ブルベ・ロングライドにも使える今買える!格安ロードタイヤ6本!

だんだん今年も寒くなってきました。昨日初暖房を付けてしまったYasuです。こんにちは。

今年のBRMは10月いっぱいで終了となる。11月12月がオフシーズンで、来年も1月1日からスタートするんだろうな・・・と、ふと思う。

オレ的にはここ数年オセアニアで戦っているので、11月、そして年明けの2月、3月は遠征だ。2017年のラストも11月のSMA(シドニー・メルボルン)1200kmね。




ロングライドで使える定番格安ロードタイヤ

ブルベやロングライドで使えるロードタイヤに必要な性能といえば、ロングライフだったり、耐パンク性だったり、重量などの携帯性であったり、色々ある。

その中で、オレ的に「経済性」というのは非常に外せない指標の一つ。

第一自転車用、ロードバイク用のタイヤって・・マジで高いと思う。もちろん数も出ないので、あのくらいの価格になるのはわかる。

しかし、バイクや車に対して、走行距離も短い、さらに1本5,000円もするとなると、全く経済性はよくない。

ウチなんか嫁さんと長女もバイクに乗っているので、交換となるといきなり6本だ・・・ウソー!

というわけで、そこそこ高性能、きっちりお財布にやさしい定番ロードタイヤで格安で購入できるやつをチェックーー!値段の高い順。

CRCとアマゾン価格も合わせてチェックね。

Continental Grand Prix (グランプリ) 4000S II ロードタイヤ

Continental Grand Prix (グランプリ) 4000S II ロードタイヤ

ブルベの定番グランプリGP4000。なんかのアンケートでは出走した方のかなりの台数でこのコンチGP4000だったということも

とにかく迷ったらGP4000だが、値段が結構良い価格。オレの場合グラベルキングとどっちにするか迷う。

Michelin Pro4 ENDURANCE V2 Road Tyre + Tube

Michelin Pro4 ENDURANCE V2 Road Tyre + Tube

超定番のミシュランPRO4エンデュランスがチューブ付きで1セット3,500円は破格じゃない?

Continental Gatorskin (ゲータースキン) ロードバイクタイヤ

Continental Gatorskin (ゲータースキン) ロードバイクタイヤ

こちらも耐久性や耐パンク性で好評なゲータースキン。ファンも多いタイヤ。

Michelin Power Endurance Road Tyres – PAIR

Michelin Power Endurance Road Tyres - PAIR

こちらもロングライド定番のミシュランパワーエンデュランスが2本で7,000円以下。CRCなら5,000円以上送料無料なので、これだけで送料無料ね!

Michelin Pro 3 Race ロードタイヤ

Michelin Pro 3 Race ロードタイヤ

まだまだ、その性能はお墨付きのミシュランPRO3が1本2,000円ですよ。これは買い。

数ヶ月前にも買っておいたけど、残り2本になったので、今回も買っておく。この価格ならマジでダントツおすすめよ。

カラーはブラックとレッド。オレはレッドね。

Michelin Lithion 2 ロードバイクタイヤ

Michelin Lithion 2 ロードバイクタイヤ

これは、メッチャ安でしょ?リチオン2がこの値段で買えるのなら、ちょっと数本買っておくのはかなりいい。

25Cの在庫も残っているので、25Cがほしいなら、こっちね。PRO3は23Cしか残っていないから。

PRO4エンデュランスの半値以下というお買い得価格。お手軽ロングライド、ブルベ、練習にもってこいのタイヤ!

まとめ

この中で一押しと言えば、とにかくミシュランPRO3と思う。

しかし、残念なことに25Cの在庫がないことだ。25C黒の在庫があれば10本くらい買っちゃいそう。

リチオンもいいな。とりあえずおさえで2本程度買っておくと、困ったときに助かるかも。

今シーズンも、もう終了だけど、ブルベは11月になると、来シーズンの予定やエントリー受付が始まるから、いまからそわそわしよう!

ブルベ・ロングライドにオススメのクリンチャータイヤ5本【2018年度版】
ブルベ、ロングライドに適しているタイヤとはどのようなものだろうか。 今、オレが国内外でブルベに使っているタイヤはパナレーサーグラベルキング...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする