テールライト キャットアイ「オムニ5」をおススメする3つの理由

PBPをはじめ海外ブルベ、もちろん国内でもテールライトは2つ、できれば3つ以上つけておくことはおススメだ。

なんといっても、テールライトが付いていないと走ることができないし、つくまで走れない。

ということは、いつでもつくテールライトが複数個ついていることが望ましい。

そこで、おススメするテールライトがこのキャットアイ(CAT EYE) セーフティライト オムニ5だ!




定番キャットアイ セーフティライト オムニ5

キャットアイオムニ5

もう、自転車用のテールライトとしては、定番中の定番。

コレを買っておけば、とりあえず問題はないだろう。

2つのアダプターが同梱

キャットアイオムニ5

その内容がすばらしい。

サドルバックに取り付けるためのクリップ、そしてシートステイやシートポストに取り付けるためのアダプターも同梱されている。

シートステイが細い場合のカラーも付属だ!

電源は単4電池が2本

キャットアイオムニ5

電源は単四電池2本。

これで高輝度LED/5個を光らせる。

またボディは全方向が赤色透過になっているので、正面はもちろん、側面も明るいことが特徴だ!

シートステイにはこれで決定!縦横自在に取り付け可能

キャットアイオムニ5

このオムニ5は特にシートステイにテールライトを取り付ける場合、これで決定だ!というくらいおススメ。

シートステイには一番安定をして取り付けができるライトです。

カラーがあるので、かなりがっちり取り付けができます。また複数取り付けることも全く問題ありません。

またこのアダプターは縦でも横でも取り付けることができるので、その自由度は高いでしょう。

テールライトは車体・ヘルメットに2つずつ付ける意味【安心安全】
ブルべに限らず、自転車のライト類はフロントは、かなり気を使うのではないだろうか。 やはり夜間走行を考えるとフロントライトの役割は本当に大き...

まとめ

もしテールライトをどれにしようか迷ったら、迷わずこのオムニ5で決まりでしょう。

しかし、一点注意することがある。それはこのオムニ5には反射板的な性能はないということ。日本国内では前照灯、尾灯の装備義務は現時点で無いようだが、安全ということを考えると別問題。

オムニ5を1つのみ取り付ける場合、もし何らかのトラブルで点灯できないと非常に危険だ。なので、オムニ5単独装着の場合、別に反射機材、ヘルメット尾灯などで補っておこう。

また海外ブルベエントリーの場合、ほぼ間違いなく反射機材が必要になることもおぼえておこう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする