ロードバイク 海外通販

ロードバイクを海外通販なんかで買って大丈夫なのだろうか?そんな心配を吹っ飛ばすレビューをお届けしたいと思います。

2013年に初めて海外通販でロードバイクを購入して現在まで8台ものロードバイクを海外系で購入をしています。

メインで乗っていたカーボンロードバイクは2013年に購入をしている。さらにいろいろとくたびれてきている。まぁ、カーボンなんて10年位持ちそうな気もするが、なんといっても海外を含める飛行機輪行が少々多い。

今回Cube Agree C:62 ディスク 2017を購入したレポートを合わせてお送りしたいと思う。50万円とかするカーボンフルデュラとか買う予定はない。カーボン+アルテor105で20万円以下のバイクが助かる。

というわけで今回のロードバイク購入も海外通販を使ってみた。

海外通販はいろいろと言われていますが、どんなものなのか?ホントに手元に届くのか?海外通販で購入したロードバイクの流れや手元に届いたところなどをご紹介します。

海外通販って大丈夫?ホントに届くの?

国内ではアマゾンや楽天を始めとするネット通販やネットショッピングがかなり盛んです。またヤフオクやメルカリなどを始めとするネットオークションやフリーマーケット系が、その敷居をどんどんと下げている。

しかし、海外通販となると、少々敷居が高くなる傾向になるが、そもそも海外通販は大丈夫なのだろうか?本当に商品は届くのだろうか?だまされないのだろうか?

そう思っている方多いだろう。

とりあえず、安心してくれと言っておく。2013年に初購入をして、これまで自転車系・ロードバイク関連の海外通販を使ってきたが、いまだかつてトラブルや不着、不達という事態は起こっていない。

ちなみにeBayという・・・ネット通販よりもヤバそうなヤツも使っていたが、そちらも1回もトラブルや到着しなかったというコトは発生していない。(輸送時破損は3回ほどあり)

もちろん、今後トラブルが起こらないという保障にはならないが、今の海外自転車通販は、かなり日本語化も進んでいて、やりとりも日本語で行える。

到着がアマゾンみたいに次の日・・・ということはできないが、1週間ほど待ってもいいくらいその価格には魅力を感じるぞ。

たくさんある海外通販!どのショップを使う?

今まで海外自転車通販で8台ものロードバイク・・自転車(MTB1台含む)を買ってきました。現状4台がウチにあり普通にロングライド、ブルベ、サイクリングで使っています。

CRC4台、Wiggleで3台、サイクリングエクスプレスで1台という内訳です。

以下ウチで使用頻度の高い海外自転車通販ショップの順です。

CRC、Wiggle、サイクリングエクスプレス、ProBikeKitは日本語化されているので、普通の日本語ネットショップのように使えるでしょう。

海外通販と行っても、ロードバイクを購入して手元に届くというところまでは国内の通販とほぼ何も変わらないと行ってもいいでしょう。

ロードバイク海外通販の購入手順

ロードバイクを海外通販で購入するとなると、いきなり敷居が高くなるものだが、国内の自転車通販やアマゾンでロードバイクパーツを購入するのとそんなに変わりはない。

多少大きな荷物が届くということと、受け取る際に税金や関税の支払いが必要になる程度である。

そんなロードバイクの海外通販を順を追ってみていこう。

Cube Agree C:62 ディスクをCRCで購入

Cube Agree C:62 ディスク 2017 購入

GTかCubeで悩んだが、スタイリシュでフレームカラーが非常に気に入った「Cube Agree C:62 ディスク」に決定!

  • Chain Reaction Cycles UK:147,337円(47%割引)
  • フレーム: C:62 Advanced Twin Mould テクノロジーエアロフレーム、フラットマウントディスク、Road Aero ジオメトリ、AXH、X12
  • フォーク: CUBE CSL Evo Aero C:62 テクノロージー、1-1/8インチ~1-1/4インチ (テーパード)、フラットマウント、X12
  • ヘッドセット: FSA I-t、トップ Integrated 1-1/8インチ、ボトム Integrated 1-1/4インチ
  • ステム: Cube Performance Stem Pro、31.8mm
  • ハンドルバー: Cube Wing Race Bar Compact
  • ハンドルバーテープ: Cube Grip Control
  • リアディレイラー: Shimano 105 RD-5800SS、11スピード
  • フロントディレイラー: Shimano 105 FD-5800、直付けタイプ
  • 変速/ブレーキレバー: Shimano ST-RS505
  • ブレーキシステム: Shimano BR-RS505、油圧式ディスクブレーキ、フラットマウント (160/160)
  • クランクセット: Shimano 105 FC-5800、50x34T
  • カセット: Shimano105 CS-5800、11-28T
  • チェーン: Shimano CN-HG600-11
  • ホイールセット: Fulcrum Racing 77 Disc、100x12mm /142x12mm、センターロック
  • タイヤ: Continental Grand Sport Race SL、25-622
  • サドル: Selle Italia X1 ロード
  • シートポスト: Cube Performance Motion Post、27.2mm
  • シートクランプ: Cube Aero、Semi-Integrated
  • 重量: 8.65kg

この内容で15万円切っているのはいいんじゃない?

もしダメでも、あきらめがつくでしょ。ヤフオクでもまぁまぁ値がつきそうだし。

クランク、ディレイラー、カセットは今使っているアルテに換装してもよいな。

サイズチャート

ちなみにオレの購入したフレームサイズは53cm。

サイズチャートで、オレの身長170cmだとフレームサイズ53cmが上限いっぱい。海外輪行とかを考えるとフレームサイズは小さいほうがちょっと有利。なので53cmフレームサイズに決定をした。

Cube Agree C:62 ディスク 2017 購入

送料は15,000円ね。たぶんこれに日本到着時に税金がかかっても20万は超えないはず。

Cube Agree C:62 ディスク 2017 購入

チェックアウト。支払いはペイパルで行う。

Cube Agree C:62 ディスク 2017 購入

注文完了。

というわけで、今後はCube Agree C:62 ディスクも加えて、走ろうと思っています。

Cube Agree C:62の2021年モデルが出ている

Cube Agree C:62 Race Road Bike 2021

出典:ChainReactionCycles

  • Cube Agree C:62 Race Road Bike 2021:¥275,000(CRC)
  • Frame: C:62 Advanced Twin Mold Technology Aero Frame, Flat Mount Disc, Road Aero Endurance Geometry, AXH, 12x142mm
  • Fork: CUBE CSL Evo Aero C:62 Technology, 1 1/8" / 1 1/4" Tapered, Flat Mount, 12x100mm
  • Brakes: Shimano Ultegra BR-R8070, Hydr. Disc Brake, Flat Mount (160/160)
  • Rear Derailleur: Shimano Ultegra RD-R8000-DGS, 11-Speed
  • Front Derailleur: Shimano Ultegra FD-R8000-F
  • Shift/Brake Levers: Shimano Ultegra ST-R8020
  • Crankset: Shimano Ultegra FC-R8000, Hollowtech II, 50x34T, 170mm
  • Cassette: Shimano Ultegra CS-R8000, 11-32T
  • Chain: Shimano CN-HG700-11
  • Wheelset: Newmen Evolution SL R.32
  • Tyres: Conti Grand Sport Race SL, 28-622
  • Handlebar: Newmen Evolution Wing Bar
  • Stem: Newmen Evolution 318.4, 31.8mm
  • Handlebar Tape: CUBE Grip Control
  • Seatpost: Newmen Advanced, Carbon, 27.2mm
  • Seatclamp: CUBE Aero, Semi-Integrated
  • Saddle: Natural Fit Nuance Lite
  • Headset: VP, Top Integrated 1 1/8", Bottom Integrated 1 1/4"
  • Weight: 8.3 kg

Cube Agree C:62の2021年モデルはフルアルテグラ仕様になっていてかなり魅力的。ブレーキもアルテグラの油圧ディスクブレーキで相当ききそう。オレのキューブは105の油圧ディスクだけど、ぜんぜん問題ないもん。

さらに軽量化されている車両重量に標準で28cのタイヤにカセットは32Tがついている。この内容で30万円切っているんだから、かなりいいと思うのだがどうだろう。

海外通販はどのくらいで手元へ届くの?

日本のネット通販くらい簡単に海外の自転車通販も使える。差があるとすれば、商品が手元に到着するまでの時間だろう。

到着

何と言っても海外通販。海外から飛行機に乗ってくるので、今までの最短で4日で到着というのがあるが、やはり1週間は見ておくと良いだろう。

今回のCube Agree C:62 ディスクをCRCで購入は2017年12月8日。うちに到着をしたのが12月18日だった。

発注をしたのが週末だったので10日ほどかかった。もし海外通販で発注をする場合、週末になると発送が週明けになると頭においておこう。

これまで海外通販で買ってきたロードバイクは大体1週間ほどで手元に届いているぞ。

ロードバイク海外通販で税金はかかるの?

ロードバイクの海外通販で税金はきっちりかかります。今回のCube Agree C:62 ディスク到着時にはトータルで「7,980円」かかりました。

というわけでCube Agree C:62 ディスクのトータル購入額は147,337円+送料15,000円+輸入内国内消費税6,900円+立替納税手数料1,080円で170,317円となった。

ロードバイクの組み立ては簡単?

ロードバイクの組み立て

ロードバイクはほぼ9分完成の状態で届けられる。面倒なディレイラーのワイヤー関連は完成されている。購入者が行うことはホイール、ハンドル、シートポストを取り付ける程度。

それよりも面倒なのは梱包材の開梱だ。これが地味に面倒。

大量にゴミが出るが、もしこの自転車ダンボールボックスと梱包材を保管できるような場所があるなら、ぜひ梱包状態の画像を撮影しておき、すべての梱包材を取っておこう。

たとえば、自転車遠征やバイクをオークションなどで売る場合も、箱と梱包材があると非常に便利。

組立自体は輪行ができれば、全く問題なし。1時間もあればバイクの組立は完了するだろう。

Cube Agree C:62の実走レビュー

Cube Agree C:62

Cube Agree C:62は25cタイヤのおかげで、走り出し乗り心地は悪くなかった。サドルはいつもセラアナトミカを使っているので、細身シートは新鮮。

ペダリングがとてもしやすい。だけど200km超えると痛くなるかもしれない。路面の振動はケツにダイレクトに伝わる。

ポジション

ローラー台ですでに600km程度走っているので、すでにポジションは大丈夫と思ったけど、いざ公道へでてみるとブレーキブラケットがちょっと遠い。

まぁ、ローラー台上でブレーキをかけることはないので、はじめてブレーキを握ることになったわけ。

油圧ブレーキのブレーキブラケットなので、レバー位置が少々遠い。ステムを2cmほど短くしたく感じた。

シマノ105コンポーネント

今まで乗っていたバイクはアルテグラ(6800系)だったけど、シマノ105でも全く問題なし。フロントディレイラーも非常にスムーズ。

ペダルは「シマノ(SHIMANO) SPDロードツーリングペダル PD-ES600 」を使う。

ホイール

ホイールセットはフルクラムの Racing 77 Disc、100x12mm /142x12mm、センターロックとなっている。

ペアでカタログ値1,900gの廉価版ホイールなので、まぁ、それなり。

もう一台のバイクはフルクラムレーシングゼロなので、オレ程度でもホイールの重さが分かるぞ。

乗りながらフロントホイールを見ると左側にディスクブレーキのローターが見える。そしてスポークのおチョコも見える。やっぱりローターがあると相当おちょこしている・・・

油圧ディスクブレーキの感触

以前、機械式ディスクブレーキに乗っていって、あんまり効きが良くないことを感じていた。

適当に飛ばして、ブレーキをかけてみたところ、スゴイよく効く。リアブレーキはホントに簡単にロックしそうだ。それもあまり強く握らずにきちんと制動力がある。

これはうれしい!

フロントブレーキも非常によくきく。

なんといっても油圧ディスクのいいところは、ブレーキレバーをガッチリ握らなくても、そこそこブレーキが効くこと。

また、レバー入力も非常にタッチがやさしくて大丈夫。かなり好感触よ。

はやく峠登ってダウンヒルを走ってみたい。この感じであれば、きっちりダウンヒルや雨のダウンヒルですごい効果を発揮しそうな予感だ。

ボトルケージの位置を見てフレームバッグを考える

フレーム

今回、このバイクで初めて外走りを行くということで、ボトルゲージを付けたんだけど・・・シートチューブのボトルゲージの位置がけっこうBBに近いところにある。

重心が低くなることもウレシイがトップチューブとの間にクリアランスがけっこう出来た。コレ・・・フレームバッグ付けられるよね。

フレームバッグとは、こんなヤツ

Blackburn(ブラックバーン) フレームバッグ

出典:アマゾン

実は、以前よりフレームバッグなどを使ってサドルバッグを小さく、もしくは付けない方向を考えていた。

どうしてもでかいサドルバッグ付けていると、ダンシングとかペダリングでけっこうサドル後ろが振られるんですよ。

大きめのフレームバッグとトップチューブバッグで荷物分散させることと、荷物をフレームセンターに持ってくることでバイクの低重心化と集中化が狙えるかな・・・と。

このブラックバーンのフレームバッグはカタログ値で5.8Lある。エクステンドしなければシートチューブのゲージにも輪行袋くらい付けられるだろうか・・・

↓で、実際にはトピークミッドローダーを使うことにした。ミッドローダーの詳細レポートは以下でどうぞ!

まとめ

Cube Agree C:62 ディスク

海外自転車通販でロードバイク購入をした。Cube Agree C:62 ディスクである。

今現在もオレのメインのバイクとして活躍をしている。2019年PBP(パリブレストパリ)もこいつで完走をした。

オレの手元に来て、今まで大きなトラブルもない。海外通販だからといって何が問題になることも現状ではないようだ。

そんなわけで、これだけのカーボン・油圧ディスクブレーキ・シマノ105グレードのロードバイクが、この価格で手に入る。海外通販あロードバイク購入の一つの選択肢としてもいいのではないだろうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。まーまーえーじゃん、だめぢやんなど・・ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (8 人の評価, 平均: 4.63 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?