デローザ R838 Athena 2013

デローザの中間的なグレードモデルであるR838です。国内外ではR848の上として位置づけをされています。

2011年にデビューしたR848をさらに進化させたモデルで、カンパニョーロアテナがセットされています。もちろん11速モデルです。

フレームはカーボンモノコック、フォークもカーボンです。三角形のダウンチューブがその存在感を増しています。1-1/2インチのオーバーサイズヘッドチューブを使われていてヘッド周りは見た目剛性感たっぷり。逆にスッキリしたリア周りでメリハリの効いたデザインです。

カラーリングは赤と黒の半々。一部ブルーが入っています。もやっとしたデザインと感じるのは私だけかな。サイズは今のところ(Wiggleでは)よりどりみどりという状況。30万を切ったプライスですので、そろそろ2014年モデルがリリースされるこの時期がラストチャンスでしょうか。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする