3つ目ボトルゲージ取り付け:Bikeguy どこでもケージホルダー

ロングライド、ブルベをやっているとボトルゲージは2つでは足らなくなる時があります。

特に夏場や600kmを超える時。ボトルは2本装着したいがツールボトルも外せない。サドルバッグだけでは荷物が収まらない。

そんな時に大活躍するのが「どこでもケージホルダー」

Bikeguy どこでもケージホルダー

このような感じで手元に届きます。

もちろんアマゾンはすぐに届きました。

Bikeguy どこでもケージホルダー

ベルトかなり厚手、幅広めとなっています。

それにボトルケージを取り付けるアダプター、取り付けボルトが同梱されています。

Bikeguy どこでもケージホルダー

ラバーでフレームに滑らずにしっかりとホールドします。

フレームに当たる部分はディンプル加工されています。

Bikeguy どこでもケージホルダー

余っているボトルケージと取り付けます。

通常取り付ける場所はダウンチューブとフロントホイールの間になるでしょう。

劣化も考えられますので、スチール製のケージがいいと思います。

Bikeguy どこでもケージホルダー

ベルクロベルトの長さは28cm程度あります。ただ、フレームの装着サイズは45mmまでとなっています。

Bikeguy どこでもケージホルダー

私のバイクにも取り付けました。

バイクのダウンチューブサイズは45mm以上あり・・・ベルクロ届きませんでした。

なので、ケージに入れた時ストラップバンドなどでしっかりと取り付ける必要がありました。

Bikeguy どこでもケージホルダー

私はこのケージに輪行袋を取り付けました。

これは2014年に開催されたアタック日本縦断2,700kmにエントリーした時に必要となりました。

DNFの時と最後の帰宅時に使う輪行袋をココに取り付けます。使うかわからないDNF時、最後に帰宅するためには輪行袋必須です。

輪行袋本体はビニール袋で包み、外袋に入れました。

最後にストラップベルト2本を使いきっちりと締めあげて絶対に落ちないように固定をしました。

結果、最後の帰宅時輪行までしっかりとフレームについていました。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする