ブルベ・ロングライドでおすすめフロントバッグ8個

ブルベやロングライドにフロントバッグは使い勝手の良いバッグだ。なんといってもサドルバッグと比べ、信号で停まった時や走行中にアイテムや補給食などを取り出すことができる。

この便利さは使ってみるとよくわかる。フロントバッグによっては容量が5L以上のものもあり、かなりのアイテムが搭載できる。




フロントバッグの積載量

フロントバッグはその使いやすさから、ついつい、色々なものと収納してします。

フロントバッグ

まずは貴重品、補給食、すぐに取り出したいウィンドブレーカーやハンカチ、テイッシュなど。さらにモバイルバッテリーやレインウェア、鍵など・・・フロントバッグは便利です。

フロントバッグ容量

オレの持っているオルトリーブ(Lサイズ)の容量だが、かなりのものが入る。画像のように500mlペットボトルを6本がきっちり入る。

さらにきちんと蓋ができるのもすごい容量ということがわかる。

オルトリーブ製品は基本的に防水なので、レインカバーつけること無く、中のアイテムは雨で濡れることはない。

またワンタッチでアダプターから取り外すことができるので、休憩や食事、トイレなので手軽に持っていけるのもすばらしい。

フロントバッグのメリット

ロードバイクは荷物の積載をする場所がかなり制限される。バッグを取り付けることが前提となっていないので当然だが。

その少ない荷物取り付け場所として、フロントバッグは非常に重宝する。長い距離を走る場合、荷物が目の前にあるということは非常にメリットです。

  • 荷物・アイテム・補給食が目の前にあるので取り出しやすい
  • 貴重品など大切なものを入れるのに最適
  • 地図やメモなどを蓋部に収納して、見ることができる(バッグによる)
  • サドルバッグとの併用で荷物の分散化・重量適切配分

フロントバッグのデメリット

便利なフロントバッグだが、やはりデメリットもけっこうある。

  • 荷物をたくさん持ってしまう
  • フロントに荷物があることによるフロントヘビーによりハンドリングが悪くなる
  • フロントライトとの共存が難しい
  • ストラップ取り付けタイプの場合、ハンドルが握りにくくなる
  • DHバーの取り付けは不可能

ブルベ・ロングライドでおすすめフロントバッグリスト

サドルバッグに比べてフロントバッグの数は少なめ。

取り付け法は昔ながらのストラップで取り付けるタイプ、アダプターで取り付けるタイプなどがある。

アダプターで取り付けるタイプはステム等に取り付け、またハンドルバーとのクリアランスができるためハンドルバーを握ることができる。

またアダプタータイプであれば、バッグの取り外しは非常に簡単になる。

フロントバッグリストは容量順に並べてみた。

トピーク Compact Handlebar Bag 2L

トピーク) Compact Handlebar Bag 2L

  • 1800デニール
  • 厚手クッション材に囲まれたメインコンパートメント
  • ウエストベルト
  • キャリングハンドル
  • レインカバー付属
  • フィクサー8付属
  • 最大荷重 : 5kg
  • L220 x W130 x H180mm
  • 2リットル
  • 470g

ArcEnCiel 自転車 フレームバッグ 全防水 3L

ArcEnCiel 自転車 フレームバッグ 全防水

完全防水のお手軽フロントバッグ。ちょっとしたものや貴重品、スマホ、モバイルバッテリーや補給食入れるのに最適。

  • 素材:撥水性も備えた丈夫なPVC素材を使用し、防水加工で雨の日でも使えます。
  • ロールクロージャーを採用:開口部を折り返してバックルで閉じる構造です。
  • サイズ:長さ:約27CM、幅:約21.5CM、高さ:約9CM
  • 容量:2.5-3L
  • 重量:280g
  • 収納:自転車走行中に、イヤホンやモバイルバッテリー、小銭などの小物を収納可能

モンベル mont-bell フロントバッグ 4.5L

モンベル mont-bell フロントバッグ

ブルベのフロントバッグに使っている方も多いのではないだろうか。定番のモンベルフロントバッグ。絶妙な大きさではあるが、フロントファスナーの開口部が少々小さく、中のアイテムが取り出しにくいのがマイナスポイント。賛否別れるが、サイドファスナーの収納部はいらないと感じる。

  • 留め具の種類: ファスナー
  • 素材:330デニール・ナイロン・リップストップ
  • タテ15cmxヨコ25cmxマチ15cm
  • ポケットの数:2(外側2/内側0)
  • 重量:210g
  • 容量4.5ℓ

トピーク TourGuide Handlebar Bag 5L

トピーク TourGuide Handlebar Bag 5L

  • 1800デ二ール、840デニール ナイロン
  • 厚手クッション材に囲まれたメインコンパートメント
  • マジックテープで着脱できる透明マップケース
  • 反射テープと厚手クッション材付 フロントコンパートメント
  • キャリング ハンドル
  • レインカバー付属
  • フィクサー 8付属
  • 着脱式ショルダーストラップ付属
  • 最大荷重 : 5kg
  • L255 x W180 x H230mm
  • 5リットル
  • 670g

オルトリーブ アルティメイト6 Mサイズ 7L

オルトリーブ アルティメイト6 Mサイズ 7L

  • ツーリングに最適なハンドルバーバッグ
  • マグネット式で強弱スイッチ付きの開閉システム
  • キー付アタッチメント付属。(マップケース別売)
  • サイズ/(内寸)H21×W23.5×D14cm
  • 容量/7L
  • カラー/オレンジ/ブラック
  • 重量/710g

トピーク TourGuide Handlebar Bag DX 7.7L

トピーク TourGuide Handlebar Bag DX 7.7L

  • 1800デ二ール、840デニール ナイロン
  • 厚手クッション材に囲まれたメインコンパートメント
  • マジックテープで着脱できる透明マップケース
  • 反射テープと厚手クッション材付 フロントコンパートメント
  • U型Wファスナ-付上ブタメッシュポケット
  • キャリング ハンドル
  • レインカバー付属
  • フィクサー 8付属
  • 着脱式ショルダーストラップ付属
  • 最大荷重 : 5kg
  • L270 x W215 x H266mm
  • 7.7リットル
  • 1.23kg

オルトリーブ アルティメイト6 Lサイズ 8.5L

オルトリーブ アルティメイト6 F3203 L

  • ツーリングに最適なハンドルバーバッグ
  • マグネット式で強弱スイッチ付きの開閉システム
  • キー付アタッチメント付属。(マップケース別売)
  • サイズ/(内寸)H21×W23.5×D17cm
  • 容量/8.5L
  • 重量/730g

オーストリッチ F-516 フロントバッグ ブラック 8.9L

オーストリッチ F-516 フロントバッグ ブラック

  • 重量:(約)310g
  • 製品サイズ:(約)240×200×220mm
  • 容量8.9ℓ
  • オーストリッチのキャリア(フックキャリアC型R&M(別売))に対応


まとめ

フロントバッグはロングライドやブルベ、長距離の自転車には非常に使いやすいバッグと思う。

ロングライドは、けっこう体に負担もかかる。補給食の取り出しはもちろん、思考力低下を考えるとアイテムや荷物が手元にあるのは、かなりよい。

しかし、オレの場合、現在はフロントバッグを使っていない。DHバーとの併用ができないから。フロントバッグとDHバーでDHバーを取ってしまった。

もしあなたがフロント部に何も下げていなのなら、ぜひ一番小さいフロントバッグを試してみてはどうでしょう。その利便性で手放せなくなりますよ!

ブルベ・ロングライドおすすめ11本の大型サドルバッグ
ブルベやロングライドでは、通常のサイクリングや河原のサイクリングコースへ行く練習と違い、少々荷物が多い。 もちろん一部の超速いライダーや荷...

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...

 

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする