ディスクブレーキプレート「ICE TECHNOLOGIES」で山岳ブルベに安全を!

ディスクブレーキにおけるブレーキプレートは非常に重要な役割。ダウンヒルなどを下ってくると、とんでもない高温になっていることはご存知であろう。

そういえば、先日、白石峠のダウンヒル後に麓で・・・ディスクブレーキのプレートって、ホント熱くなるんだろうか?と、実際に指で触ってやけどしたYasuです。みなさん、こんにちは。

2018年イタリアAlpi4000のスタートを来週に備え、頼れるものはなんでも頼ろうと思っている次第です。

特に今回は峠の登りはもちろん、登れば下りもあるという長丁場。ダウンヒルも相当な長さと思われます。そこで、ディスクブレーキのプレートをアップグレードを企んでいました。




シマノIce-Tech ディスクブレーキ

  • SM-RT81
  • 取付タイプ,センターロック
  • サイズ(mm),160mm
  • Ice-Tec,有り
  • ロックリング,有り
  • パッド無

購入したのはシマノアイステックのSM-RT81プレート。一番無難なヤツかな。

アマゾンで購入。次の日に来た。

ちなみにローターに冷却フィンの入っている「シマノ XTR SM-RT99」というローターもある。

こちらのほうがラジエターフィンが付いていて、ロータが回転している時も積極的な冷却効果があるだろう。フロントブレーキだけ、こちらのフィン付きでもいいかもしれない。

アイステック シマノSM-RT81:開封の儀

丁寧に梱包されたSM-RT81を開封する。同梱されているものはSM-RT81ローター1枚とロックリング1個となっている。

シマノSM-RT81ディスクローターは、その黒いスパイダーアームが非常に印象的なブレーキローターだ。

シマノSM-RT81の重量チェック

SM-RT81の本体重量。ディスクローター1枚でちょうど120gとなっている。アーム無しの普通のディスクプレートよりちょっと重いかもしれないね。

ロックリングは8gとなっていて、セットの重量は128gとなっている。

SM-RT81:細部チェック

黒いスパイダーアームとアイステックのプレートはリベット止め。

センターロックのセレーションタイプ。自身のホイールにあったタイプのディスクローターを購入するようにしよう。

これがSM-RT81のアイステックテクノロジー、プレートの接写。

ディスクプレート表層部はステンレスとなっていて、その間にアルミニウム素材をステンレスで挟むという3層構造のローターを採用している。

この構造でローターの表面温度が従来品と比較し、約100℃度下がるとのこと。ブレーキローターって、そんなに温度あがるのか!触っちゃダメだよ。

ローターの温度が下がれば、当然ブレーキパッドの耐久性もあがるだろう。

まとめ

車やオートバイではベンチレーテッドディスクブレーキなど、高性能なブレーキシステムは、やはり冷却に重点を置いている。

自転車のブレーキとはいっても、下りではけっこうなスピードが出る。その車速を落としてくれるのがブレーキとなれば、できるだけ性能がいいほうが良いのは言うまでもない。

ディスクブレーキのプレートを交換するだけで、性能が上がるのであれば、ぜひとも導入を検討してみてはどうだろう。

さて、ホイールにブレーキローター取り付けるか。


yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする