ガーミンEtrex20のディスプレイに4つの情報を表示する方法

ガーミンEtrex20のディスプレイに「スピード」「時刻」「積算距離」「ルート残り距離」の4つの情報を同時表示する方法・・・の(自分用)備忘録です。

ガーミンEtrex20は非常に安価で、ルートを正確に追ってくれます。

Edge800もバックアップにているので、ルート外れても何も言わないガーミンEtrex20をフォローします。

しかし、安定性、全天候性、防塵性などを考えるとRM1200kmなど、けっこう過酷系のブルベやロングライドにはガーミンEtrex20が1番と思っています。

それでは、ガーミンEtrex20の4つの情報を表示してみましょう。

スポンサーリンク




ガーミンEtrex20のデーター4項目表示の方法

ガーミンEtrex20

ガーミンEtrex20ホディ左のメニューボタンを2度押す。

設定をクリック

ガーミンEtrex20

地図をクリック

ガーミンEtrex20

「データー項目表示」をクリック

ガーミンEtrex20

データー項目表示の「4項目」をクリック

ガーミンEtrex20

以上でディスプレイ上にデーター項目が4つ表示されます。

ガーミンEtrex20の各データー項目の変更法

続いて各データー項目の変更をしてみます。

今回は4つの項目を「スピード」「時刻」「積算距離」「ルート残り距離」の4つの情報に差し替えをします。

ガーミンEtrex20

ガーミンEtrex20ホディ左のメニューボタンを1度押す。

データ項目変更クリック

選択されているデーター項目をクリック

時刻

時刻をクリック

時刻表示

そうすると、左下の選択した項目が時刻になります。

右側も・・・同様にトリップ(移動積算距離)、目的地までの距離を選択

以上で4つの項目を「スピード」「時刻」「積算距離」「ルート残り距離」の4つの情報に差し替えが完了をしました。

まとめ

etrex20

ロードバイク乗っていて、行くべき方向が確実にわかり、雨でも夜でも、非常に安定していて見やすいEtrex20は、自転車でロングライドをする人の良き旅の相棒と思う。

つーか、これないと、オレには無理。キューシートなんて絶対に無理です。あんなもんに目を落として自転車運転しては(オレなんかじゃ)あぶないとも思ったりする。

というわけで、ロードバイクでブルベやロングライド走る時、GPS導入躊躇している方・・・いいですよ。Etrex20は!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク