ブルベでオススメのGPSはガーミンGARMIN Etrex20という6つの理由

ブルベな皆さん、こんにちは。来週はコロラド遠征がひかえているYasuです。

さて、ブルベで皆さんはどのようなGPSをお使いですか?

やはり自転車・ロードバイク用のGPSといえばガーミンGARMINのEDGEシリーズとなるでしょうか。

しかし、ここで・・・あえてブルベという戦場に限定した場合、ダントツオススメは「ガーミンGARMIN Eterx20」としたいと思う。

その理由を列挙してみよう。

スポンサーリンク




Etrex20は本当にダントツ安い【2万円ちょいだ】

etrex20

  • サイズ W54mm x H103mm x D31mm
  • ディスプレイ 36mm x 43mm/2.2インチ 176 x 220ピクセル 65000色TFTカラー
  • 重量141.7g(電池含む)
  • 単3電池(アルカリ、ニッケル水素、リチウムマンガン)
  • 25時間稼働
  • 防水 IPX7
  • GLONASS対応高感度GPS
  • 内蔵メモリ 1.7GB / microSDスロット
  • microUSBポート
  • 2000ウェイポイント / 200ルート / 10000トラックポイント 200保存トラック
  • 経路探索
  • フォトナビゲーション
  • カスタムマップ

とにかくGarminのGPSシリーズでダントツに安い。英語版であれば2万円ちょいで購入が可能だ。

現状だとEdge520あたりでも3万を超えるということを考えれば、この値段は破格となる。

もし、あなたがブルベ、もしくは自転車で走ることを考えていて、GPSを視野に入れている場合、このEtrex20をぜひ考えてみほしい。

2万円ちょいで、道先案内人が手に入ると思えば非常に安いと考える。特に海外ブルベを考えている方はマストよ。

Etrex20は単3電池2本で動く

etrex20

電源は単3乾電池2本。コンビニで手に入るアルカリ電池はもちろん、安価なエネループなどなんでも利用できる。

コレは本当に助かる。

単3乾電池であれば、世界中どこにでも手に入るし、また事前の準備もしやすい。

この手軽さというのは、本当に助かる。

Etrex20は単3電池2本で20時間は動く

Etrex20のカタログデーター上は25時間稼働となっている。このデーターはけっこうあっていて、大体の場合20時間は確実に動いてくれる。

体感としてはざっくり22時間程度は大丈夫。400kmブルベ走っても、最後までもっている。

RM1200の時も、朝電池交換をしておけば、確実にオーバーナイトコントロールまで持ってくれる。

このバッテリーライフの長さは、長い距離のブルベを走る時にはマジでうれしい。

Etrex20の防水性は信頼性抜群

いつも一緒に使っているGarmin Edge800と比べると、本当に防水性は信頼性抜群。どんな雨でもびくともしない。

Edge800はいつもビニールにくるんで運用をしているが、Etrex20はそのままハンドルなどに取り付けて何もしない。

外部電源に繋ぐ必要もないバッテリーライフなので、裏面のUSB口を開ける必要もないので、さらに防水性は高い。

今まで、とんでもない豪雨の中を走ったり、一晩中雨中を走ったりしているが、まったくもって雨に関してEtrex20は心配なし。

ちなみに防水の規格は「防水 IPX7」となっている。これはかなり高い防水性能となっている。

7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形) Wikipedeia

Etrex20は誤作動・フリーズがない

Edgeシリーズのように演算をしている数が少ないのだろうか、これまで誤作動、フリーズと言ったことは皆無。

非常に安定をしているのがEtrex20の安心感。

これはとにかく海外ブルベや長いブルベ、ヘブンウィークなどにエントリーをすると、とても助かる。

余計な数字をだすよりも、きちんと行くべき方向をいつも示してくれれば、それでいい。

ディスプレイに地図と4つの数値情報を表示できる

Etrex20のディスプレは36mm x 43mm/2.2インチと小さいながら、きちんとルートを示して、さらに走る上で必要な情報を4つも表示できる。

コレがかなり便利で、暗くなってきたり、夜間走行をする場合など、サイコンは全く見えない。

しかし、Etrex20はバックライトがあるので、常時情報を見ることができる。そこに速度や時刻、距離などが表示されている本当に助かる。

このところ、サイコンはお飾りでEtrex20との距離とどのくらい差があるかのチェックしか使わないほど。

ちなみにEtrex20に表示しているデーターはこのような感じ

etrex20

ルートマップの上に4つの情報が示されている。この表示は自分で好きなデーターを選択して表示ができる。

オレは・・・

  • スピード
  • 時刻
  • 積算距離
  • 表示しているルートの残り距離

・・・を表示している。

なので上記画像で言うと、

  • スピード:22.4km/h
  • 時刻:17時40分
  • スタートからの距離:236km
  • このルートの残り距離:147km

となっている。ちなみにコレは2016年オーストラリアメルボルン郊外で開催されたGSR1200の初日の一コマ。

もうすぐ18時になろうとしているのに、あと約150kmも残っているという正念場・・・えっと、初日オーバーナイトコントロールに到着をしたのは1時半ころでした。

まとめ

オレはブルベでキューシートというのは全く考えられない。PCとかコントロールとかフォトチェックとか名称の確認に必ず持参はしているが、常時使っていない。

特に海外ブルベでキューシートなんて、使ったことがないし、見たこともない。すべてGPS頼り。

広い荒野、原野・・・100km以上信号どころか民家もないところが続く場所ではキューシートは無用。自身の場所をキチッリと把握できるGPSが唯一の頼り。

その唯一の頼りであるGPSはとにかく信頼性が高いことが要求される。

もしあなたが信頼性高いGPSを、そしてできれば安いGPSをお探しであればEterx20をチェックしてみてはどうだろう。

日本語版を購入する必要はなし。英語版でOK。(日本語化できる)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク