サドルバッグ揺れ防止:シートバッグスタビライザー/ミノウラSBS250

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザーが発売された。これはかなり便利そうだ。

ブルベ走る時によく使う大型サドルバッグを両方からサポートをして、横揺れを防ぐというもの。とくに大型サドルバッグを取り付けて、ダンシングするとマジで振られる。

これをきらって、山岳コースなどは小型サドルバッグやオルトリーブの小型サドルバッグを使うこともある。

しかし、このシートバッグスタビライザーがあれば、ミドルサイズ、ビッグサイズのサドルバッグも横揺れの心配なく使えるかもしれない。

オルトリーブサドルバッグのおすすめレビューと改造法【ブルベ定番】
ブルベ・ロングライドで定番のサドルバッグといえば、誰もが口を揃えて言う「オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグ Lサイズ」ではないかと思...




ミノウラSBS-250 シートバッグスタビライザースペック

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー

  • 大型サドルバッグの左右への揺れを抑える
  • 取り付けたままでも、縦型輪行袋に収納可能。 ミノウラのSBH-300を改良

以前より販売されているミノウラのSBH-300を大きくしている。さらに特筆するべきことはボトルゲージなどを取り付ける部分が後ろではなく横を向いていることだ。

これにより大型サドルバッグをサポートしながら、サイド2箇所にボトルケージを取り付けることができる。

ミノウラSBS-250 シートバッグスタビライザー:サイズ

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー

サドル取り付け場所より約13cmの部分で14.5cmの幅を確保している。この幅であれば、とんでもない形のサドルバッグでなければ、問題なく取り付けられるだろう。

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー

  • 全長52cm×横19cm×高さ17cm
  • 容量 : 17L
  • 重量 : 400g

ブルベで大人気の「アピデュラ サドルバッグ (レギュラー)」がピッタリとサポートされている。17Lサイズのサドルバッグなので、これであれば10Lサイズのミドルジャンルのサドルバッグでも問題ないだろう。

ボトルゲージ2つが取り付けられる

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー

なんと言っても「ミノウラSBS-250 シートバッグスタビライザー」利点はこのボトルケージを取り付けられることになる。

これでダウンチューブにボトルケージを付ける必要もなくなる。サドルバッグの両側にボトルケージがつけられれば、ここに輪行袋とツールボトルを挿すことができる。

フレーム2つにはドリンクボトルをつけることができ、使い勝手は非常に良くなる。とにかく無理なくロードバイクに4つのボトルケージを取り付け、さらにサドルバッグも共存できる、この シートバッグスタビライザーのとうじょうはウレシイ!

まとめ

フレームバッグを使うと、どうしてもボトルケージの使い勝手が悪くなり、さらにドリンクボトル不足でキャメルバッグを背負う必要が出てくる。

しかし、このシートバッグスタビライザーを使えば海外でも3本のドリンクボトルとツールボトル共存ができる。

2019年ブルベは早速このシートバッグスタビライザーをテストするよ。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする