ブルベのエントリーフィーって安すぎないか?

台風接近中の週末、いかがお過ごしですか?こんにちはYasuです。

いつも思うのですが、ブルベのエントリーフィーって安いですよね。

そう、基本的に非営利ということで、このような価格になるかとは思うのですが、あまりに安くて、イベントのエントリーフィーとしてはどうか・・・と、ちょっと思うところもあります。




ブルベの適当・適切なエントリーフィーはどのくらい?

ブルベは非営利、運営ボランティアということだが、オレ的に、やはり長く、そして健全に負担かからずにこれからも行ってほしいと思っている。

それには、あまりスタッフさん、そして経済的に苦しくならないでもらいたい。

たとえば、非営利と言っても赤字になっては大変かと思うし、事実このエントリーフィーだとキビしいところもあるのではないだろうか。

オレはブルベの中の人ではないので、何とも言えないが、普通に考えて・・・

  • ブルベカードの代金
  • 認定料
  • 事前コース作りにかかる費用
  • 各種送料、配送料
  • ブルベ開催に係る費用
  • 車などにかかる費用
  • スタート、ゴールなどにかかる費用
  • お菓子、飲み物などにかかる費用
  • 遠征費用
  • 会場設営関連費用
  • 有人PCスタッフの場合の費用
  • お金のプール・予備費用
  • スポーツエントリーなど外部サービスコスト
  • ウェブサイト運営コスト
  • すべてにかかる人的コスト

1人のライダーがサイクリングをするのにもちょっとした費用がかかる。それがイベントとなれば、相当な費用がかかることは容易に想像がつく。

たくさんの苦労や費用がかかるのに、2,000円もしないエントリーフィーというのは、どう考えても安すぎないか?・・・と、いつも考える。

普通に3,000円くらいのエントリーフィーにしてもいいのではないかと、個人的には思っている。

自転車イベントのエントリーフィー

  • 佐渡ロングライド210km:9,000円
  • 榛名山ヒルクライムin高崎16.1km:6,000円
  • 奄美大島チャレンジサイクリング240km:10,000円

オレがエントリーをしたいくつかの自転車イベントのエントリーフィー。

スポーツイベントのエントリーフィーって、このくらいですよね。だいたい。

距離が長いことによる不安

ブルベは基本、自己責任だけど・・・それに対する距離が長いことがある。

ビギナーが、やはり気軽にエントリーするには、高すぎるハードルと思うんですよね。

気軽にエントリーしてはいけない、自己責任で完結できる能力がないとエントリーはむずかしい・・・というのであれば、仕方ないけど。

ロングライドチャレンジ 1028(千葉200km)

  • http://jkdracingteam.com/archives/50

このイベント、ちょっと色々と問題になっているみたいだけど、(内容は別にして)オレ的にはちょっとアリかな、とも思っている。

というか、5,000円位徴収して巡回車、回収車を出していただけると、けっこうブルベ・ロングライドにトライをしてみたい方は結構いるのではないかと思っている。

各クラブの方々どうでしょう?(ルール的にNGなら仕方ないけど・・)

たとえば600km以上などの仮眠所

600kmなど通常のライダーであれば、どこかに仮眠所が欲しくなるような場合、主催者側で仮眠所を用意していただけるのであれば、しっかりとエントリーフィーに乗せてもらいたい。オレ的に。

それのほうが安心して走ることができる。ドロップバッグ実施していただけるなら、それも本当に助かる。走りに集中できるし、安全度もあがる。

参考まで世界のRMのエントリーフィー

  • 2013LEL(ロンドンエジンバラロンドン):219ポンド
  • 2013SMA(シドニー・メルボルン):575ドル(ジャージ込)
  • 2014PAP(パースアルバニーパース):520ドル
  • 2015PBP:207ユーロ
  • 2016TDT(ツールドタスマニア):510ドル
  • 2016北海道:27,000円
  • 2016岡山:22,863円
  • 2016GSR(Great Southern Randonnée):685ドル
  • 2017TikiTour:603ドル
  • 2017ラストチャンスコロラド:225ドル
  • 2017年SMA(シドニー・メルボルン):800ドル(ジャージ込)

ブルベとはちょっと違うかもしれんが、世界のRMのフィー。オレのエントリーしたヤツ。参考まで。

まとめ

ブルベのエントリーフィーが安いのは、ホント助かる。

しかし、できればエントリーフィーはきっちりと適切な価格にして、適切な運営をしていただければと思っている。今時1,000円台のイベントエントリーフィーなんてないだろ。(縛りがあるならしょうがないが)

ボランティアという名のタダ働き、赤字をスタッフさん達で泣き、少しの金額があればすごい手数や労力が減ることも多々ありそうで・・・オレ的には喜んで適切なエントリーフィーを出したいと思っている。

それはイベントが滞りなく余裕を持って運営でき、さらに予備費をプールできるくらいの感じで。オレ、キャンカークラブ運営側にいるので、クラブ運営の大変さをちょっとは知っているつもりです。

内情よくわからないので憶測で書いていることも申し訳ない。

でも、ホント巡回車とか回収車が出てくれるなら、オレは5,000円位OKです。1,000kmで2つの仮眠所込みなら1万円OKです。

ブルベ・ロングライドを雨でDNSする5つの理由
ブルベやロングライドを雨でDNSする5つの理由を考えてみた。

特に嫁さんとか長女とか一緒に走っていると、巡回車は心強いと感じている。マジで。

よろしくお願いいたします。(誰に?

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする