ラストチャンスコロラド1200準備:新規購入グッズ・アイテムリスト

ラストチャンスコロラド1200kmが来月2017年9月6日の朝4時スタートとなっている。

あと約2週間で出発だ。いろいろな準備などがあるが、いつも通りなので、あまり慌てる必要はない。

しかし、新規に導入するグッズ、アイテムなどがあるので備忘録を兼ねリストしてみる。

2017シーズンのラストブルベ予定【200km1本・600km1本・1200km2本】
こんにちはYasuです。 みなさんの2017シーズン・ブルベの予定はいかがですか? 今年の8月も中旬にさしかかり、お盆も終盤(2017年...




海外RM1200kmブルベ:新規購入グッズ・アイテムリスト

別に海外だからと言って、特別すごいものとか、とんでもないアイテムなどはない。

ただ、基本的には国内ブルベでテストをして、問題ない、大丈夫そうなものの買い替えや追加購入などが多い。

買い替え・消耗品:ロードバイクアイテムリスト

フルフィンガー サイクリング グローブ

このグローブを使っている。安くてとりあえず可もなく不可もなく。

この値段ならリピートかな。

Y8L298062 DURA-ACE R55C4 ブレーキシュ/ネジ2ペア

先日、雨のBRM819千葉200km(つくば)で、シューがかなり減った。ブレーキシュー全交換かな。

BRM819千葉200km(つくば)を完走して・・・思ったこと
BRM819千葉200km(つくば)を走ってきました。 約5ヶ月ぶりのブルベ・・・3月から何も走っていない状態で今回のブルベへエントリーを...

シマノ ブレーキインナーケーブル ロード用SUS

予備のブレーキケーブルをドロップバッグに入れておく。

シマノ シフトインナーケーブル SUS 2100mm×φ1.2mm Y60098911

予備のシフトケーブルをドロップバッグに入れておく。

シマノ CN-HG601 11S 116L ICNHG60111116

チェーンも交換かな。雨でかなりやられてサビサビになった。

新規購入・導入:ロードバイクアイテムリスト

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル

実は自宅で飲料水ボトルとして自転車用の保冷ボトルを使っているのだが、これがけっこう調子いい。

なんといっても、氷を入れてもボトル本体が結露しないことが良い。

というわけで、評判がいいキャメルバックの保冷ボトルを1本ほど追加しようと思っている。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 480 サイクル インナーウォーマ サイクルウェア[メンズ]

腹巻きかインナーウォーマーか・・・どっちか悩むが、こっちのインナーウォーマーにしようと思う。

手軽に装着できる。カイロのポケットもついている。とにかく寒いのに弱いので、準備する。

マウンテンロードバイク ヘルメット  サイクリング ヘルメット

実はいつもサングラスがうざいと思っている。汗でレンズ汚れるし、外すの面倒だし。

そこで行き着いたのがバイザー・シールド付きのヘルメット。このシールドはワンタッチでヘルメット本体に収納ができる。

必要なときにだけ、取り出しができる。汗拭く時や天候悪い場所などでも、ひょいとレンズしまえるわけ。

さらに交換レンズが3枚付いていて、オレの好きなイエローレンズもついている。

自転車 LED テールライト サイクルライト リア用 防水 YBC-5050

ヘルメットのテールライトが一つ壊れたので、こいつを使ってみようと思う。

とにかくRM1200kmは夜間走行の時間がけっこう長くなる場合がある。後方に対してのライトは非常に大切。

当然、ヘルメットライトは2個装備する。

まとめ

ラストチャンスコロラド、超ロングライドな海外ブルベは本当に楽しいが、用意は大変。

新規導入に関してヘルメットは、新規導入をした場合、今使っている古いヘルメットも持参する予定。

現地で実際に走ってみてから、どちらを使うか決定をする。

サングラスも複数持参して、ドロップへ入れておくしね。

というわけで、自転車周り、装備関連に関するリストでした。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする