ブルベエントリーの実際

スポンサードリンク

それではブルベを実際にエントリーして見ましょう。

ブルベを走る上で、エントリーは必須になっていて、当日の受付などは一切やっていません。その上でエントリーをする上で必要な項目を再チェックしてみます。(以下Audax Japanより)

  • 年齢は20歳以上
  • 長距離ツーリングの経験、および同等の力量があり自己完結できるサイクリスト
  • 賠償付き保険に加入している

ブルベエントリーに保険は必須

さて、ブルベをエントリーする上で2014年より自転車の保険が必須になりました。これはエントリーをする各自が自分で入る必要があります。

自転車保険の一覧

賠償責任保険金額1億円以上の自転車任意保険をいくつかアップをしてみました。

保険会社/プラン名 タイプ 個人賠償責任 死亡後遺障害 年額
au損保

新自転車ワイドイチおし

本人 1億円 400万円 4,500円
au損保

新自転車ワイドイチおし

夫婦 1億円 400万円 6,850円
au損保

新自転車ワイドイチおし

家族 1億円 400万円 11,680円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

本人 1億円 400万円 10,080円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

夫婦 1億円 400万円 14,220円
au損保

新自転車ワイドイチおしプラス

家族 1億円 400万円 21,480円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

本人 1億円 400万円 4,760円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

夫婦 1億円 400万円 7,000円
セブンイレブン・三井住友

自転車保険

家族 1億円 400万円 11,720円

実は自転車保険は年額にすると結構いい値段します。特に家族で入る場合はちょっとした保険額になり月額換算だと1.000-1,500円程度になりそうです。また自分一人あれば、年額約5,000円程度からとなります。

ちなみに私は自家用自動車保険の特約で自転車をカバーしていることを確認して、その特約を利用することで登録が出来ました。

もしあなたが自動車に乗っていて任意保険加入をしている場合保険証を確認してみましょう。特約で自転車が含まれている場合があるかもしれません。

エントリーの流れ

2014年「BRM208群馬200km 秩父-森林公園-足利 」のエントリーを例にとって流れを解説します。エントリーはスポーツエントリーを利用していました。またエントリーの際に保険に関しての情報入力項目があ りますので、こちらも合わせて用意をしておきましょう。

スポーツエントリーにアクセスをします。

以下の解説はスポーツエントリーにメンバー登録完了をして、ログインをした状態より解説をしています。

もしメンバー登録がまだの場合、「メンバー登録」(スポーツエントリーのページ)より登録をしておきましょう。

これからブルベを走る場合、何度となくスポーツエントリーに通じて参加申し込みをするようになります。

スポーツエントリー

  • サイクルイベント選択、開催月選択、ブルベをチェック
  • 検索をクリックすると結果が表示されます。

スポーツエントリー

  • 「受付中」となっている場合は申し込みができます。
  • 「BRM208群馬200km 秩父-森林公園-足利 」を申し込みします。
  • 参加申し込みをクリックします。
  • ログインしていない場合は次の画面でログインをします。メンバー登録がまだの場合も次の画面でメンバー登録ができます。

今回はBRM217埼玉200km(7:00)【一般】

  • 「BRM208群馬200km 秩父-森林公園-足利 」の行にある「参加申込」をクリックします。

必要事項入力

  • ログインした状態であれば、必要事項は入っています。
  • このページのしたにスクロールをして支払い方法を選択します。

支払い

  • 情報を全て入力します。
  • またこの画像のように保険に関しての入力項目があります。
  • 最後に支払い方法を選択します。
  • 1つ選択をしてラジオボタンをチェックします。
  • 「次へ進む」をクリックします。

確認

  • クレジットカードを選択しました。
  • 合計金額の確認をします。
  • 下へスクロールしてクレジットカード情報を入力します。

エントリー完了

  • カード決済完了しました。
  • 以上でエントリー完了です。

エントリーをする上で

今、ブルベは非常に人気になっています。エントリーしやすいブルベ、人気のブルベはすごい早くに定員に達してしまい、すぐに受付終了となってしまいます。

ブルベは定員に達すると、その後の追加受付はありません。またエントリーしない連絡(DNS)があっても基本的にキャンセル待ちなどはありませんので、走りたいブルベがありましたら、すぐに申し込みをしておきましょう。

クラブによってはスポーツエントリーではなく、独自のエントリー受付をしている場合もあります。

エントリースタートする前、あらかじめエントリー法をチェックすることは大切です。

昨今は「エントリー峠」といって、人気のあるブルベは受付オープンと同時にあっという間にソールドアウトすることも珍しくありません。

ぜひ自身のエントリーしたいブルベを事前チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

2015年:注目ブルベ

  1. ()開催
    実は先日、メインバイクのコンポーネントを換装した。 シマノアルテグラ6700系から6800系に入れ…
  2. 01月24日(土)開催
    コース概要 : 江東区(木場公園) - 逗子(沼間)- 小田原 - 町田(金井) - 中央区(水天宮…
  3. ()開催
    ジェントス 懐中電灯 閃といえば、ブルべやっている人にはちょっと人気のライトではないかと思う。単4電…

カレンダー

2017年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る