PBP準備:長距離ブルべ・海外ブルべに適する腕時計を考える

長距離ブルべ、海外ブルべに適する腕時計をちょっと考える。

自転車に乗るうえで腕時計は必要かということに関して、レースなどではあまり必要がないでしょう。

しかし、見知らぬ土地を走る、そして距離もとんでもない距離になるブルべとなると、腕時計は時間をチェックするということを考えても、必要なアイテムになるでしょう。

今回のパリブレストパリを走るにあたり、こちらの時計を購入しました。

CITIZEN 腕時計 フォルコンスポーツタイプ 10気圧防水

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

必要十分。軽量。なくしても惜しくない1,000円。

しかし、そんな低価格に見えないほどよくできている。

シンプルなアナログ時計は時刻合わせが簡単

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

実は海外旅行に持っていく時計で大事なのは、この時刻合わせが簡単か・・・ということを重視する。

デジタル表示がある時計などは、ワンボタンでワールドワイド表示をしてくれるが、文字盤のほうは自身で合わせる必要があるだろう。

マニュアルがないと、今の時計って・・・時刻合わせも大変。

その点、このシンプルなアナログ時計なら考えることなくリューズを回すだけだ。これは非常に重要な項目と思っている。

きちんとした秒単位の時間はスマホでチェックすればいいのだから。

アクリルガラスは軽量、針が太く見やすい

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

カバーはアクリルガラス。このため非常に軽量だ。

電池が3年持つとのことだが、そんなに持ったらマジでうれしい。

表面の防護シールをはがすと、本当にアクリルかと思うほどきれいだ。

腕になじみやすくベルトはポリウレタン

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

ベルトは金属ではなく、ポリウレタン。

これが本当に軽く、そして適当なやわらかさとしなやかさで腕になじむ。

大きな文字盤、太い針はチラ見で時刻チェックが簡単。

「畜光付き針」とのことなので、夜も大丈夫だろうか。

海外遠征で高い時計はあまり意味がない。

ストレスなく、そして時刻を的確に理解できる視認性の良さ、なくしても惜しくないそのコスト、しかもつけていてカッコ悪くないフェイス。

そんな全てを兼ね備えている時計と思う。

そのバカでかいGショックより絶対にいいと考えます。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...

 

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする