小型軽量ジェントスヘッドライトGTR-931Hは単3電池1本

スポンサードリンク

いつも使っているジェントスヘッドライトHW-833XEは単3電池が3本。総重量が約200gある。

これはヘタするとヘッドライト1つ分だ。たしかに単3を3本積んでいると、RM1200kmを走っても、電池切れはこれまでなかった。

これはほんとうに安心。

GTR-931Hは単3電池1本で軽量

当然、それと引き換えに頭の上はヘルメット2つ分の重量がかかる。これはけっこうキツイ。

そこで、軽量なヘッドライトをチェックしてみると、同じメーカーのジェントスヘッドライトGTR-931Hという製品がある。

電源は単3電池1本という。ライト点灯High8時間、Lowで24時間となっている。これなら600km程度や秋冬のブルベでも全く問題なし。

パッケージと価格をチェック

GTR-931H

アマゾンで購入。次の日にすぐに来ました。

パッケージを持ってみてもその軽さがすぐに分かります。

また、価格も非常に安く、1,000円程度で購入できるトコrも本当に助かります。

同梱物のチェック

GTR-931H

ジェントスリゲルヘッドライトGTR-931H本体、単3電池1本、ヘッドベルト、収納ポーチが同梱されています。

単3×1本のヘッドライト。明るさ45ルーメンという明るさ。

Highモードであれば、夜間走行でもあまり問題にならないでしょう。

フラットで問題ないところであればLowモードにして電池を温存すれば、ある程度の時間使うことができます。

重量チェック

GTR-931H

お約束の重量チェック。電池込みで92gという軽さ。これは軽い。

いつものヘッドライトの半分以下。

電池ボックスはネジ式

GTR-931H

電池は本体に下についているバッテリー室にいれます。横に付いているスクリュー式のカバーを外して単3電池1本を挿入します。

またそのバッテリー室を中心にライト本体が上下をします。

ライトオンオフスイッチ

GTR-931H

ヘッドライトのオンオフはライト本体上部についているボタンによって行います。

1回押すとHigh、次押すとLow、次押すと点滅、次押すとOFFというシンプルなスイッチです。

非常に軽量、単3電池1本の軽量ヘッドライト。

唯一、スイッチボタンが小さいので長指グローブをしていると押しにくいことかな。指切りグローブなら全く問題なし。

秋冬のライド、オーバーナイトのブルベで絶対持って行くことオススメします。

1,000円程度のコストは絶対に損になりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2015年:注目ブルベ

  1. ()開催
    ブルべにおいて電源、電池の確保は本当に大切。 ウチの装備の場合、最低でも「eTrex20」「キャッ…
  2. ()開催
    実は先日、メインバイクのコンポーネントを換装した。 シマノアルテグラ6700系から6800系に入れ…
  3. ()開催
    長距離ブルべ、海外ブルべに適する腕時計をちょっと考える。 自転車に乗るうえで腕時計は必要かというこ…

カレンダー

2017年4月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る