ブルベの人は平均年齢高い方が多いから老後・今後のチェック!

記事はプロモーションが含まれています

ブルベをやっている方は、けっこう年齢高めの方が多いと感じる。若い方も散見できるが・・・ブルベの朝ブリーフィングに集まったところを見渡しても、なかなか平均年齢42歳とかかなー・・・なんて考えたりするよね。

そんな方が多いということは、ちょっとまえに騒がれテレビやネットでもたまに取りざたにされている「老後2000万円不足」問題は無視できないところではないだろうか。このネタを夫婦で話したことある?一人の方はじっくり考えたことある?

老後というのは基本的に「会社を退職」した時点を言うパターンが多いと考える。そー考えると、オレみたいな自営業系は一生現役の可能性が高いので、老後という言葉にピンとこない時もある。老後って何?・・・みたいな。

それでもサラリーマンを40歳の時に辞めてもうかなりの年月がたつ。もーすぐ20年だ。そんなオレの今までやってきたことや今後についてちょっと触れようかと思う。

ちなみにオレは1964年生まれなので来年で60歳還暦である。仕事は終了する(適当にやるけど)。元気なうちに遊んでおきたいw

オレのX(旧ツイッター)フォロワーの方は知っていると思うが、このところ2週間とか1ヶ月単位であちこち出かけている。9月は丸々北海道、11月は四国九州台湾・・・

というわけでいつものように・・・コイツ大丈夫かw・・・なんて感じで笑ってもらえればうれしい。

借金は作るな・ローンは早めに返せ

オレは年が明けて2024年4月には60歳で還暦なんだが(遠い目)・・・現状借金はない。家のローンもずいぶんと前に終わった。車のローンとか毎月払う保険代とかもない。すべて完了してる。年明けすぐ4月に60歳なので国民年金の支払も終了だ。

車も日常の足は軽だし、ずっと乗っているキャンピングカーは22年目に突入をした。買い替える予定なし。

今毎月払っているなんて・・・光熱費とか食費とか税金とかは別にするとアマゾンとか、このサイトのレンタルサーバー代1000円とか、そんなもの。子供も成人したので大きくかかるものもない。つーか自分で稼いでいるし。

まじで車や家やでっかい買い物のローンが無い。これは本当に楽だ。投資に回すことができる金額が増える。

とにかくこんな情勢だ。でっかい借金をするのは考えよう。またローンがあるなら、できれば早めに終わらせるとか、なんとかすると良いと考える。

年金なんてとうの昔からアテにしていない

サラリーマンをやっている時から年金なんてアテにしていなかった。そもそもそんなものがオレの年代で出ること自体奇跡だろ?

それが自営業で国民年金なら、ホントもらう額なんて雀の涙よね。

年齢 支給率 年間年金額 月額年金額
60歳 70% 545,510円 45.459円
65歳 100% 779,300円 64.942円
70歳 142% 1106.606円 92.217円

↑ぜんぜんあかんw

たぶんオレは65歳まで待たない。60歳からもらい始める可能性大だ。年が明けたら年金事務所行こう。嫁さんのと合わせて月額9万円。サラリーマン20年弱やったからちっとは厚生年金もあるのかな?

10年待ったらもらえるものも貰えないかもしれないから。ただ、年金繰上げ支給にはデメリットも有る。以下のような制約が生じる。

  • 障害基礎年金を請求することができなくなる
  • 寡婦年金が支給されない。既に寡婦年金を受給していても権利がなくなる
  • 65歳になるまで遺族厚生年金/遺族共済年金が併給できない

なので、自分が国民年金をもらえる年齢に行くまでゆっくり考えておこう。ただオレのスタンスとしては、もらえる可能性があり、その権利を使えるならすぐに使う予定。 もらえればラッキーって感じ。

10年後を予想して行動をする

大雑把ではあるが10年後を予想して行動することをしている。妄想ではしょうがないが現実的なヤツを考えて、その場の判断をするのは悪いことではない。

たとえば・・・コレ買っていいか?とか、コレ契約していいか?とか、コレ辞めちゃっていいか?とか、コレ行っていいか?とか、ハンコついていいか?とか・・・などなど枚挙にいとまがない。

特にロードバイク3台持っているのに、120万もする新型デュラのカーボンロード考えるなど愚の骨頂である。

10年後を考えると、まず一番に考えるのは健康。そして家族のありかた、財政など。

オレも10年後は70歳とかなので、たぶんブルベは走っていないだろうな・・・なので今後走るかもしれないRMは本当に大切になっている。

家族を大切にする

結婚して家族いる人も、独り身も、親同居の方も、とにかく家族を大切にしよう。

オレもまじで嫁さんと子供を大切にしている。プライオリティオーダー断トツ一番が嫁さんである。嫁さんが楽しく、生き生きと過ごせることを一番に考えている。まじで。

これで家族はだいたいうまくいくと思うよ。

独り身の人は、まー自分勝手でもいいかもね。

健康とは?

健康に関して、人それぞれ考え方は違うだろう。

オレなんて休肝日一切なしのヤツなので健康について語るのはアレだろう。

それに付け加え、40でサラリーマンやめてから健康診断一切していない。なので当然薬などは一切関わっていない。記憶にある限り飲んだ薬はカゼ薬とか胃腸薬(ブルベ時のみ)程度。あとはウコンの力(呑み会)とか眠眠打破(夜ブルベ)とかw

ちなみに注射の類は20年レベルで皆無だ(歯医者で麻酔をした程度)。もち無意味なマスクも3年前からしてないしカゼもひかない。

まー400kmを20時間程度でなんとか走れるから大丈夫じゃね?くらいにしか思っていない。ダメになったらそれが寿命だと考えているし、動ける時間をできるだけ長くしたい。

というわけで・・今後も医者・医療にはできるだけ、そして自分からは近づきたくないと思っている。行くのは歯医者のクリーニング程度。良いか悪いかはわからん。答え合わせは10年後な。

投資・貯蓄をしておく

なんかの統計で各年代におき3割近くの人が貯金なしと答えていた。マジか。それヤバイだろ。

ウチはとりあえず貯金はそれなり。

あとはそこそこ投資に回すというスタンスを取っている。貯金なんかじゃ金は増えない。前述のように家のローンとかがとっくに終わっているので投資に回せる額が増やせる。

具体的には嫁さんと子供達の「積立NISA」満額×3人分にオレがiDeCoほぼ満額6万円に積立ビットコインを1日1000円とか。これで1ヶ月20万円弱くらい投資してる。どうよ?

40歳位ならまだ問題なく間に合う。60歳まで20年あるだろ?「iDeCo」でも「つみたてNisa」でもはじめられるでしょ。

「iDeCo」とか「つみたてNisa」とか知っているよね?ナニソレオイシイノ?とか言うヤツはやばいと自覚しよう。

まずは少額から行こう。ココでポイントは知っているだけと、実際にやっているのでは大きな違いがあるということだ。1000円でも5000円でも自分の金を使って投資するのは本当に意味があると考えるよ。

あとオレは株をちょいと持っていて・・・「配当金」をちょっとしたボーナスくらいの金額を毎年もらっていたりする。

それと年金系保険が60歳から70歳まで振り込まれる。たしか月に12万ちょいだったかな(年150位)。これにそこそこの年金を貰えれば60歳から年300万超える。あとはちょい仕事して年500万に乗せれば年2海外旅行くらい可能かもね。

というわけで・・60で仕事辞めて遊びたいヤツは上記の10年後を予想して行動し借金を完済し投資・貯蓄しておくと良いと考える。

ちなみにオレの「iDeCo」は・・・実ははじめたのは2020年のちょうど3年前。前述の年金系保険が70歳で終了するので、それのバックアップ。

毎月6万円を現時点36ヶ月で元金200万ちょいになっている。この記事書くのに先程久しぶりに見たら、運用利回り16%以上で損益+60万円以上だった。悪くないじゃん。70歳まであと10年。元金1000万円が複利込みで1500万くらいになっていたら御の字だな。

ところで、そこそこ年齢の若い連中(具体的には35以下)は・・・投資や貯蓄もそうだが、まずはなんといっても自分に投資だろ。

↓積立NISAとか投資がちんぷんかんぷんの方はぜひこちらを

ぴあ
¥1,430 (2024/07/19 14:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

生命保険は絶対に見直せ

ブルベやっている人は、ちょっとあぶないことをやっているので、保険はけっこう大事だったりする。

しかし、その生命保険が「生保レディのいいなり」や「会社の付き合い」で入った保険だと、かなり負けているはず。これは絶対に見直したほうがいい。人生大損だろう。

オレは会社辞めてすぐに生命保険を見直した。大体において40歳位で「がん」とか「先進医療」なんてまだいらない。まぁ、年齢高くなると入りづらくなるのは事実だが。

なので、見直した時点で加入し直し。医療とガンはパス。いらん。

そこで「変額保険終身型」というものに入り直した。こいつは年額で約30万弱を10年払って終了。ずいぶん前に最後の支払いを完了した。トータル300万ちょいの支払い済み。で、保険料の支払いは今後一切ない。終身で死亡500万。

支払ったお金を変額で運用をしているのだ(オレじゃねーよ、保険会社がね)。ようは投資信託。それがずっと続く。80歳で解約、もしくは死亡で約1000万円以上返ってくる予定なので嫁さん、子供にもちょい残せる。

数倍になって返ってくるからまーまーでしょ?タンス預金や銀行じゃ1円も増えないからなー

生命保険もモノによっては、そこそこのパフォーマンスを出すヤツもある。この変額保険終身型も保険見直しの時に担当の方から教えてもらいオススメしてもらった。

さらに90歳位までなにも触らなければ複利で増えるようで、数千万くらいになるようだ。ここまでくればかなり子どもたちに残せる。まー、その頃どうなっているかわからんけど。デノミでもおきたらアウトだけどね。

それと前述の年金系の保険も入っているので、こいつも60歳から支給が始まる。この支給と国民年金と配当で、60歳から(働かなくても)最低限の生活を送れるようには・・してあるので仕事も終了。

でもいつものように問屋は卸してくれないだろうかw

まぁ、大事なのでもう一回繰り返すが、「生保レディのいいなり」や「会社の付き合い」で入った、自身が理解できていない保険は絶対見直せよ。まちがいなく割り勘負け・・・じゃない、もっと良いお金の使い方があるはずよ。

蛇足ではあるが、入っている保険屋の方から「保険組み換え」とか「契約の転換」の話が来たら、悪いことは言わない絶対断れ。そして自分の保険について再確認しろ。こいつも具体的には「現在の保険を転換して保障を充実させませんか」ってすすめられる。CMでもやっていたでしょ?「組み換え・転換」提案が来たということはあなたの保険は優良な契約内容で、保険屋にとっては分が悪いヤツだということ。

ついでに余計なお世話だが、自分で保険内容がわからないならプロに相談すると良いので上記の保険相談は悪くない。ところでなぜ相談が無料か知っています?お客さんにとって良い保険に乗り換えてくれれば、そのマージンが入るので相談は無料でもプランナーさんは利益が出るのです。だからプランナーさんも乗り換えてもらうため、現状よりも有利で良い保険を提案する必要があるのです。

まとめ

安心してブルベを走れるように、生活設計や老後のことをちょっと考えるのは悪くはない。つーか考えよう。

保険にしても投資にしても貯金にしても、いちばん大切なのは時間。そう時間軸がけっこう大事。なのでオレは40歳(2004年)の時に変えた。ホント変えておいてよかったよ。あのままだったらボロ負けだった。

あとは投資。もちろんリスクはある。しかしタンス預金では何も増えない。ならリスクを取って増やしたいというのがオレの考えだ。すすめはしないけど。

年末ブルベや自転車に乗らない人は、この機会を使い、ちょっと今後の生活や展望について考えてみてはどうだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (11 人の評価, 平均: 4.18 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?