ブルベ装備・アイテムリスト【2019年版 200km】

ウチのブルベ装備の備忘録です。ぜひ参考にしてみて下さい。




200kmブルベの装備

アイテム 概要・目的 重要度
サドルバッグ 基本はオルトリーブのサドルバッグ。頻繁に使用をしないアイテムを入れる。
トップチューブバッグ トップチューブに装備する振り分け型セパレート型バッグ。左側にはモバイルバッテリーとアーレンキーのセット。右側には日焼け止め、リップクリームなどを入れる。よく使うアイテムを入れる。
スタッフバッグ サドルバッグ内の荷物を分けるために使用。
サコッシュ DNF時の輪行をする際に荷物をまとめ背負う。またお土産を入れたり、お泊りブルベで食料などを買った時に入れる。
ドリンクボトル 暑い時は2本。涼しい時は1本。
ツールボトル 予備チューブ×2本、パンク修理キット、タイヤブート、予備ブレーキパッド、コンパクト・ツールなど。ドリンクボトルが1本の時はシートチューブ側ケージにさす。養生テープでフタを固定する
輪行袋 オーストリッチの軽量輪行袋。基本ボトルゲージにさすが、夏場などはサドルバッグへ入れる。エンド工具も忘れずに
携帯ポンプ エアーケージの付いているフロア式の携帯ポンプ
フロントライト フロントライトは必ず2本。
テールライト テールライトも必ず2本。車体にはオムニファイブ。サドルバッグにはTL-LD570R自動点灯消灯 リフレクター付き必須。
ヘルメットライト ヘルメットテールライトは200kmでも装着をする
サングラス シールド付きヘルメットの場合は持たない。
サイコン 車体ハンドルステムに装着。電池チェック
ガーミンGPS Edge800+Etrex20の2台装備
ベル 必須。ハンドルコラムに装着
サイクルジャージ 半袖。寒い時は長袖
アンダーウェア 半袖の場合は長袖ストレッチシャツ。寒めの時はスーパーメリウール
アーム/レッグウォーマー 基本、長袖ジャージと長袖パンツ着用のため持たない。
ウィンドブレーカー 必ず持参。防水のウェア、または撥水処理すること
レインウェア 天候次第。300km以上は必ず持つ
ヘルメット 必須
サングラス イエローレンズ。600km以上は予備も持つ
反射ベスト 必須
グローブ 長指 必須
タオル うすくて軽い素材のもの
シャーミークリーム スタート前に塗布。300km以上は小瓶に詰め替えて持つ。
ブルベカードホルダー 首にかけるカードホルダー。
権利放棄同意書 必須の書類。判子忘れずに
キューシート 標高表をつけてラミネート
ボールペン カードホルダーに入れておく
モバイルバッテリー トップチューブバッグに入れておく。ガーミン用のケーブル予備も同梱
カメラ 防水、防塵、耐衝撃性のカメラをバックポケットに。
健康保険証 財布に入れておく
薬類 ロキソニン、カフェイン剤、胃腸薬
スマートフォン 防水のスマホ。バックポケットのセンター
財布 2つ持つ。それぞれの現金とクレジットカード。1つはバックポケット左。予備はサドルバッグ。
骨伝導イヤホン 暇つぶし。スマホとペアリング。
ヘッドバンド 額の汗止め。イヤーバンドにもなる

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (12 人の評価, average: 4.67 out of 5)
Loading...

 

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする