渋峠→道の駅北信州やまのうち

SR600Fujiの初日の難所は国道最高標高地点である渋峠2,172mです。横手山と白根山の間を通過する峠で、また志賀高原横手山渋峠というスキー場があり、そこはゴールデンウィークが過ぎてもスキーが楽しめるところです。

真夏でもとても涼しいところで外界が35度を超える日でも20度を超えることはめったにありません。11月には降雪により冬季通行止めとなる場所です。なので、できれば日のある時にここを通過することが望ましいと感じます。

国道292号線

私がこのルートを走ったのは10月18日でした。事前に道路情報をチェックしたところ数日前にはすでに積雪があり通行止めになっていたとのことです。またその電話した時に生音を聞いてみたところ、さっきまでは0度、今は3度・・・と言っていました。

すでに電光掲示板では「路面凍結注意」の表示が出ています。

凍結注意

標高をかせいでいくとスキー場のがたくさん出てきます。

硫黄のにおい

ここのエリアは硫黄のかおりがすごいです。温泉にはいりたくなります。

渋峠へ

まだ青空が見えますが、頂上は雲の中でしょう。

渋峠へ

国道292号線は山の上へ、そして雲の上へと消えていきます。

路肩に積雪

白根山レストハウスが近づくと、道の両側に積雪の後が残っています。

白根山レストハウス

キューシートにも記載がある白根レストハウスです。悪天候時の退避ポイントとなっています。

PC3:日本国道最高地点 208.1km

渋峠

なんとか到着しました。渋峠。日本国道最高地点、標高2,172mです。この日の気温は電光掲示板で4度の表示。ヒルクライムをしてきて汗だくの体が一気に冷えていくのがわかります。

ふもとの大津の交差点からヒルクライムがはじまり、ここまで約30kmほどの道のりです。約1,500mほど登りました。

そして、ここから約30kmのダウンヒルを走りぬけ、道の駅やまのうちへ至ります。約1,600mほど下ります。

ダウンヒルをスタートする前にウィンドブレーカーなどの防寒、そしてブレーキとタイヤのチェックをしておくと良いと思います。

PC4:道の駅北信州やまのうち 234.9km

道の駅 やまのうち

コンビニ情報

約26kmほど下ると、PC4である道の駅やまのうちが左手に出てきます。またその手前、右手にセブンイレブンがでてきます。草津のコンビニを後にして、久しぶりのコンビニです。セブンイレブンのほうが先に出てきますので減速はお早めに。草津からここまでコンビニはありません。

道の駅 やまのうち

道の駅に入り駐車場を抜け右奥に証明写真の看板があります。

1,000m以上も降りてくると体感的にもあたたかく感じます。

ここから菅平を超え、上田の街まで約60kmです。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...