コラテック Dolomiti Tiagra Compact 2013

アルミ合金7005のフレームにシマノティアグラ(Tiagra)でまとめられた、エントリーモデルのコラテック Dolomiti Tiagra Compact 2013です。

きれいな白ベースのデザインは気軽に乗っていけるロードバイクに仕上がっています。メインコンポのティアグラはもちろん20スピード(2×10s)なのでホイールのアップグレードにも対応できるでしょう。

クランクのフェイスデザインは好き嫌いの別れるところです。全体的に無難にまとめ、信頼性は高いので初めてロードバイクを乗ってみようという方にはとてもいいのではないでしょうか。

なんといっても現時点でほぼすべてのフレームサイズが選べることと、9万円を切る価格設定にかなりの魅力があると感じています。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする