ブルべはけっこう「ヒマ」「飽き」との戦い【ワイヤレス小型スピーカー5種】

スポンサードリンク

200、300kmのワンデイブルべなら、がんばればその日のうちに帰着できる。

それ以上になると、日付を超える可能性が高くなる。当然、600kmとか1000kmとか1200kmとかになると、1泊2日、2泊3日、3泊4日と長距離、長時間になるわけだ。

走っているところが、いつも風光明媚・・・ということのほうが少ないだろう。

スタートあたりならいいが、たとえば1000kmの2日目の夜なんて、もう飽き飽きしている。

飽き飽きした状態やつまらなくなった状態は、テンションも上がらないし集中力も下がっている。いわゆるけっこう危険な状態。

そこで、リフレッシュも兼ね、音楽をきくことはかなりいいと考える。ただイヤホンはダメね。というわけで、小型無線(Bluetooth)スピーカをチェックする。

Anker ポケットサイズ ポータブルワイヤレススピーカー

Anker ポケットサイズ ポータブルワイヤレススピーカー

  • 45mm、90g 箱型
  • Micro USB 充電
  • 3Wオーディオドライバー、パッシブ型サブウーファー
  • 超高密度バッテリーによって、12時間連続

TaoTronics吸盤式Bluetooth3.0ワイヤレススピーカー マイク搭載(防水仕様)

TaoTronics吸盤式Bluetooth3.0ワイヤレススピーカー マイク搭載(防水仕様)A2DP/AVRCP対応 TT-SK03(B)

  • 大容量バッテリーの搭載で、最大約5-6時間の連続再生
  • 充電はUSB電源
  • 110g
  • 吸盤式Bluetoothスピーカー
  • 防水(IPX4規格に対応)仕様

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様

  • 8.1cm*8.1cm*4.6cm 160g
  • IPX4の防水等級
  • 3Wのフルレンジドライバ
  • 四角い本体がゴムに囲んで、耐衝撃
  • 1500mAHのリチウム充電池内蔵3時間にフル充電します
  • 12時間まで音楽楽しめます

QTuo 防水スピーカー 吸盤式Bluetooth3.0 小型なワイヤレススピーカー

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様

  • IP65&防滴と防振のこだわり設計
  • 充電時間:2-4時間
  • サイズ:8.5×8.5×4.5cm

Mopo 高品質 Bluetooth4.0 ワイヤレス 防水 防滴 耐衝撃 スピーカー

Mopo 高品質 Bluetooth4.0 ワイヤレス 防水 防滴 耐衝撃 スピーカー

  • 防水スピーカーである、密封されたシリコン材料を採用し、強い防水性と耐衝撃性能
  • 内蔵バッテリーの容量は400mAh
  • 1-1.5時間の充電で3-4時間ご利用
  • 32GBのmicroSDまで対応

どれも200g以下で軽量。アンカーのスピーカーは防水ではないが、その他はすべて防水。

ステムにぶら下げるならMopoがいいが、ちょっと再生時間が短い。

再生時間の長さ、防水、耐衝撃などを考えるとOmaker M4スピーカーがベストバイと考える。

秋の長いブルべにいかれる方。ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2015年:注目ブルベ

  1. ()開催
    ブルべにおいて電源、電池の確保は本当に大切。 ウチの装備の場合、最低でも「eTrex20」「キャッ…
  2. ()開催
    ジェントス 懐中電灯 閃といえば、ブルべやっている人にはちょっと人気のライトではないかと思う。単4電…
  3. ()開催
    今年はとりあえず、2本のRM1200kmを完走している。 そして、残り7月の北海道1200kmと1…

カレンダー

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る