しまなみ海道

岡山1200km後半のレポートです。RM1200kmは基本的に2日目をクリアすれば、かなり楽になるのですがそうは問屋がおろしませんでした。

色々過酷な岡山のルートですが、グダグダ感も増々でむかえる3日目がかなり堪えました。

脚があればなんてことはないのでしょうが、前回完走した2016年よりなんと5歳も年をとっています。52歳が走るのと57歳が走るのではかなり違うことも実感した終盤戦の走り。ぜひ生ぬるく見てあげてください。

Day3尾道ホテル360/1030km 27日3時30分到着

なんとかたどり着いた三次のホテル。なんとか5時半にはベッドから起き上がり6時ちょい過ぎにはスタートできた。DNFしたいーんちょーが見送ってくれた。尾道で待っているよーって、手をふってくれた。

ねー?三次→尾道間ってキビシクなかった?

今回の岡山1200kmはおろちループをクリアして2日目の三次に到着をすれば、7割は終了と思っていたが、やはり甘かったことを三次を出てすぐに思い知った。

この三次→尾道間のルートが果てしなく続くアップダウン・・・時間ばっかり過ぎて全く距離が伸びない・・・朝の寒さと風の冷たさ、陽はあるのに全然暖かくならない・・・一体どうなっているのだ。

そんな押し問答をしながら、尾道になんとか辿り着く。

尾道の渡し船 26日11時15分

三次のホテルからこの尾道渡し船までの距離は約80kmちょい。基本下り基調だし朝の6時ころに出ているので、10時ころにつくかと思ったがとんでもない。時計を見るととうに11時を過ぎている。

渡し船が来た。

対岸は見える程度の距離なのでものの数分。しかし、迂回をすると7km近くある。100円であっという間に着くことを考えるとマジで助かる。ひと息つけるし。

記念写真なんて撮っている場合ではないが、とりあえず。この時点で11時半。

そして腹も減る。すぐにあったコンビニでちゃんぽん食べる。この時点で完全にお昼。

岡山代表が・・・そういえば「しまなみ海道はけっこう面倒なのよね・・・」そんな事を言っていたのを、今ぼんやりと思い出す。お昼スタートでしまなみ海道を松山へ行って来い。

トータル240km程度。どう考えても12時間で帰ってこられるわけはない。よくて2時・・・悪い方に振れると朝5時もあり得るような戦いを予想した。

そんな感じでまずはしまなみ海道へアプローチ。人生初のしまなみ海道でサイクリスト聖地?だそうだ。オレ的にもここに来る時は余裕もマージンもあり、さらにルンルンサイクリングをちょっと期待したが、やはり今回もダメであったw

因島大橋:橋の渡り方

しまなみ海道はこんな感じで島と島を橋が結んでいる。高速道路もあるが、瀬戸大橋と違うところは歩行者、自転車、原付きバイクが通れるのだ。

このように歩行者、自転車、原付きの橋への入り口がある。車とは入り口は違う。

橋へのエントランス。基本有料道路なのだが歩行者と自転車は無料となっている。

橋は高速道路仕様になっているので、とんでもなく高い場所にある。そして、その高さにアプローチするため、すべての橋において約1kmほど登る必要がある。これが地味に大変。

橋の上は本当にきれいでこのように県境があったりして楽しい。しかし、岡山1200kmの3日目ではあまり楽しむ余裕もないw

このような感じで岡山1200kmはどこを走っても向かい風と戦いながら、一つ一つの橋をクリアしてしまなみ海道を進む。

CH10:亀老山展望公園854km 15時58分

そしてしまなみ海道のハイライトといえば亀老山展望公園ではないだろうか。かなりの絶景であるが・・・疲れた体にこの登りは本当に堪えた。

ここへ到着したのがもう16時・・・

水が無くなる寸前だったのでCCレモンを・・・

コントロールで頂いたクッキー類。ちょっと喉を通らず尾道宿のドロップで家に送った。家族がおいしくいただいたとのことです。ありがとうございます。

CH11:ローソン松山道後駅前店914km 19時5分

ほぼ尾道へ帰れるかどうかの瀬戸際で四国に入った。

ところで色々と神様は見放さないのか・・・尾道に帰る道標があった。1つ目のラッキー。こちらの超高速近畿3人組に無賃乗車をさせてもらった。ほんとマジで置いていかれそうになること何回もあったけど、ここでおいていかれたら間違いなく尾道着は悪い方の予想朝5時になる。

必死に食らいついていきほぼ30km/hあたりの巡航スピードで飛ばしていく。

多分一人で走っていたら松山着は21時ころを予想していた。しかし、なんとか19時過ぎに到着した。本当にこの3人の方々には感謝しかありません。

道後温泉か。今度はゆっくり来たいと思う。復路も3人の方と走り始めたのだが、オレのほうが限界で・・・20km程度走ったところで離脱となってしまった。

そういえば、この3人の方々は今治で泊まると行っていた。たしかに今から飛ばせば今治は21時とかにつくからモチベーション上がるよな・・・なんか段々と尾道帰ること無理なような気がしてきた。

そうだオレも今治で宿を取ろう!そうしよう!・・・と眼の前にあるコンビニに飛び込む。すぐにスマホ出して今治の宿をチェックする。なんと5,000円程度で泊まれるじゃないか!・・・しかし。

ルートを見てちょっと愕然。今治駅前ってルートからかなりそれていることが判明。ちょっとあきらめムードになるが、どうしようか決めかねる。

そこへ2つ目のラッキーがあった。ちょうどコンビニにいた方に・・「こんばんはどちらまで?」「尾道です」「ぜひ一緒に行きましょう!」

仮眠所3:アルファーワン尾道:1030km 27日3時30分到着

彼は岡山1200kmが初めてのRMとのこと。まだ20代で・・・ヲイ、ウチの長女と年齢一緒じゃん。なんかお腹の調子が悪そうで、止まり止まり行ったが、ペースはかなり上がるのでオレ的にはちょうどいい感じであった。

それよりも誰か同行してくれることで一番問題となる睡魔が軽減される。本当に助かった。

彼がいなかったら、マジで尾道に帰ることができなかっただろう。本当に感謝しかない。

尾道のホテルは良くて2時悪いと5時・・・そのちょうど真ん中の3時半で決着をした。やれやれである。2日目クリアすればもう大丈夫と高をくくっていたが3日目がこんなにつらいとは予想しなかった。

明日は最終日。22時まで180km弱走れば完走である。必要ないものなどをドロップに捨て、できるだけバイクを軽くした。熱い風呂に入り4時過ぎに瞬殺で寝た。

ところでお世話になったホテルを悪く言うつもりはないが、尾道アルファーワンは自転車を部屋に持ち込めない。自転車置き場はないのはもちろん、ホテル正面に立て掛け駐輪であった。

オレが朝出ていく時点ではこんな感じだが、昨晩はこの壁1面バイクが立てかかっていた。

尾道来たらアルファーワンは絶対に使わないであろう。

Day4ゴール貸宿いぐさ1209km 87時間13分完走

泣いても笑っても最終日。6時半起床で7時半スタート。残り持ち時間14時間半で180km弱である。

スタートして尾道郊外の登りを走っていると、めまいがする・・体も寒く体温上がらない。どうやら昨晩も食べていないし、朝食もパスしているからエネルギー枯渇と思われる。

途中で座り込み、ジェルと水を補給する。10分座っていたらある程度戻った。やっぱり食べないとダメか。吹屋に行く前にもしっかりと補給した。

CH12:吹屋ふるさと村1134km 14時40分

もうすぐゴールデンウィークか。鯉のぼりが垂れ下がっているがウチら自転車乗りには好都合である。しかし、今日も風が吹くと向かい風だなー

しんどくなるとこのようにいい感じのバス停で10分ほど横になる。いろいろなバス停に今回もお世話になった。

今回岡山1200kmの気候はけっこうキビしいものがあったと感じる。とにかく風が冷たい。日中暑い時間帯でも日陰に入ったりダウンヒルしたりするととても体が冷えた。

なのでお腹を冷やさないようにすることはかなり気を使った。朝イチにはいつもホッカイロをとりあえずお腹に入れた。暑くなればウィンドブレーカーと一緒に脱いだ。

やっとこ吹屋に到着。14時半を過ぎている。

とてもいい天気だ。

青い空にベンガラ染が映える。ゴールまで70kmちょいである。

ゴール:貸宿いぐさ1209km

吹屋よりダウンヒル。県道35号線を行く。

羽山渓。なんとナニコレ珍百景に登録されているそうだ。

岩壁をロッククライミングしているんですけど・・・すげーなー。

セルフ休憩。

セルフ休憩。イートインがあると迷わず座る。もちろん消費税は10%だ。

河川沿いから倉敷市に入る。やっと戻ってきたなー

ガーミン先生にもゴールが表示されている。

早島町に入る。

やれやれゴールした。

87時間13分でとりあえず完走。まじ疲れた。

まとめ

ゴール後ホテルへ戻り、同じホテルに居る方々と後夜祭。皆さん本当にお疲れさまでした。AJ岡山の方々、道中ご一緒した方々、本当にありがとうございます。

唯一心残りがあるとすれば初日のルート上289km地点にある「隼駅」に寄れなかったこと。

もし次があればぜひ寄りたい。

↓↓最後に今回の2021年岡山1200km反省会で〆たいと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。まーまーえーじゃん、だめぢやんなど・・ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (29 人の評価, 平均: 4.45 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?