ブルベ・弱気な自分とどう向き合うか?

ブルベ走る時、やっぱ強気な時と弱っている自分がいると思うのですよ。

オレなんて年中弱気な気持ち、敗者な気分、ルーザーな心持ちで行っています。いつも腹の調子が悪いYasuです。こんにちは。

さて、皆さんはいつもブルベ走る時、強気でいけますか?今日は余裕で完走という余裕の心持ちでしょうか。

どんな時に弱気になるか・・・ちょっと考えてみました。




そもそもコースが険しい・自分の脚に合っていない

よくあるパターン。大丈夫だよ、のび太くん・・・と自分に言い聞かせ、エイヤとばかりに獲得標高6000mのブルベにエントリーをしてしまうとか、来月の岡山1000km(2018年BRM608アルプス、富士-1000Km)にエントリーをしてしまうとか・・・

もう、スポーツエントリーのボタンを勢いだけでクリックしたとしか思えない暴挙ね。

まぁ、それも経験と思えばそうかも知れないけど、大体大丈夫かな・・・と、思った時点で結構やばいと自覚をするべきだろう。

大丈夫かな、というのは「たぶんダメ」ということだから。

睡眠不足・就寝失敗

仕事で忙しく、帰宅が遅くなってしまったのは仕方ない。これは良くあるパターンだ。それでも理由が他にあるので、睡眠時間は少なめでも、バタンキューで短いながらもしっかりと深い睡眠が取れていることも多いだろう。

一番ダメなのは、前日まで準備不足、用意不備などで深夜に及ぶまでアレコレあたふたすること。そうすると、ベッドに入ってからも、アレ大丈夫か?これ持ったか?・・・と中々寝付けないパターン。最悪。

オレもよくやるのよ。飲みながら準備するか・・・とか言いながら、全然準備進まない。そのうちちょっと寝ちまって・・・ビックリして起きて、準備したら深夜2時に目がさえる。地獄。

なので、この頃は明日のブルベ準備が完了するまでは飲まないと決めている。

とにかく睡眠不足は非常に危ない。きちんと睡眠準備は整えておこう。

さらに寝坊する

で、そんな睡眠失敗の早朝は寝坊するのよね。大体スマホのアラーム1時間前とかに眠りに落ちたりして。

そんな睡眠の目覚めはかなり最悪だろう。げろげろ。

起きるのも辛い。そんな状態でこれからロードバイク乗って600kmなんて走れるの?マジか。

なので、前日の睡眠環境を前々より整えるのはホント大事ね。

ことごとくいろいろ裏目

なんかいろいろ裏目に出る日とかあるよね。

スタートに向かう時、全部赤信号とか、踏切全て電車待ちとか、カレー食べたかったのに前のやつに最後のカツカレー取られるとか・・・

自分の人生や選択肢をマジで疑う日というものはある。まぁ、それがブルベ走っている日である必要はないがそれが現実。ヤバイ。

こんな日は、いつも以上に安全を意識して無事に無事故で怪我なく帰宅することに全力を上げて望む必要があるよね。

結構・・致命的よりの忘れ物をする

そもそもスタート時点でDNSレベルの忘れ物であれば、諦めもつくかもしれない。ヘルメットとかシューズとかパンツとかキューシートとか。

でも、忘れ物もDNSをためらう忘れ物もある。GPSが筆頭だろうか。オレの場合。キューシートはあるんだよね。

サングラスを走行中紛失した時は、かなり走るのためらった。

パンク修理セットを忘れたた、出走かなりためらうよな。チューブとか。

カード忘れて財布に1000円だけとか、かなり躊躇する。

けっこう笑ってしまったのが、ヘブンで宿のカギを背中に入れて持ってきてしまったとのこと。もし宿まで返しに戻ることになったらオレならアウトだな。

北海道1200kmでも北見のコントロールにブルベカード忘れて取りに戻った人がいたとか、いないとか・・・

完走すれば伝説になるかもしれないが、オレはいさぎよく諦めます。はい。

スタート時に慌てる

スタート時に慌てることってありません?仲間と話していて、GPSが迷子状態だったり、補給していなかったり、いきなりパンクしていたり、スマホの充電忘れていたり・・・

車検の時に、ブルベカードどこに入れたか忘れてアタフタすることはよくある。

とにかくスタート時に慌てることは、しないように時間の余裕と10分前行動は必須ね。

天候がヤバイ

まー、もうそもそも天候がヤバイ場合はDNSしましょうよ。

今回もヘブンの指宿600kmはオレの場合3回連続で初日雨だった。さらに今回は災害レベル級の暴風雨。そんな感じで佐多岬を往復すること自体がヤバイ。

18年ヘブン-BRM502指宿600佐多岬:38時間20分完走【佐多岬は災害レベルの暴風雨】
やはり、今回も雨だった・・・呪いのBRM502指宿600。3回連続雨スタート。 そして、今回は事前の予報より災害レベルの暴風になるとも聞い...

天候ヤバイのは数日前からわかるはず。当日の天気を見て出走を決めるなんて言ってないで、いさぎよくDNSする勇気は必要。

弱った心で400km走るのは大変ですよ。200kmも走ってDNFすると、エライ回収・帰宅コストもかかりますよ。

PC(DNFポイント)が駅前

悪天候、暑い、寒いブルベでPCが駅前というのは全然ダメだ。もう、出走前から・・・「オレここでアウトだろうな」。そう思ったらもうアウト。

弱った気持ちは取り返せない。

ほぼ間違いなく、同じように弱ったヤツラと一緒に駅へ直行だ。ああ・・・もう走らなくていい。最初に弱った心を上げるのは至難の業。

そもそも、出走前にDNFポイント探している弱った状態では完走どころか・・・DNSしたほうがいいよ。

まとめ

出走前に弱気になっていたら、やっぱりDNFになる可能性が高いし、走る前からDNFポイントを探っていれば、間違いなく完走はアウトでしょ。

弱った状態で走り出し、根気よく前に進み、切れそうな心をなんとか手繰り寄せて前に進むというのは、オレはムリかな・・・

というわけで、国内で弱気になったらいさぎよくDNS。海外の場合は、かなり前からきちんと準備を怠らないという姿勢で臨むしか無い。

弱った心を体力とか走力で取り返すなんてできる年齢じゃないしな。

というわけで、来月の岡山1000kmか7月のalpi4000を完走すれば来年のPBPエントリーも楽になるしね。がんばろ。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...

 

コメント

  1. tomo より:

    あるある!わかりすぎて笑ってしまいました。
    この間、PCのコンビニのレシート、つい癖で捨ててそのままスタートしてしまいました。