ブルベのDNF準備は怠りなく【DNFのためのアイテム】

ブルベは大人の遊び・・・と言われますが、それはすべて自己責任、自己完結をするというものです。

普通に自転車に乗っていれば、それは基本的なことですが、色々なサイクルイベントに出たりすると、お客様気分はどうしても感じてしまう。

ブルベをスタートして、無事にゴールまで戻ってこられれば、それは問題ない。しかし、途中で何が起こるかわからないのも、またブルベ。

というわけで、ブルベにエントリーする場合、いつもDNF(リタイア)を念頭に準備しようと考えている今日このごろです。

スポンサーリンク




ブルベエントリーに輪行袋は必ず持つ

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 L-100

近くのサイクリングコースへ行くのであれば必要ないが、ブルベを含めある帝都距離のあるサイクリングに行く場合、輪行袋を必ず持つ。

徹底をしてほしいと思う。

体調の不良はもちろん、ロードバイクのメカトラブル、落車、仕事の連絡、帰宅しなくてはいけない事情など、いろいろな事が起こる。

そんな時にお世話になるのが公共交通機関、鉄道などだろう。鉄道で輪行をする場合、必ず専用の輪行袋に入れる必要がある。

たかが200g程度の重さだ。絶対に持とう。

「輪行 ゴミ袋」「輪行 ブルーシート」とかでチェックしてみてくれ。それはやっちゃいけないということを、さも得意気に画像やブログで上げている奴らが多数いる。

輪行 ゴミ袋

これはダメなのだよ。なぜ輪行袋持たないの?

で、その悪行をなぜ(自慢げに)ネットにアップするの?

本当に、絶対にやめてもらいたい。

あと、サドルやハンドルが出ている輪行袋とか、サイズが完全にオーバーしているヤツとかもダメだぞ。

DNF(輪行時)に必須アイテム

DNFする気満々でブルベに出たり、自転車イベントに出たりする人も多くはないと思う。

しかし、自転車を降りて電車などに乗れば普通の人々と一緒です。なので、できるだけ目立たないように普通の人っぽくするのは良いかと考えます。

そのため、オレはブルベにエントリーする場合、必ず鉄道に乗っても大丈夫なように用意をします。

ブルベにはタオルと着替えを持つ

ブルベには必ず、タオル、テイッシュ、Tシャツを持ちます。

ブルベはじめて今年で4シーズン目を迎えます。今だにこれらのアイテムを使ったことがありません。

しかし、必ずこの3点は持ちます。汗だくの自転車ジャージで電車にのるのは、自分もイヤだし、周りにも相当不快な思いをさせるでしょう。色んな意味で。

さらに、自転車乗り最悪・・・と思われるのは、やはり良くないと考えます。

なので、せめて上だけは汗だくジャージを脱いできれいなTシャツに着替えるように準備をしています。

シューズはSPDにしておく

ブルベに限らず、いつもシューズはSPDにしています。歩きやすいし、クリートでフロアなどを傷つける心配が少なくてすみます。

SHIMANO (シマノ) SH-M089E MTBトレイルシューズ

今使っているシューズはコレ。シマノ SH-M089E MTBトレイルシューズ。

色も黒で、自転車用のシューズとして目立たないこともよい。

SPD

SPDペダルは定番のシマノ 片面SPDペダル PD-A520がよい。

SPD-SLの人はクリートカバーを持とう

絶対にSPDはイヤ。SPD-SLじゃないとダメ・・・そういう方は、ぜひクリートカバーを持とう。

シマノ クリートカバー ペア SM-SH45

クリートで滑る心配も少なくなり、なんといっても歩いている時にカチャカチャとクリート音がしない。あの音は間違いなく周りにフロアを傷つけていると、思わせてしまうだろう。

それを防ぐ意味でも、ぜひクリートカバーを付けてほしい。持ってほしい。

ナップザックは輪行時に便利

ナップサック 11リットル

DNFした時の輪行時に、ナップザックは本当に便利。

変に目立つ反射ベストやグローブ、輪行袋の収納袋や周りの細かいものを突っ込んでおける。

帰りの電車内でのおやつなんかもコンビニで買った時に収納できる。かなり便利よ!

まとめ

ブルベに限らず、自転車やロードバイクに乗っている人が、わざわざDNFしにどこかへ出かけるはずはない。

しかし、何らかの理由でロードバイクを降りて、鉄道を始め公共交通機関を利用する場合、ルールに従う必要がある。

さらに、できるだけ目立たず、周りに迷惑をかけないというのは当たり前のことだ。

ブルベに限らず、ロードバイクで出かける時は、DNFのことも念頭に置いて準備をしよう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク