宗谷岬

RM812 オホーツク 1300km 北海道のスタートです。N2BRM方式で行われた今回のRMで、オレは8月6日スタート、8月10日ゴールとして計画を立てた。

紆余曲折はあったが、なんとかスタートに立つことができヘロヘロでゴールに辿り着くことができた。というわけで、そんな顛末をお届けしたい。

あまり参考にはならないかもしれないが、これからスタートする方のシミュレーションにもなればうれしかったりもする。

プロローグ

東京オリンピック真っ最中。

いつものジェットスター。成田空港第3ターミナル。オレのフライトはGK109便札幌行き。

いつものように自転車輪行袋OS500を大型手荷物検査場に預ける。

しかし、今年の夏も暑い。成田も猛暑日レベル。更に聞くところによると札幌もかなり暑いとのことだ。

青森上空を飛行中。津軽半島、下北半島が見える。もうすぐ千歳到着。

OS500をゲット。無事に手元に来た。すぐに袋を開けてエンドが曲がってないかをチェックした。

夕方にはふとみ鉱泉に到着。とんでもなく暑い。

すぐにバイクを組み立てて、チェックをする。問題はない。明日は4時起きの5時スタートとする。初日は幌延まで315kmなので妥当な線だろう。

5時スタートの理由は今回制限時間をフルに使うと4日13時間となる。朝5時スタートなら最終日は18時がカットオフ。

4泊を道内で仮眠所に泊まり最終日は200km弱残る。なのであまり早くスタートすると最後が大変になるので5時スタートとした。

早くスタートをする方は、初日稚内400kmをこなす方が多いのではないだろうか。さらに最終日の余裕がなくなるので、4日でゴールを目指す方も多いのだろう。

Day1(8/6)石狩スタート→幌延・旅館サロベツ315km 20時到着

そんなわけで北海道1300kmスタート。宿を4時半過ぎに出る。

スタート当別太美セブンイレブン5時スタート

セブンイレブン当別太海店のレシートゲット。8月6日5時スタート。オンラインブルベカードのスタートを送信するのを慎重にやったので、けっこう時間がかかった・・・

CH1:吉野公園:65km 7時30分

ところでこの気温は北海道なのか?スタートしてすぐに暑くて汗だくだ。今日も30度を超えてくる予報になっている。この気温は明日も続くとのことだ。まじか。

なので、初日はなんとしても熱中症にやられないことに気をつける必要がある。

CH1「吉野公園」65km 7時30分に到着。65kmを2時間半。入りとしては問題なし。とにかくスタートは慎重に、ノートラブルではいることできれば本当に良い。

CH2:美深峠:136/201km 14時50分

本当に暑い。11時過ぎに幌加内に入る。日本で一番寒いところ。マイナス41.2度を記録しているとのことだ。今30度くらいあるので気温差70度以上ある。やばいな。

初日はコンビニで休むとこのソルティライチが定番となった・・・暑すぎる。

本当に道中のコンビニが出てきたら、とにかく休憩をはさまないとかなり大変だ。

今回もフレームバッグをつけているので、ドリンクボトルは500mlが2本。当然だがこれでは足らないので、前半戦はハンドルポシェットとバックポケットに500mlのペットボトルをさして常時2Lのドリンクを常備していた。

プリンやクーリッシュなどの冷たいものがおいしい。

本当に暑いのでエアコンの効いたところで座ってなにか食べたいと思っていたら・・・道の駅幌加内が出てきた。

この道の駅に併設をされている幌加内せいわ温泉ルオントによる。

幌加内といえば日本一のそばの街。こちらのレストランで「冷やしそば・とろろ800円」をいただく。

これは本当においしかった。とろろが山盛り。そば付け汁はおかわりOK。たぶんそば全部食べてもとろろ残るかもしれないんで、ごはんかそばの実ご飯を追加してとろろご飯も楽しんでみてほしい。

CH2「美深峠」136/201km 14時50分到着。朝5時スタートの200kmを10時間なのでまーまーだろう。本当に暑かったので、すべての上り坂はいつもよりかなりペースをおさえた。

ただやはり信号などがほぼ無いので、全体のペースはあまり落ちないのが助かる。

仮眠所1:幌延・旅館サロベツ:114/315km 20時到着

その後は淡々と宿までの114kmを走り続ける。なんだか暑くてちょっとボーッとしながら、できるだけ疲弊をしないように淡々と走った。

初日の宿である幌延に20時ちょい前に到着。315kmを約15時間なので、良い初日であった。

旅館サロベツは館内がとてもきれいで、大きな風呂が気持ちよかった。しかし、各室エアコンが無いのがイタかった。地元の方に聞くと、こんな酷暑、熱帯夜が続くのは初めてとのこと。明日も暑いが、あさってには空気が入れ替わるから涼しくなると言っていた。マジでそうなってほしい。

それでも窓を開けて扇風機を回せばなんと大丈夫であった。とにかく初日を無事に走り終えたことがとてもホッとしている。

Day2(8/7)紋別セントラルホテル286/601km 20時到着

北海道1300km2日目の朝。スタートは初日同様5時にした。朝4時起床。

昨晩痛恨のミス発覚・・・初日の石狩太美の宿にUSB充電器を忘れる・・・マジか。途中の100均でUSB充電器をなんとか手配。

今ロードバイクはライト類はもちろん、スマホやGPSなど電気・電子機器が多すぎ・・・充電はけっこう死活問題かもしれない。

ただ、初日のあたり感を考えると宿に20時前後に到着をすればヘッドライト、テールライトのバッテリー交換は必要ないかもしれない。

CH3:抜海駅:46/361km 6時43分

サロベツ旅館を5時ちょい前にリスタート。抜海駅に到着。まだ涼しいが・・・この涼しさもあと数時間で終わりだろう。

CH4:稚内恵山泊漁港公園:18/379km 7時31分

ノシャップ岬到着。暑くなってくる・・・

そういえば腹減ってきた。

CH5:宗谷岬:35/414km 10時

稚内市内に入るので、エアコンあるところでゆっくりしたい。しかしまだ8時過ぎなので・・・チェーン店しかやっていない。すき家を発見したので入店!

朝ということもあり、朝食メニューがある。迷わずこの「納豆まぜのっけ朝食」にしたが・・・うまい!味噌汁もバイク乗りには最高。温玉、オクラ、牛小鉢、納豆と4種類の飯おかずで満足だった。

宗谷岬到着。時計を見ると10時。ここまで100kmを5時間。悪くないペースと思う。しかし今日も暑い。

ところでオレは、ここ宗谷岬に3回トライする機会(14日本縦断・16BAJ・16宗谷600)があり、すべてDNS、DNFで未達であった。今回4回目のトライにより自分のロードバイクで初めて宗谷岬に到着をした。本当にうれしかった。

気持ちを切り替え、今日の紋別まで残り180kmを走る。途中チェックポイントはない。

仮眠所2:紋別セントラホテル:187/601km 20時到着

かなりの距離があるので、4、50kmごとに休憩を入れる。本当に暑い。

このソルティライチ初日2日目でコンビニ毎に飲んでいた。

紋別セントラルホテル20時ちょい前に到着。やれやれ。

シングルルームはこんな感じ。バイクはフロント・ロビー前に置かせてもらえる。

まとめ

そんな感じで、21年北海道1300kmはとりあえず滞りなくスタートをして初日2日目をこなした。

とんでもない暑さでどうなることかと思った。とにかくはやる心をおさえて、平均速度20kmあたりを保てればOKという感じで走った。無事に2日目の仮眠所である紋別にたどり着いてかなりホッとした。

3日目は距離短くして弟子屈まで200kmの工程となっている。なので2日目は少しホテルでのんびりできた。オリンピック野球の決勝も見ることができた。

オリンピック野球の金メダルとても感動した!ソフトボールと野球でアベック金メダル!本当におめでとうございます!!

↓↓後半戦に続きます!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。まーまーえーじゃん、だめぢやんなど・・ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (17 人の評価, 平均: 4.47 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?