ブルベ遠征先においてスマホでブログを更新する方法アイテム

ブルベやロングライドで使うスマホは、いつも防水スマホにしている。iPhoneではない。オレはずっとアンドロイド。まー安いしね。

去年の年末に買った、ちょっと問題のあるw・・・HUAWEIのMate10なるスマホを使っている。

まーメーカーはあれとして、なかなか使い勝手よく重宝している。動きもめっちゃいいし。

で、今回のがまだすウィーク遠征だが、PCはもっていかない。そこで、このアンドロイドスマホで、どうにかブログ更新ができないかをこねくり回してみた。

スマホでブログ更新時に実現したいこと

スマホでブログ更新するなら、ふつーにWPのダッシュボード開いてフリックで打てばいいんだけど、そうは簡単ではない。

けっこう、うちの記事は画像もかなり使い、さらに文字数もそこそこある。フリックではムリ。この記事自体も2078文字ある。ムリだろ。

なので、最低限キーボードは必要と考える。

さらにマウスとUSBメモリを使いたい。そーするとUSBハブが必要になる。

USBハブを使うなら、同時充電もしたい。さらにはそのハブにHDMI出力があればスマホ画面もモニターに出力できる。

さて、そんなコトできるのか?・・・で、チェックしてみた。

HUAWEI 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン

HUAWEI 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン

  • CPU:Kirin970 オクタコアCPU (4x2.36GHzA73+4x1.8GHzA53)
  • OS:Android 8.0 Oreo / Emotion UI 8.0
  • ディスプレイ:約6.0インチ FullViewDisplay/2160x1080ドット/1670万色
  • メモリ:RAM 6GB / ROM 128GB
  • メインカメラ(ダブルレンズ):1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
  • インカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)
  • バッテリー容量:4000mAh/急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A

オレのスマホ。性能はそこそこ良い。スマホゲームなどは一切しないので、この程度のスペックで十分だ。あとは防水とカメラ画像がいいことはマストね。

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード

キーボードでちょっと大切なのは「Ctrl」キーが左隅あること。ここがFnキーはいや。

で、この折りたたみキーボードなのだが、これがかなりいい。折りたたみはそのたたむヒンジ部分に工夫がないと一部のキーがー真っ直ぐになる。あれはダメ。マジで打ちにくい。

このキーボードは折りたたみ部に工夫が有り、通常のキーボードと同じキー配置になっている。さらに折りたたみを開けば電源ON、たためばOFFになる手軽さ。Bluetoothでワイヤーもない。スマホやタブレットのキーボードではめっちゃ一押し。

USB C ハブ USB Type-c ハブ 4K HDMI出力

USB C ハブ USB Type-c ハブ 4K HDMI出力

  • USB-Cハブ アダプタ
  • HDMI ポート×1
  • USB 3.0 ポート×2
  • PDポート×1

スマホで使うUSBハブはけっこう気を使う。USBハブとしての機能、電源供給、HDMI出力を実現する。これらを全部できるようにするハブを見つける必要がある。

で、それらをすべてクリアしたハブがコイツ。電源供給もバッチリだ。HDMI出力で大きなモニターにもスマホ画面が映る。まー遠征先にモニターはもっていかないけど。

Mate10 Pro カバー スマホケースカバーリング付き

Mate10 Pro カバー スマホケースカバーリング付き

Mate10 Pro用のこのスマホケースはすこぶる調子が良い。フィンガーリングがついていて、これが自由に回る。さらにスマホスタンドになる。

あと微妙にウレシイのがストラップホールがある。ストラップも同梱されているので、おれはストラップ付きで使っている。

ただ、USBケーブル口が微妙に小さいのでUSBの口は大きいと干渉する。上記のハブは全く問題なし。

エレコム 有線マウス 巻き取り式 リール内蔵

エレコム 有線マウス 巻き取り式 リール内蔵

  • ボタン数:3個 ※ホイールボタン含む、分解能:1600カウント
  • 読取り方式:光学センサー方式
  • ケーブル長:約63.0cm

ちょっと小さいUSB有線マウス。いろいろとマウス使ってきたが、やはり無線はダメだ。タイムラグがどうしても気になる。

このマウスは有線だがケーブルが細きしめんになっていて巻取り式。まったく有線が気にならないほどでうれしい。もちアンドロイドスマホに使え、ハブを介して取り付ければスマホにマウスポインタが表示される。

まとめ

アンドロイドでWP編集

というわけで、このアンドロイドスマホとキーボード、USBハブ、マウス、キーボードでこの記事を編集してみたんだけど、どうよ?

画像は撮影後、予め適当にリサイズをしておくことがマスト。そこそこ長文記事はやはりキーボードの性能がモノを言う。適当ななんちゃって日記だったら必要ないけど。

ほんじゃま遠征先において、ぜひともアンドロイドスマホでブログ更新をしてみるよ。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 人の評価, 平均: 4.60 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?