まだコマ図で消耗してるの?コマ図なんか使わない9つの理由

ブルベでルートを確認する時にキューシートやコマ図を使う方もたくさんいるでしょう。

あなたも使ったこと、またコマ図ホルダーなるものをプラケースで作ったり、作ることを考えたりしたのではないだろうか。

ちなみにオレはコマ図を使ったことはない。なんで使わないの?




そもそも走りながらコマ図なんて見られるのか?

キューシートもそうだが、コマ図も・・・図と言いながら、文字としてかいてある情報が多すぎる。

あんな小さな文字走りながら読めない気がする。「右」とか「左」とか1文字ならまだしも・・・右角にコンビニ、左折、国道256号線・・・とか、わからんだろ。

さらに、区間距離とか、積算距離チェックなんてオレにはムリかな。

コマ図がたくさんあって、どれが現在位置かわからん

コマ図をキューシートのように1枚で見ると、現在位置がどこにいるかさっぱりわからない。

サイコンとの距離を合わせて見ると、本当にどこにいるかわからなくなる。

コマ図ホルダーを作るのが面倒

キューシートのように1枚紙ではなく、ロールのようにコマ図を巻き取り、それを箱に入れて巻き送りのような形にするデバイスを見たことがある。

そう・・・みんな、コマ図ホルダーとかをプラ箱などを利用して作っているが、まじでスゴイ。オレには絶対にできない。

こまずホルダーを作るのもスゴイが、いろいろとバージョンアップしているのもびっくりだ。

コマ図ホルダーに入れるロールを作るのが面倒

さらに面倒なのがコマ図ホルダーに入れるこまずロールを作ることだ。

当然ながら、コマ図ホルダーがあるということは、その中にトイレットペーパーのようにコマ図を順番に追えるようロール紙状態にする必要が出てくる。

エクセルかなんかでコマ図を作り、さらにそれをプリントアウトして、自身のコマ図ホルダーに合うようなサイズで出力、整形をして、トイレットペーパーにするんだろ?

マジか・・・

オレにはムリすぎる。

トラブルが起こるとどうにもならない

けっこう問題なのがコレ。コマ図ホルダーってトラブル起こる予感がプンプンしている。雨に濡れてロール紙がちぎれるとか、回転部が引っかかって先送りできなくなるとか・・・

で、一回トラブル起こるとコマ図ホルダーは取り返し効かないでしょ?まさかコマ図ホルダーの予備もつヤツもいないだろうし。

これがガーミンGPSなら2台持ちは普通にできるし、それぞれのGPSに違う表示をさせることで情報の分散をはかることもできる。冗長化できるわけね。

とにかくコマ図にコマ図ホルダーはトラブルの最大の温床のような気がしてならない。

まったく安価でない

よくコマ図は安く上がる・・とか、ガーミンGPSを購入する予算がない・・などと聞くが、そのコマ図のプリントアウトと整形とトイレットペーパー作りと、コマ図ホルダー作りでどのくらい時間かかってんの?

時間がかかる割には、メリットがあるのかと言えば、あまりそうは感じない。

一番かかる経費は人件費だ。ルートの基本がキューシートであれば、キューシートを追いながらGPSデーターをチェックしたほうがよい。

フォーマットが統一されていない

キューシートでも言えることだけど、コマ図もフォーマットが統一されていないことが、使うことをためらう。

たとえば、右折は「R」、左折は「L」などで世界統一してくれるとうれしかったりする。

PCは赤とか、色の統一もうれしいと思うのだが、どうよ。

とにかく統一されていないフォーマットのものを使うのはかなり大変なので、トラブルのもとを使うことはしないようにする。

ハンドル上の一等地に場所取りすぎ

コマ図ホルダーとか・・・情報量が少ない割にガーミンGPSの2台分くらいの土地を取りやがる。これはアカン。

そして見やすい位置ということを考えると、本当にハンドルの一番いい場所につける必要がでてくる。そこはガーミン先生の場所だって。

あのでかい、アナログチックなプラケースがコラム上とかハンドルの一番いい場所に陣取ることは困ったことよ。

キューシートなら、ラミネートしてバックポケットでいいけど、コマ図はそうはいかないから。

一発ミスコースしたらキビしい

サイコンの距離とコマ図の距離が連動をしているはずなので、どこかでミスコース1つしたら、距離がめっちゃ狂う。

これはイタイ。

ミス1つでサイコンとコマ図の距離が合わなくなると、その分を頭に入れて、計算しながら走る必要がでてくる。さらにミスを誘う。

やっぱりオレにはムリかな。

まとめ

キューシートはいずれにしても必要と思う。

しかし、コマ図はその大変さや、面倒さ、苦労する割にはトラブルをさらにかかえそうで、オレは絶対に使うことはない。

どう考えてもGPS×2台とキューシートラミネートが一番。

ルート作成者の意図をコマ図から読み解きながら進む系の競技やイベントなら、コマ図は大いにありと思う。しかし、ブルベみたいに普通の道をルート通りに走るなら、コマ図はトラブルのもと・・・間違いなくGPSが一番使える。

GPSのほうがミスが少ないし、またルートを用意するのに一番時間がかからない。コマ図準備する時間あるなら、他の時間にアテたい。

さらにきちんとGPSを使いこなし、使い込むことで、海外でのトラブルが大幅に減る。海外でコマ図は(オレは)ありえないからな。

というわけで、コマ図をディスっているわけではありませんので、そこはよろしく。

まだキューシートで消耗してるの?キューシート使わない6の理由
あなたはブルベを走る時にキューシート使っていますか?初めてのブルベ走った時、キューシートがよくわからなく混乱していたYasuです。こんにちは...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラドなどRM1200kmを7本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ako より:

    質問があります。キューシートからルート作成する方法について検索したいのですが、うまくヒットしません。具体的に書いてある記事ありますか?お時間のあるときにおしえてください。