デローザ R838 Veloce 2013

デローザ R838 Veloce 2013は魅力的な高弾性のモノコックカーボンフレームをまとって登場。サイズ: 43、45、48、50、53cm (BB からシートタブの上部まで)と豊富なラインナップです。

先細の 1-1/8” から 1-1/4” のフォークとヘッドチューブ – 安定性・反応性の優れたフロントエンドにより確実で攻撃的なハンドリングを実現して、シャープな走りを支えます。

全体的にシャープで細身なフレームなのですが、それを結合するヘッド周りやBB周りはボリューム満点。剛性感がただよいます。

メインコンポはカンパニョーロのVeloce。やはりデローザにはカンパがよく似合います。このR838が25万円を切って、いまらな手に入ります。フレームサイズも残り少なし。まずはサイズがあるかちょっとチェックをしてみましょう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする