ スマートイージーパック

オーストリッチ スマートイージーパック

  • ロール式で内容に合わせたサイズになります
  • 材質:ターポリン500D、NL420D/PVC
  • サイズ:530x130x120mmm
  • 容量:7.0L
  • 重量:490g

GORIX ゴリックス 大容量サドルバッグ 8.8L

GORIX ゴリックス 大容量サドルバッグ 8.8L

  • 最大容量:8.8L
  • 重量:485g
  • 材質:PE+ナイロン
  • 収納袋:防水仕様

R250 防水大型サドルバッグ ラージ グレー 9L

R250 防水大型サドルバッグ ラージ グレー

  • サイズ 縦14cm×横13cm×長さ33~42cm
  • ロールアップを開いた状態の長さは60cm
  • ロールアップの幅は29cm
  • 素材:840D/TPU
  • 重量:390g

ヒロエナジーツーリングサドルバック SL-5050BK 9L

ヒロエナジーツーリングサドルバック SL-5050BK

  • 材質:420デニ-ル ポリエステル
  • サイズ:17cm×17cm×50cm
  • 本体重量:250g
  • 装着には後ろタイヤ上面~サドルレ-ルまでの距離220mm以上、シートポスト突出し7cm以上必要

R250 サドルバッグ スモール ブラック 10L

R250 サドルバッグ スモール ブラック

  • 素材:water-resistant 600d polyester
  • 裏PUコーティング
  • サイズ 縦12cm×横14cm×長さ33~44cm
  • 重量:360g

ブラックバーン アウトポストシートパック&ドライバッグ

ブラックバーン アウトポストシートパック&ドライバッグ

  • 重量:500g
  • サイズ:L185mm X W165mm X H460mm
  • 容量:11.0L
  • 大容量シートパック
  • 取り外せる防水スタッフバッグ

ドッペルギャンガー 大容量サドルバッグ 13L

ドッペルギャンガー 大容量サドルバッグ

  • 素材:リップストップポリエステル(420D)、PVC
  • 容量: 約3-13L
  • 耐荷重: 8kg

R250 防水サドルバッグ ブラック 14L

R250 防水サドルバッグ ブラック

  • 素材:water-resistant 600d polyester
  • 裏PUコーティング
  • サイズ 縦18cm×横14cm×長さ33~44cm
  • 容量:6~14L
  • 重量:415g

オルトリーブ シートパック F9901 スレート

オルトリーブ シートパック F9901 スレート

  • 軽量で摩擦や引き裂けに強い防水生地と、ロールクロージャー開閉システムを採用した大容量サドルバッグ
  • サイズ/H30×W64×D22cm
  • 容量/8~16.5L
  • カラー/スレート
  • 重量/430g
  • 耐荷重/5kg

まとめ

オレは今、オルトリーブとブラックバーン アウトポストシートパック&ドライバッグ、キャラダイスのバッグを使っている。

このところ、1番出番が多いのがブラックバーン。使い勝手がいいのと、なにしろ防水性能がダントツだからだ。

ブラックバーン アウトポストシートパック

防水性能がいいということはバッグ自体も重くならないということ。取り出しに関しては必要なものは別に小さいドライバッグを用意してパッキングをしている。

ぜひあなたのお気に入りサドルバッグをみつけてほしい。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする