ブルベ初心者がやりがちな9つの痛いミス・失敗

ブルベ初心者、いえいえ、もちろんかなりの回数ブルベをこなしてもミスや失敗はやるものです。

特にブルベはその距離や、走っている時間を考えると、一つのミスや失敗、忘れ物等が、のちのちボディーブローのように効いてきます。

後悔役立たずのYasuです。こんにちは。

あなたも、いろいろとブルベでの失敗やミスはあるかと思います。そんな痛い経験をちょっとチェックしてみましょう。




忘れ物

なんといってもブルベの失敗、ミスの筆頭といえば忘れ物でしょう。オレも過去に色々な忘れ物をした。

バイクのベルやライト関連、さらにはドリンクボトルなども忘れ物の筆頭と言える。あとシューズ。シューズ忘れはかなり痛い。

オレも未遂に終わったが、シューズは絶対に忘れてはいけないモノ。ヘルメット忘れであれば、最悪現地で調達は可能かもしれない。しかし、シューズはキビしい。

忘れ物しないように、自身の持ち物チェック表などできちんとブルベ用品は管理するとよいだろう。

ブルベのこれまでやらかした8個の忘れ物! 【ブルベ備忘録】
ブルベのこれまでの忘れ物について備忘録。さすがに4年もブルベ走っていると、色々と忘れ物はするようだ。 皆さんこんにちは。Yasuです。 ...

雨・寒さ対策

ブルベ走る上で、暑さに関して言えばぶっちゃけウェアを脱げばいい。もちろん上記のドリンクボトルを忘れるなどはヤバイが、最悪ペットボトルなどでなんとかはなるだろう。

しかし、雨や寒さ対策はアカン。そくDNFに直結するミスと考える。それよりも危ないよね。雨や寒さ対策を失敗すると。

過去に天気予報の晴れを信じて雨具を捨ててきた。午後に土砂降りになり最寄りの駅からたくさんのDNFを見送ったというのもある。

まぁ、オレは天気予報は全く信じていないので、しっかりとレインジャケットを持っていたのは言うまでもない。

しかし、毎回寒さ対策に関しては、どのくらいまでやればいいのか迷うところだ。特に海外。

日本の寒さ対策は、とりあえず何も考えずでもコンビニに飛び込めばなんとかなるとの算段がある。しかし、海外だとそうは行かない。

特に陽が落ちるとジェットコースターのように下がる気温はマジで怖い。毎回この寒暖差の激しさは追い詰められるよな。

なので、毎回過剰とも思える寒さ対策を持参するが、そんな時に限って酷暑だったりもする。

コースミス・コースアウト

ブルベ走りはじめの頃、よくコースミスをやった。ガーミンを見ないで延々とストレート走り続けてミスコースすること5kmとかね。

ブルベも経験を重ねると、よく脇道などがあると・・うん?これはアレな道だよな・・・と思い視線を落とすとガーミンが左折指示してるとかね。

やっとこ、このところコースミスもずいぶんと減っては来たが、過去にはでっかいコースミスやPCふっとばしなどをやってDNFに追い込まれている。

なので、いつもコースミスには最新の注意をはらい、現在はガーミン2台体制で最大の防御をしているのだ。

ブルベでオススメのGPSはガーミンGARMIN Etrex20という6つの理由
ブルベな皆さん、こんにちは。来週はコロラド遠征がひかえているYasuです。 さて、ブルベで皆さんはどのようなGPSをお使いですか? やは...

サイン忘れ・レシート忘れや失くす

オレはコンビニでレシートを貰うと、必ずブルベカードにテープで貼り付けるようにしている。ホントブルベ走り始めた初心者の頃からやっている。そう、絶対にレシート失くすからだ。コレをやり始めてレシート無くしは完璧に防いでいる。

しかし、さらにダメなことは何回かレシートもらい忘れとか、チェックもらい忘れとかもある。

特に海外ではお店の人にサインもらったりするのだが、買い物だけしてサインもらい忘れ未遂が数回ある。

ブルベって走ること以外、やることが多いのよね。なので失うことやミスすることも頻繁だ。致命的なミスはしたくない・・・

補給失敗・ハンガーノック

いつもブルベでは・・補給食はけっこうな量を持ち歩いているので、ハンガーノックの経験はとりあえずない。これは海外を重視してのことなので、食べ物なくなるのは命に関わるから。

海外は補給するところが100km単位で無いなんて普通にざらにある。30kmごとにコンビニがあるなんて日本だけよ。というわけで、最低でも500kcalくらいの補給食は持っている。

ハンガーノックはないが、1度補給失敗がある。岡山の1000kmで水がなくなってDNFした。これは本当にうかつだった。キャメルバッグの容量を過信したのもそうだが、水補給に関してかなり甘かった。コレ以来、ドリンクボトルや水補給に関しては、すごい気を使うようになった。

脚を使い切る・終わる

まぁ、貧脚が脚が終わっているのはいつものことなので、使い切ることも毎度のコト。

それがスタートして最初の登りとかだと、お先真っ暗。それでも走るのがブルベだ。

またミスコースや失敗(落車)などの時間取り戻し系による脚は使いたくない。ホントこれは精神を追い詰める。腹も痛くなる。

日頃からのトレーニングがモノを言う場合もあるが、できればゴールまで脚は残しておきたいよね。帰還のことや次の日のことを考えると。

睡眠不足

睡眠不足はあかん。

絶対に避けたいことだ。特に年齢も50を大きく超えてくると、いろいろと辛抱が効かない。

眠気はホントまずい。落車、居眠り転倒にもつながるし、実際に居眠りで転んでいる(岡山1200km)。

あと、睡眠失敗による不調で胃炎起こして2015年PBPは900km手前でDNFに追い込まれた。

ブルベの戦いは走り始める前からはじまっている。ブルベ初心者だろうがベテランだろうが。特に前日の使い方は特に大切。飲み過ぎ注意だ。w

天気予報を信じる

ブルベやっているヤツで天気予報を信じる人がいるのか?ブルベ初心者を自認しているあなたは、絶対に天気予報など信じてはいけない。

ブルベ前日の天気予報は・・・晴れは雨。曇りも雨、雨はもちろん雨で100%間違いないだろう。そのくらいの強い気持ちで行けば、ほぼ心のモチベーションはバッチリよ。

「曇のち雨」が、ゴールまで雨降らないかな・・・そんな考えはきっぱり捨てよう。スタートからゴールまで、ずっと降雨ですよ。それ。

特に九州のブルベやヘブンウィークを3回も走っていると天気予報にすがることはきっぱりと捨てている。いつも雨で向かい風はお約束ね。

雪が降っていない、もしくは台風でないだけマシと思えって。

悪いことは言わない。ブルベで雨ならDNSしとけ
梅雨の季節が来ると、週間天気予報が非常に気になります。雨が降る中を走るロードバイクほど楽しくないものはありません。ほぼ修行の様相を今回も呈し...

平均時速20km/hで計算をする

これはアカン。かなりアカン。机上の空論はなはだしい!

ブルベ希望的観測でも平均速度20km/hはありえないって。よく考えろよ。

その初日の340kmは17時間で行かないって。どう考えても21時間だよ。絶対。そう・・到着は23時じゃなくて深夜3時よ。

平均速度20km/hで計算していいのは晴れの日の200kmブルベのみ。

そう、100kmを6時間切れるようがんばって走ろう!

まとめ

ブルベって走ること以外にやることやこなすこと、準備すること、用意するモノが多すぎる。

なので、いろいろ考えることが多く、またタスクが多数ある。ブルベ初心者だとなおさらだろう。

ただ、スタートラインに無事立つことができれば、半分くらいは達成していると考える。ミスや忘れ物はスタートまでのヤツが多いから。

スタートしてから忘れていけないのは「ブルベカード」「スマホ」「財布」ね。あとコレにオレは「カメラ」。胸から下げたブルベカード入れ、バックポケットに左から財布、スマホ、カメラ・・・をチェックするのはルーチン。忘れてヤバいヤツはルーチン化しよう。

ブルベは失敗とミスとの戦いよ。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする