【1000kmブルベ】ブラックバーンサドルバッグのグッズ一覧

岡山1000kmで、補給失敗DNFのオレですが、今回荷物の重さ、フレームバッグやサドルバッグの重さがけっこうヤバかった。一体何持つとこんなに重くなるのか?

反省の意味を込めて、また同じコトを繰り返さないためにもサドルバッグの中身をちょっと検証してみる。こんにちはYasuです。

サドルバッグ化大容量だからといって、なんでもかんでも入れればいいというものではない。学生のキャンプツーリングじゃないんだから。

というわけで、何も考えずに詰め込んだトータル3kgのサドルバッグ。ちょっと笑ってくれ。

BRM608アルプス富士1000kmは100kmでDNF【お粗末!補給ミスでDNF】
なぜか完走できるイメージのわかなかったBRM608アルプス富士1000kmは100kmでDNFという、箸にも棒にもかからないようなヒドイ結果...




サドルバッグトータル重量は2.94kg

  • 重量:500g
  • サイズ:L185mm X W165mm X H460mm
  • 容量:11.0L
  • 大容量シートパック
  • 取り外せる防水スタッフバッグ
  • 荷物に合わせて容量を簡単に変更できる

非常に使いやすいブラックバーンのサドルバッグ。防水スタッフバッグは完璧な防水を実現してくれる。しかし・・・

このブラックバーン アウトポストシートパックがパンパンですよ。マジか。リアドローコードもいっぱいいっぱい。余裕なし。ここまで詰め込んだのははじめてだ。

一体何が入っているんだよ。テント?シュラフ?

ブラックバーンサドルバッグの重量を測ってみると・・・おいおい、約3kgじゃん。まじかよ。

というわけで、DNFのため使わなかったサドルバッグの中身を取り出してみて、サドルバッグ本体の重量をチェックしてみよう。

サドルバッグ本体の重量は550gとなっている。ちなみにキャットアイのテールライトを取り付けた状態だ。

テールライトはテールライトに関してリフレクターに言及をしていないようだが、もし海外行く場合はテールのリフレクターはマストね。オーストラリアやアメリカは必ず必要だったよ。

サドルバッグに入っていたブルベアイテムチェック

で、一体サドルバッグに何はいっているのよ。3kgも。というわけで、1000kmブルベとはいえ、おもすぎるサドルバッグの中身をチェックした。くれぐれも真似しなようにし欲しい。

Protect J1 長時間持続型保護クリーム 80ml:61g

ひときわ激しい肌トラブルを起こすサバイバル系スポーツの必需品となっている。尻クリームね。このところシャーミークリームではなく、このジェイワンを使っている。悪くない。

乾燥、水濡れの悪環境下でも皮膚を長時間保護してくれる。ただ、塗った後数分乾かし、バリア作る必要あり。

TJARでは定番のクリームね。

↓TJAR知らなければ必見よ。ブルベが可愛いく感じる。

USB充電器・ケーブル・歯磨き洗面セット:170g

  • USB充電器
  • USBケーブル(マイクロ・Type-cなど3本)
  • 使い捨て歯ブラシ・ひげそり・耳栓・アイマスク
  • 日焼け止めクリーム予備
  • タオル

できればUSBの口は統一してもらいたい・・・モバイルバッテリーのマイクロUSB、ガーミンのマイクロUSB、スマホのTYPE-Cと最低3本必要になる。マジか。

モンベルサンダーパスジャケット:366g

サンダーパスジャケットは雨の日のお守り、寒いときの最後の砦。でもこいつも重たいな。

オーストリッチ輪行袋L-100:346g

輪行袋も重いな・・・フレームカバーとか入っているのを外そう。

着替えウェア1:600g

まずは着替え1つ目。内訳は・・

  • 長袖アンダーウェア×2枚
  • ソックス×2枚
  • 替えTシャツ×1枚
  • パンツ×1枚

着替えウェア2:880g

着替え2が880g。重すぎだろ。2つ合わせて1.5kgもある。こりゃダメだ。ちなみに内訳は・・

  • 半袖ジャージ×2枚
  • 長パンツ×2枚

やっぱり長パンツって重い。1枚270g位ある。ジャージも150g前後。

パンツを長パンではなく短パンにしてレッグウォーマーを併用すれば、かなり重量を落とせる。そもそも2日分ではなく1日分でやりくりすれば、相当軽量化できるな。

ジャージも種類によって数十グラムの差があるのよね。

まとめ

今回はAlpi4000対策として、2日分の着替えや荷物を持つとどうなるかチェックをしてみたが、やはり重たすぎ。やはり持てるのは1日分が良いと考える。

全部足していったら、ざっくり約3kgになった。

【1000kmブルベ】トピークミッドローダー・フレームバッグのグッズ一覧
岡山1000kmをあっさりDNFしてしまったオレですが、走る気満々、準備万端でのぞみました。しかし、今回はバイクが異様に重かった。20kg超...

まぁ、海外であれば輪行袋とエンド工具は持つ必要ないから、これはマイナスできる。

とにかく人間とバイクアイテムの減量ね。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする