キューシートやルートマップはラミネートして防水加工ね

キューシートやルートマップは必ずラミネート加工すると、絶対に良いよ。

今週末コロラド遠征に旅立つYasuです。こんにちは。

皆さんはキューシートやルートマップはどのように処理をしていますか?

ロードバイクでロングライドやブルベを走る場合、プリントアウトしたマップやルート図などの紙媒体をそのまま持つ方は少ないと思います。

ラミネート

ブルベをはじめた頃から、このラミネーターを使っている。非常に便利だ。

ルートラボや標高データーなどが表示されたものをキャプチャーして、それもプリントアウトしてラミネートする。

直近の詳しい標高や登る角度などはガーミンEdgeなどでわかるが、全体像は把握しにくい。

このような標高表を持っていると、心の支えになると思うがどうだろう。

ラミネート

今回はラストチャンスコロラドなので、もちろんキューシートは英語。

さらにアメリカなので、全部マイル表示になっていた。

やっぱりガーミンもサイコンもキロメートル表示なので、各ポイントのキロメートル換算も記述した。

ラミネート

きっちりキューシートも地図もラミネート完了。

もしラミネーター持っていないなら、ぜひ備えよう。キューシートパウチする以外にも色々と便利に使えること間違い無し。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥756 (2020/07/15 10:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。コメントも大歓迎ですー!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 人の評価, 平均: 5.00 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?