北海道1200km対策:モバイルバッテリーは4本持参する【電源は生命線】

ブルべ走ると、本当にモバイルバッテリーは生命線と思う。

特にガーミンEdgeのバックアップ電源、さらにスマートフォンの充電と非常に大切だ。

なくなると、ホントに途方に暮れるだろう。

今回の北海道にもモバイルバッテリーは4本持っていく。

モバイルバッテリー

一番右の小さい(といっても8400mAhあるが)ヤツを2本もつ。1本はフレームバッグ、もう1本はドロップバッグに入れて復路で交換だ。

真ん中の10400mAhはサドルバッグに入れておく。主にスマートフォンの充電用。

残りのでかいヤツは北見での予備バッテリーとする。

基本的に、PCやコントロールでのコンセントはあてにしないほうがいい。

モバイルバッテリーであれば、手元で充電できるので、忘れることは非常に少ない。

しかし、コンセントの場合、どうしても手元にないので、心配だ。忘れたら目も当てられない。

とにかくコントロールで充電をするということは、オレは絶対にやらない。非常にリスクが高い。

もし充電できなかったらマジで焦るしね。

必要な電源量がわかっていれば、その分のモバイルバッテリーを用意するという方法が一番だ。

8400mAhのヤツが3年目に突入しているので・・・今回で最後かもしれないな。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする