安い自転車用シリコンライト LED赤 2個入りはヘルメットライトにいいよ

ブルベではヘルメット後方にライトを付けることが必要になってきます。

今、ウチラがヘルメットの後ろにつけているライトがコレ。

超弾力のシリコンなので、簡単装着。シールはまったく不要です。点灯とフラッシュの3段切り替えモード

値段も安くて2個入り。さらに電池も予備4個付き。それでこの価格。

自転車用シリコンライト

このようなパッケージで送られてきます。アマゾンは朝発注すれば、大体その日に届く。

自転車用シリコンライト

自転車のシートピラーやシートステイにも簡単取り付けOK。

自転車用シリコンライト

で、ウチラはこのライトをヘルメットテールライトとして使っています。

ヘルメットテールライトについて

AJの規定では以下のようになっています。

第6条 装備:ベル装着とヘルメット着用を義務付ける。400km以上では前照灯2つ、ヘルメットに尾灯(点滅可)を装着すること。

ただ、ヘルメット尾灯は距離にかかわらず、いつも装備しておくことはよいことです。

実は私、以前に600kmエントリーをした際、ヘルメット尾灯を付け忘れてスタートに行ってしまいました。

車検スタート直前に気がついて、一瞬・・・DNFか?と思ったのですが、自転車に尾灯が2つついていたので、片方を外しヘルメットに取り付けなんとかなった経験があります。

それ以来、ヘルメットには距離にかかわらず尾灯を常設ということにしました。

で、尾灯なのですが、キャットアイの尾灯を使っている方多いと思います。

ちょっと値段が高いんですよね。キャットアイのテールライト。

通常で1,500円以上したりします。

このライトは2個入り、電池付きで1,000円以下。

慌てないようにヘルメット常設をオススメしますー!

超弾力のシリコンなので、簡単装着。シールはまったく不要です。点灯とフラッシュの3段切り替えモード

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする