Prime Pro ディスクホイールセットへ換装【格安・軽量・5万円以下】

Prime Pro ディスクホイールセットを購入した。このホイール、買値で4万円チョイなのに前後ペアでカタログ重量1450gとマジ軽量。

Cubeのバイクについている廉価ホイールであるフルクラム Racing 77 Discはカタログ重量で約1.9kg。単純に約500gの軽量となる。

バイクの軽量で4万出すなら、減量しろと自分に言い聞かせているYasuです。こんにちは。

まぁ、それでもホイール変えれば、これほど劇的に重量が減るパーツも中々ありません。

先日7月3日にCRCで発注したホイールは、ちょうど1週間の7月10日にうちに到着をしました。

Prime Pro ディスクホイールセット

  • Prime Pro Disc ロードホイールセット:43310円(CRC)
  • Prime QR スキュワー
  • アダプター: QR / 12mm / 15mm (フロント)、QR / 12mm x 142mm (リア)
  • チューブレスバルブ x2個
  • チューブレステープ (取付済み)
  • スペアスポーク x3本: フロント 1本、リア 2本 (ドライブサイド 1本、ノンドライブサイド 1本)
  • ニップル x3個
  • Prime RD010 ベアリングキットと Prime RD010、R010 フリーハブベアリングキットに対応
  • ホイールセット総重量: 1450g

このPrime Pro ディスクホイールセットは価格といい、その内容といい、まったく文句のつけようがないのではないだろうか?

さらにチューブレス仕様となっている。

スペアのスポーク、ニップルも同梱されている親切さ。

もちろん、スルーアクスル用のアダプターも同梱されている。

Prime Pro ディスクホイールセット到着

Prime Pro ディスクホイールセット到着。税金はトータル2100円だった。

スルーアクスル用のアダプターに換装

フロントのクイックレリーズ用アダプターを取り外す。ラジオペンチなので引っこ抜けば簡単に取り外しできる。

外れたら12mmのアダプターを取り付ける。左右両方ね。

リアのアダプターは工具で緩めて取り外す。両側とも17mmのレンチが必要。特にディスクプレート側は薄いペダルレンチなどが必要になってくる。

クイックレリーズ用アダプターが外れたら、スルーアクスル用のアダプターシャフトをカセット側から挿入する。

ディスクプレート側よりアダプター固定ボルトを締め付ける。同様に17mmレンチで締める。

Prime Pro ディスクホイールセット:重量チェック

スルーアクスル用のアダプターが取り付けられたので、前後ホイールの重量をチェックしてみた。

フロントが650gでリアが790gのペアで1440gとほぼカタログデータどうりであった。やるじゃん。

ディスクプレート装着

ディスクプレート装着。プレートはシマホアイステックSM-RT81をチョイス。

カセット取り外しの工具で締め付ける。

カセット取り付け

元ついていたカセットを取り付ける。ついでにカセットの清掃もしておく。

タイヤの装着

タイヤはコンチGP4000S2ね。ついでに前後のタイヤを入れ替える。リアちょっと減ってきたからね。

Prime Pro ディスクホイールにコンチGP4000S2はタイヤレバーなし、手だけで装着できた。

これは助かるよね。パンクしたくないけど。

あとはバイクのフレームにホイール装着をして、サイコンマグネット付けて、ディスクプレートとブレーキパッドのクリアランスをチェックして、ホイール換装完了。

まとめ

Prime Pro ディスクホイールの換装完了。

画像撮影しながら約1.5時間程度なので、作業に集中すれば小一時間で完了すると思われる。

ホイール換装後、全体の重量をチェックしたら580gの軽量化となった。ちょっとうれしい。

リアホイールのベアリングがちょっと動きが渋かったけど、少し走ればなじむだろう。

このPrime Pro ディスクホイールは約4.3万円+税金2100円で、かなりの軽量化ができる。今年1番のおすすめホイールとなったぞ。

↑5万円前後のおすすめホイールでもチェックをしてみてほしい。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (12 人の評価, 平均: 4.42 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?