コラテック CCT Team Ultegra Compact Road Bike

コラテックのモノコックカーボンフレームを母体にしたフルカーボンバイクになります。

コンポはアルテグラで固められていますので、まずは信頼性重視。精悍なブラックとブルーの直線的なデザインですので、飽きが来ません。

カーボンフレームにシマノアルテグラまとめられた中堅ロードバイクが22万程度ですので、ある程度のフィールドを目指す方には良いバイクでしょう。

フレームサイズも現時点でしっかり残っていますので選択幅は問題ありません。

ただ、先日紹介をしたコラテック CCT Team 105 – Compact 2013と5万円の差があります。同じフレームで105とアルテグラの差となり、そのコストが5万円。ちょっと考えてしまう価格帯ですね。

私なら迷わずアルテ行きますが、あなたはどうでしょう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする