デローザ Merak Evolution Athena Red Wind 50 2013

MERAK EVOLUTIONは2012年モデルでデビューをしました。2013年モデルも多数のフレームカラーとサイズで豊富なバリエーションがあります。

もちろんコンポーネントはカンパニョーロの11速 Athena グループセットです。やはりデローザにはカンパが似合います。ミドルグレードとなっているこのデローザ MERAK EVOLUTION(デローザ メラク エボリューション)ですが、日本国内定価は定価は556,500円します。またフレーム単品の定価でも288,000円ですから、現状完成車、そしてRed Wind50のホイールをはいて40万円程度のこの価格はかなり安いといえるでしょう。

さて、同じようなラインナップで「デローザ Merak Evolution Athena R5 2013」というモデルがあります。これはホイールの差のようでR5には「Fulcrum Racing 5」がチョイスされ、当然こちらの「デローザ Merak Evolution Athena Red Wind 50 2013」には「Fulcrum Red Wind 50, clincher」が搭載をされているわけです。

重量差はカタログ上では無し。価格差は現時点で78,764円。あとでホイール交換予定であれば、これはアリですね。

国内モデルは白基調のブレームカラーですが、こちらは黒を貴重としたフレームカラーが基本となっています。精悍さは黒ベースのほうが上と思います。白赤が好きですが、このグリーンラインが入ったヤツはかなり気に入りました。

ダウンチューブが極太の四角い断面で見た目相当ごっついようです。見た目と違い車重は軽量の7.5kg。剛性が高すぎず、安定性の高いエアロフレームはいろいろな状況で対応でき、ロングライドにも有利かもしれません。

しかし、ホイールリムハイトが50mmあると横からみたバイクの姿に迫力があります。かっこいい!

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする