Eastway – R4.0 Apex

この内容で7万円を大きく割り込む価格です。

Eastway – R4.0 Apexは、軽量のアルミ合金フレーム、アルミフォークで構成された入門ロードバイクです。

ビギナー向けのロードバイクとはいえ、カセットはきちんと10速が採用をされています。

いつもの通勤や週末の練習、ツーリング、ロングライドなど、どのようなライディングにも対応できる、多機能なロードバイクです。

高剛性、また上部なアルミフレームなので、扱いに気を使うことなく乗ることが出来ます。

10万円を大きく切るプライスですが、ドライブトレインには SRAM の Apex グループセットが採用されており、上級モデルと同じ10速カセットが適用されています。この春ロードバイクデビューする方にかなりオススメバイクです。

一点注意することは、チェーンホイールにはノーマルクランクが採用されています。クランク側からのビューがとてもかっこいいのですが、ビギナーさんの足には、少々重いかもしれません。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする