ルームランナー・ウォーキングマシンを購入したのでレビュー

ブルべもないので連日ローラー台でロードバイクは走っている。先日某海岸にキャンカーで車中泊を楽しんできたが、とりあえず何も問題は起きなかった。

ロードバイクで走っている方も多数見かけて、とてもうれしかった。それでもコロナに頭をやられた方がどこにいるかわからないので、やはりロードバイクはちょっと怖い気もしたことも事実ね。

プロ野球も開幕して、もうすぐ観客もいれるのだがブルべは再開はまだ2カ月後と自粛さなかなので、ウチはトレーニング幅を広げるためルームランナーの購入に踏み切った。特別給付金入ったしね。

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

出典:アマゾン

  • 本体サイズ 展開:幅68.5×奥行138×高さ108.5cm
  • 折畳:幅68.5×奥行88×高さ118cm
  • 梱包:幅72.5×奥行146×高さ25.5cm
  • 本体重量:約39kg 梱包重量:45kg
  • 消費電力735W,最大消費電力1100W
  • 材質 :本体:スチール; ホイールカバー:ABS ;メーター:ABS ;ベルト:EVA
  • 付属物:工具一式、安全キー、AUX端子用接続コード、説明書

購入したのはこちらのロームランナー。一般的なルームランナーと思える。

アルインコの16km/h可能なマシンがほしかったのだが、オレが購入する時点で1か月待ちになっていた。あかん。

というわけで、こいつになったワケだ。

ベルトのスペースは405mm×1100mmとなっていて10km/h程度のスピードなら全く問題なし。最高速である16km/hはまだやっていない。

つーか、10kmレベルが余裕で走れるように最高速は大きめにあるとうれしいというマージンよね。

ルームランナーの選び方とチェックポイント

ルームランナーはかなり大きい。ざっくりとタタミ1畳のスペースは最低でも必要と思えば間違いない。

ちょこっとルームランナーの選び方を見ていこう。

ルームランナースペースは畳1枚

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

出典:アマゾン

ウチのルームランナーはこのくらいに大きさになっている。

折り畳みにはなっているが、折りたたむことはないだろう。そもそも出しっぱなしにしておかないとやらなくなるよ。

スピードは16km/hあるとよい

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

出典:アマゾン

通常ルームランナーとして走るなら10km/h出ればかなり速い。そのスピード4時間維持できればサブ4も夢ではないw

アシストバーをもって早歩きできるのは6km/hくらいだろう。夏季にこのスピードで10分もやっていれば汁ダクダクよ。

この6-10km/hの常用を安全に余裕を持って走ることができる設計と構造、モーターの余裕がほしいので最高速は16km/hモデルを選んだ。

何事も余裕は大切。

走行面の広さ

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

出典:アマゾン

速度16km/hでるルームランナーの標準的なサイズが40cm×100cmくらいになる。アルインコのヤツもこのくらいだった。

この走行面スペースがあれば10km/hは安全にジョギングできる。

モーター消費電力

ウチのBTMルームランナーを購入する際、最後まで躊躇したのが、このモーターの消費電力。

かなりでかくて消費電力735W,最大消費電力1100Wとなっている。ちょっとしたでかいエアコンが回っている感じ。

家族4人で乗っているので、かなりの時間動いていることになる。ちないにアルインコのルームランナーモーター消費電力はこの半分くらい。

ルームランナーの使用時間が長い場合、このモーター消費電力はチェックすると良いだろう。

本体重量

対応スピードが速くなると、当然ルームランナー本体の重量が重くなる。ウチは2階に設置なので、2人で搬入できる最大サイズでこのモデルになった。

本体重量が約40kgだ。たぶん60kgとかなると家族だけでは搬入むずかしい。

ホームセンターとか電気屋さんが、すべて搬入してくれるなら、それもいい。

しかし、ルームランナーの本体重量がきいてくるのはマシンを撤去するときだ。この時点において家族で撤去できないとまずい。

ルームランナーほど壊れて面倒なものはない。なので、家族の大人2人で搬入、撤去ができるのはマストね。

できれば撤去するまで梱包材は確保しておきたい。ウチはガレージにたたんでしまってある。

ルームランナーおすすめ3モデル

現行のルームランナーで16km/hは出る、さらにお買い得価格のマシンをチェックしてみよう。

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

BTM 電動ルームランナー 最大MAX16km/h

出典:アマゾン

  • 本体サイズ 展開:幅68.5×奥行138×高さ108.5cm
  • 折畳:幅68.5×奥行88×高さ118cm
  • 梱包:幅72.5×奥行146×高さ25.5cm
  • 本体重量:約39kg 梱包重量:45kg
  • 消費電力735W,最大消費電力1100W
  • 材質 :本体:スチール; ホイールカバー:ABS ;メーター:ABS ;ベルト:EVA
  • 付属物:工具一式、安全キー、AUX端子用接続コード、説明書

とりあえず一押し。ウチのマシンと同じヤツ。サイズ感もお手頃。ネックはどのくらい持つかという品質と無駄に消費電力高いモーターかな。

アルインコ 90分走行 プログラムランニングマシン時速10km

ALINCO(アルインコ) 90分走行 プログラムランニングマシン

出典:アマゾン

  • 材質:スチール、ABS、PVC
  • 速度調整幅:1.0~10.0km/h
  • ベルトサイズ:400×1100mm
  • 連続使用時間:90分
  • 使用体重制限:100kg
  • 電源:AC100V(50/60Hz)
  • 折りたたみ時:W67×D68.5×H132.5cm、本体:W67×D143×H121cm

アルインコの10km/hモデル。信頼性が高いと思わせるのが連続使用時間が90分というところ。ベルトサイズ:400×1100mmで十分。

アルインコ 90分走行 プログラムランニングマシン時速16km

ALINCO(アルインコ) 90分走行 プログラムランニングマシン

出典:アマゾン

  • 本体:W71×D143×H120cm /折畳サイズ:W71×D82×H127cm
  • ベルトサイズ: 400×1,100mm
  • 速度調節幅: 1.0-16.0km
  • 連続使用時間: 90分
  • 耐荷重量: 100kg
  • 傾斜角度: 3段階(0°, 1°, 2°)
  • 電源: AC100V 50-60Hz
  • 消費電力: 370W

一押しのルームランナー。できればこれがほしかった。モーターの消費電力も非常に低い。

ルームランナー開封の義

ルームランナー

このような感じで運ばれてくる。1階ガレージにとりあえず置いておいた。

ちなみに配送業者さんは2階までは運んでくれず、玄関、もしくはガレージまでであった。

ルームランナー

ルームランナーを運ぶ場合はとりあえず箱から出した方が良い。そのほうが持つところが多数ある。

箱だと持ち方限定されるし、階段上がるのは大変だと思う。また梱包材と同梱物でもかなりの重量があるので、箱から出すことおススメ。

ルームランナー使用感

ルームランナー

部屋の設置場所にルームランナーを置いてしまえば、後は簡単。同梱のボルト数本でフレームとアシストバーを固定すれば完了。

ACコンセントに電源をつないでメインスイッチを入れればランニング準備OK。

ルームランナー

メインメーター部にはボトルホルダーやUSB電源、イヤホンジャックなどが装着されている。

メーター前にはタブレットが置けるようになっていて便利。

アシストグリップにはメインスイッチやスピードアップダウン、両手の金属接点を握ることで心拍数などを計測できる。

というわけで、ただいまルームランナーは家族全員が乗って走っている。モーターの商品電力がでかいがアルインコよりも15,000円ほど安いので、かなり良いかと思うよ。

まとめ

今だブルべ再開がされないようなので、ルームランナー歩く筋肉作り、素振りで上半身鍛えてゴルフトレ。その後ローラー台というルーチンしてる。

プロ野球も開幕、Jリーグもメジャーも開幕秒読みなので、SR600あたり解禁していただけるとうれしいよね。

世間がすべて自粛解禁しないとダメなのかな・・・

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。コメントも大歓迎ですー!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 人の評価, 平均: 4.20 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?