オリンパス TG-4|防水/防塵/耐落下衝撃/おすすめコンデジ

OLYMPUS TG-4 Toughという防水・防塵・耐落下衝撃に強いコンパクトデジタルカメラを愛用している。2016年に購入をしているから、もう4年目突入となる。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Toughを今のところ(2020年2月現在まで)問題なく使っている。

とりあえず画質がいい。このTG-4購入前まで使っていたペンタックスのカメラとちょっと比較しながらチェックする。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough

TG-4

出典:アマゾン

ブルベはもちろん、スキー、スノボ、ダイビングや山登り等のハードなスポーツを楽しむ方に最適なデジタルカメラだと思う。

「顕微鏡モード」がついているので肉眼では見えないミクロな世界も撮影可能となっている。グルメ系やインスタなやつもOK。

オリンパスのカメラは本当に久しぶりに買う。

オリンパス STYLUS TG-4とペンタックスWG-10の比較

これまで使っていたペンタックスWG-10だ。まだ売っているのね。

TG-4よりコンパクトで、そこそこいいカメラなのだが、以下の点が気に入らなかった。

  • 片手のホールドが悪い
  • オートフォーカスがいまいち
  • 画質が良くない

これらの問題をオリンパス TG-4は一気に解決をしてくれた。

オリンパス TG-4の画質

いずれもブルベでバイクに乗りながら走りながら撮影したもの。もちろん片手。

非常に画質がいい。特に夜間など光が少ない場合など明るいレンズのため、かなりいい感じで撮影ができる。

今まで夜になると、ほとんど写真撮らなかったが、この程度写るなら、止まってでも撮影しようと思うだろう。

オリンパス TG-4いくつかある欠点

オリンパス TG-4はなかなか良いカメラだ。しかし、当然すべてが良いわけではなく、ちょっとした欠点もある。

そりゃそーだ。

  • ちょっと重い
  • 価格が高い
  • 充電ケーブルが専用USB

ペンタックスが168gに対して、オリンパス TG-4は247g。この差はけっこうある。片手で持つと、けっこうずっしりとしている。

ブルベ走っている時、バックポケットなどからオリンパス TG-4を取り出す際などは少々気を使う。またペンタックスWG-10よりも一回りほど大きいボディがホールド感を損ねることもある。

さらに価格が(2016年当時)4万円弱もした。今は後継機種が出ているので、かなり値ごろ感が出てきている。

充電ケーブルも専用ケーブルではなくマイクロUSBとかにしてほしかった。

それでも、非常に満足度が高いカメラだ。マクロも非常にすばらしい写りということも付け加えておく。

よく紛失するレンズリングはTG-2用が安くておすすめ

こんなリングが2000円以上もする。マジか。

そこで、TG-2用のリングをおすすめする。これもTG-4にフィットするのだ。プラ製だけど。全く問題なし。

レンズリングはTG-2用

オリンパスTG-4に限らずTGシリーズのレンズに付いているレンズキャップ?レンズリングはよく紛失をする。まじでなくす。

なので、TG-2用のレンズリングを複数注文しておくのだ。

TG-4用が2,000円以上するが、こちらのTG-2用のレンズリングであれば300円以下で購入できる。マジ安。今回も2個注文。

TG-4

TG-4にTG-2のブラックレンズリングを取り付けた状態。

まったく違和感なし。TGシリーズユーザーは、このTG-2リングをおすすめするよ。

オリンパス TGシリーズの比較

オリンパス TGシリーズを比較してみよう。2020年現在オリンパス TG-6までリリースされている。

オリンパス TG-4

TG-4

出典:アマゾン

  • OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough
  • レッド
  • 1600万画素CMOS F2.0
  • ズーム4倍
  • 15m 防水
  • 100kgf耐荷重
  • GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi
  • 247g

オリンパス TG-5

TG-5

出典:アマゾン

  • OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5
  • レッド
  • 1200万画素CMOS F2.0
  • 15m 防水
  • ズーム4倍
  • 100kgf耐荷重
  • GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi
  • 250g

オリンパス TG-6

TG-6

出典:アマゾン

  • OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6
  • レッド
  • 1200万画素CMOS F2.0
  • 15m 防水
  • ズーム4倍
  • 100kgf耐荷重
  • GPS 内蔵Wi-Fi
  • 250g

こうやって並べてみると、実はTG-4が1600万画素で後継機種は1200万画素になっている。まぁ、性能は確実に良くなっているので、画質は上がっているだろう。後継機種は使っていないので未確認だけど。

最新のTG-6は2019年6月13日に発売をしたばかりなので、最新機種になっている。

TG-4のボディなんですが、新しくなった方は角が黒い素材になっているでしょ?TG-4はこの角が擦れて色落ちするのよね。

価格的にはTG-6が一番いいでしょ。新型機種なんだから。もしTGシリーズを使ってみたいのであれば、中古になってしまうがTG-4は選択肢になると思う。

まとめ

誰かが言っていたのだけど、TG-4からTG-5に買い替えたら、スゴイ使いにくい・・・と聞いたことがある。

たぶんソフトウェアを指摘しているのだろうと思う。オレもこのTG-4に不満があるとすれば、電源ボタンを押して撮影モードでなくコンパスがよく表示されシャッターチャンスを失うことがよくある。マジ不快。

どなたかTG-4→TG-5とかTG-5→TG-6とかTG-4→TG-6に買い替えた方、ぜひ使い勝手比較や画質チェックなど教えていただけるとうれしいですー

カメラマンではなく、カメラは基本日記帳代わり、記録簿と思っているオレ的には電源入れてすぐ撮影ができ、普通にきれいに撮影できるというだけでよい。余計な動きとかオプションなどは設定の奥に入れておいてほしいと、ちょっと思ったりする。

なので、次買い換えるならニコンクールピクスW300を考えているよ。すでに生産中止になっていて、迷彩柄ボディは値段が上がっている・・・次のタイムセールで手に入れようと思っている・・・

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。コメントも大歓迎ですー!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 人の評価, 平均: 5.00 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?