【2019年版】ブルベにおすすめヘッドライト18650 LEDライト4本!

18650電池対応のLEDライトは値段も安く、ライト本体も非常に軽い。ブルベに使う自転車には複数のヘッドライトを取り付ける、もしくは持参する。そうなると、できれば安価で軽量は重要なポイントとなる。

そんなブルベにおすすめヘッドライト18650 LEDライトを確認しよう。

ライトは電池が統一されていると非常に管理がしやすい。単3乾電池はその筆頭だ。なんといってもコンビニを始め、世界中の街角でも電池が手に入る。

これは大きなアドバンテージ。しかし、電池の持ちや重量はそこそこネックになる。

対して、今回紹介する18650バッテリーを使用するライトは、値段や電池の大きさ、ライトの運用時間を考えても、かなり良い選択肢ではないだろうか。

単4電池ホルダーが付属していれば、18650バッテリーと単4電池3本でも運用ができる。

ライト本体の重量もそこそこ軽い。おすすめの18650 LEDライトをチェックしてみよう。

18650LEDライトの組み合わせ

18650LEDライトは色々なライトがある。大光量、ロングライフ、ワイドレンズ、スポットレンズ、単焦点、軽量などなど。

おすすめはスタンダードで運用時間が長いライトと大光量のライトの組み合わせ。これに予備の18650バッテリーを1本持っていけば、600kmまでなら問題なし。

PBPなど1200kmの場合はドロップバッグに18650予備バッテリーを2本入れておけば大丈夫だろう。

ドロップバッグにオレは予備の18650LEDライトを1本入れておくことは忘れない。

それでは18650LEDライトをいくつか見ていこう。

Ledeak 米CREE社製 XM-L2 5モード 高輝度LED懐中電灯

Ledeak 米CREE社製 XM-L2 5モード 高輝度LED懐中電灯

  • 最高輝度は1200 Lumen
  • 本体の重量:142g
  • 照明範囲は最大で300メートル
  • 稼働時間:3-5時間 (ハイモード:約3時間 ,ローモード:約5時間)
  • 5モード:後端スイッチは電源・モードの切替ボタン
  • 強く押すとON/OFF・軽く押するとハイ⇒ミドル⇒ロー⇒フラッシュ⇒SOSまで切り替え
  • ズーム機能付:ズーム機能を使ってワイドライト、スポットライトに切り替えることができます
  • 単4電池3本/18650電池1本(電池は含まれておりません)
  • 本体は航空機用アルミ合金製

このライトはなんと言っても値段が格安。18650バッテリーは付属していないが、そのかわり単4電池のホルダーが同梱されている。

複数本のライト運用の場合、電池も冗長化しておくとよい。バッテリーはパナの18650を別途揃えておこう。

18650バッテリーは入っていないので別途用意をしよう。

Helius 懐中電灯 LED 超高輝度 最強1600ルーメン CREE XML-L2 LED

Helius 懐中電灯 LED 超高輝度 最強1600ルーメン CREE XML-L2 LED

  • 最大1600ルーメンの高輝度のライトは最先端のアメリカ製CREE XM-L2 LED光源
  • 5モード調光:高—中-低-フラッシュ-SOS
  • バッテリーはローライトモードで12時間持続
  • IPX-67防水規格
  • ライト本体に充電USB口有り

18650バッテリーが同梱されている格安で超強力光源の18650LEDライトの決定版。バランスが取れていてどれにするか迷ったら取りあえずコレで間違いなし。

本体にUSB充電口があるので、モバイルバッテリーやチャージャーから直接18650バッテリーに充電できる。

Helius 懐中電灯 LED 超高輝度3000ルーメン CREE XHP50四核LED

Helius 懐中電灯 LED 超高輝度3000ルーメン CREE XHP50四核LED

  • ハイパワーCREE XHP50 LED光源を採用し、普通の2Lライトにより4倍の光度
  • 高輝度モードは最大3000ルーメン
  • 5モード調光:高—中-低-フラッシュ-SOS
  • IPX-67防水規格
  • ライト本体に充電USB口有り
  • 稼働時間:1-5時間 (ハイモード:約1時間 ,ローモード:約5時間)

とにかく明るいCREE XHP50 LED光源は3000ルーメンとなる。

真っ暗な峠道や雨の日、電灯もないSR600や1200kmなどで、その力を発揮する。ただ運用時間が短いのが欠点で18650バッテリーの予備を持つ必要があるだろう。

LED フラッシュライト 超高輝度 USB充電式

LED フラッシュライト 超高輝度 USB充電式

  • 【高輝度/IPX8級防水】WUBEN L50使用CREE最新型XP-L2 LED、高輝度1200ルーメン懐中電灯
  • 防水規格の最高レベルIPX8(水面下2mまで利用可能)に加え、ライトが汚れたら水で丸洗いでもOK
  • 【5種類の点灯パターン/多機能】4つの基本輝度モード:High 1200LM / Mid 400LM / Low 75LM / Eco 5LM、メモリ機能付き。隠しモード:SOS(懐中電灯がオンの場合。スイッチを2回タップ)
  • 【1.5m耐衝撃/ポータブル】高さ1.5mから落下しても問題がありません
  • サイズ:138.6mm * 26mm * 26mm

このLEDライトもライト後端にUSBコネクタがあり、キャップを外すことで電池を本体から出すことなく充電ができる。放電機能はない。

まとめ

18650バッテリーのLEDライトは、ぜひ導入をしてみてほしい。その価格の安や手軽さ、そして軽量などメリットは多数ある。

さらに単4電池ホルダーがあれば、普通に売っている電池でも運用ができることが魅力。

18650バッテリーについて言えば現地や出先でのバッテリー確保は難しい。しかしUSBによる充電や軽量18650バッテリーを複数持てば、RM1200kmの4日間行程でも問題ないだろう。

モバイルバッテリーに接続をして運用するライトは軽量でよいのだが、バッテリーに接続をしたり、単独で点灯することができないことがデメリット。

双方のデメリットを打ち消すためにも、ぜひとも18650LEDライトを導入する。価格も、まぁまぁ導入をしやすい値段だしね。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 人の評価, 平均: 4.00 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?
2019年PBPパリ・ブレスト・パリ準備・用意・オレまとめ

2019年はPBPパリ・ブレスト・パリイヤー!8月19日のスタートラインまで残りもわずかになってきた。日々のトレーニングはもちろん、バイクの整備、アイテムやグッズの準備など余念がない。

スタート前の準備が非常に大切な海外ブルベ。ぜひ一緒にチェックをしてみよう。